アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

伊東屋 イートンペンシル


【ITO-YA/伊東屋】イートンペンシル(マットレッド)

【ITO-YA/伊東屋】イートンペンシル(マットホワイト)
【ITO-YA/伊東屋】イートンペンシル(マットグレー)
【ITO-YA/伊東屋】イートンペンシル(マットブラック)

【ITO-YA/伊東屋】ROMEO ペンシル No.3


ブンドキ.com Yahoo!店

 一文具店の独自企画商品ながら広く知られ、現在は木軸シャープWSPとともにヘルベチカシリーズに組みいれられた消しゴム付き鉛筆。軸色4色、つや消し塗装。1985年発売、同年グッドデザイン選定品。日本製。
共に画像に写っているロメオNo.3鉛筆は木鞘を黒染めして近年発売された同型。三本の六角軸はこれらの元型と思われるキャメル鉛筆CA-P4。

φ7.6mm×183.5丸軸、芯径2.2mm、約4.5g
芯硬度HBのみ。
以前は金字でITO-YAと瀟洒に銘が入っていたが、2016年ころから黒字でHelveticaと銘打たれ、それ以外には芯硬度さえ記されていない。

*1行め(上段)は書いて消す行為を1回、5行めはそれを5回繰り返した。

 一見塗装に見える尾軸は消字力良好な(おそらく非塩ビ)消しゴム。金具を介さず直に付けられ、丸軸がその簡素な外見をさらに引き立たせている。設計が伊東屋なのか製造元(たぶん)のキャメル鉛筆なのかわからないが、本品を有名にしているであろう優れたデザインだ。
 この直付けされた消しゴムが、補助軸へ抜挿した際に外れるか試すと、分度器キャップでは適切に保持されてぐらつきもせず抜挿できた。あれは日本製に適している。
一方、ファーバーカステル9000及びUFOパーフェクトペンシルでは消しゴムが外れないものの軸木が傷つくくらいキツい。あれは舶来鉛筆に適している。


 木鞘は削りやすく良質。
 芯はキャメル鉛筆CA-P4よりやわらかく色が濃い。ロメオNo.3鉛筆もイートンと同じ芯のようである。
芯径2.2mmはKUMオートマティックAS2MM+R207で芯を剥き出すに適し、マークシート試験にも適しているが、丸軸のため机上で転がりやすく、キャメルCA-P4より書き減りやすい。
画像はソニック ラチェッタカプセルSK-878(二段階調節のうち短い状態)
クツワ ケズール(五段階調節のうち最も短い状態)
KUM AS2M
M+R 207
で削った芯先。

イトーヤ ヘルベチカ:Amazon.co.jp検索
  1. 2016/11/15(火) 06:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メビウス&ルパート Nr.0203 二穴式鉛筆削り


M+R Mobius+Ruppert メタル2穴シャープナー

M+R Mobius+Ruppert 真鍮2穴シャープナー

M+R/Mobius+Ruppert Double brass Sharpener Round/丸型2穴シャープナー

DUX/ダックス シャープナー用替え刃・12N

KOH-I-NOOR/コヒノール 太軸六角色鉛筆 / JUMBO NATUR(12色入り)
ブンドキ.com Yahoo!店

 メビウス&ルパート略称M+Rのマグネシウム合金製二穴式。
 ドイツでは新自由主義が下火にでもなっているのか、同社は旧産業かつ家族経営される従業員数75人の中小企業でありながら意欲的なことに、2016年に新製品ポルックス0601、カストール0610、ミノフィクス0614を発表した。
今回は残念ながらそれらではないが、挿入口の配置が特徴的な、鉛筆をやや鋭角に削る製品である。発売年不詳、ドイツ製。替刃はDUX 12Nが適合。
φ8.3mm
切削角度22°~23°、とんがり係数0.9~0.85、削りくず厚0.2mm~0.25mm
設計上は22°のようだ。
鉛筆直径は通例φ7.5~φ7.9だからφ8.3というのは少し広く、三角軸を削れる。またカランダッシュ グラフウッド775をギリギリ削れる。
φ11.2mm
切削角度29°、とんがり係数0.66、削りくず厚0.2
太軸用としては鋭角。
リラ グルーヴ及びカラージャイアント、F - C #9000ジャンボ、K-I-N 1820及びJUMBO NATURやMAGIC色鉛筆等を削れる。K-I-Nトリオグラフ1830 φ12mmは削れない。

 鉛筆を削る際に①方向へ傾けて(刃に沿わせて)削るか、②方向へ傾けて(刃に相対するように)削るかで、切削角度や芯先の仕上がりが変わる。軸径が細い舶来鉛筆はその変化も大きい。②では芯先が尖りきらず、ねじれて仕上がる。
 同社の他の二穴式と比較。細軸(標準的軸径)用はどれもだいたい22°。

 その特徴的な刃の配置から、DUX9249に組みこまれている鉛筆削りと同一かと思ったら少し違う。幅が狭いのが今回のM+R203。切削角度も異なる。

各鉛筆、上がM+R203で削った芯先で概ね22°、下がDX9249本体で削ってだいたい23°。太軸は画像の通り。

 DX9249鉛筆削り本体を蓋から外して使うと、太軸を削っても芯先がねじれることなく尖り、またK-I-Nトリオグラフ1830をギリギリ削れるようになって、カランダッシュ グラフウッド775も削れるようになった。DX9559でも同様。ちょっとDX9249記事を加筆修正してこよう。
 さて、M+R203でグラフウッド軸径φ8.2~φ8.3を削ると、六角軸の稜線がわずかに削り残される(緑矢印)。それでも削り続けることはできる。
  1. 2016/10/17(月) 06:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クオバディス イタルノート2017


2016年11月14日~2017年12月31日、13ヶ月、見開き一週間、土日均等、9時~20時、3.7mm罫
アノプランニング(年間カレンダー)2017/2018、2018年1月のみ月間ブロックあり
折丁5冊、158ページ、しおり紐なし、オートマチック開閉
90mm×176、10mm厚、約125g(カバー、別冊ノート込み)
85mm×167.5、8.5mm厚、約81g(リフィルのみ)
別冊ノート32ページ約5mm横罫、切り取りミシン目いり
2016年9月5日発売、フランス製。

・象牙色の紙はPEFC認証紙。トリップやエグゼクティブと同じく万年筆に適した紙だ。
・糸かがり綴じのようだが、新品のうえページ幅が狭く、開きが堅い。ページを開いたままにしておけない。バイプランニングのように横に置いて書く形式のほうが扱いやすいかもしれない。
・ヴァーティカルでレフト式という珍しい形式。一日が二列に別れている。
・連続した時間軸によって一日の予定を見渡せるヴァーティカルの長所が、二列に区切られて途切れる。代わりに右ページに広いメモ欄26行と日曜日欄がある。このメモ欄は方眼がいい。
・2018年1月を除き月間ブロックなし、月間カレンダーは各ページ下端にあるのみ。月締めで生活する者には向かないだろう。
・ビニールカバーが相変わらず臭う。この臭いが消えるには半年ほどかかる。同社バイプランニングと同判だから、私の場合はリフィル(中身のみカバーなし)を買ってバイプランニング用カバーを流用しても良かったかもしれない。

 判型90×176は長4封筒90×205やコクヨ測量野帳94×166と同じくらいで背広の内ポケットに収まる。長辺はロットリング アートペン178mm長とほぼ同じ長さ。
シャツの胸ポケットには入りきらず、上衣を脱ぐ夏のためにシャツポケットに入る手帳を求めていたが、鞄へ入れてもよいかと妥協した。 [クオバディス イタルノート2017]の続きを読む
  1. 2016/09/24(土) 06:00:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ロンド工房 ブラウニー手帳 第二回

製本テープとリボンでしおり紐を新設した。
・三菱シグノ307(替芯UMR-85E)は裏抜けすることがある。同ビジョンエリートUB-200は裏抜けする。同ユニボールエアUBA-201は確実に裏抜けする。
・パイロット ブルーブラックが裏抜けしない。2017年版から更に万年筆に適した紙になったそうだが、2016年版でも問題を感じない。
・戸外での筆記時、左に余白を設けた版組のため右利きには少々不便。日本は欧米より左利きに厳しい国というが、手帳はそうでもない。90°回してヨコにするとそれが緩和される。
・しかし戸外へ携帯することがほとんど無く、机上筆記ばかりだったため不便を感じることがなかった。そして机上ではヨコにして書くことがほとんどなかったため、その特性を活かすこともまたなかった。
・ヨコにすると日付が縦に並んで見渡せる。案外見やすい。代わりに時間軸が午前午後に区切られて途切れる。これは一長一短ある。
 使い方は公式HPを参照してもらったほうがいいかもしれない。そちらを見るともっとうまく書ける気がしてくる。→使い方部 | ブラウニー手帳公式

 来年は他製品を用意するが、それはブラウニー手帳が気にいらなかったからではなく、翻訳ノートと同じく一種に絞ることはないと思い至ったからである。

関連記事
ブラウニー手帳 第一回
  1. 2016/09/12(月) 06:00:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼブラ クルティアP-U5C7


ゼブラ/クルティア 本体 5mm*6m 青/P-U5C7-BL

ゼブラ/クルティア専用つめ替えテープ 5mm*6m /P-RU5C7

ポイント2倍 ゼブラ クルティア 修正テープ 黒 1個入 P-U5C7-BK (メール便発送)全国一律送料160円

ポイント2倍 ゼブラ クルティア用つめ替テープ P-RU5C7 1個入 (メール便発送)全国一律送料160円
ココデカウ - Yahoo!ショッピングオールメール - Yahoo!ショッピング

 ケスティアが廃番になって残念に思っていたら、こんなのが登場した。2015年9月発売、韓国製。
詰替式、プーリ伝動、5mm×6m。
新品時、表面がすべすべしている。
・転写開始位置決め:良好
・転写ヘッド強度:良好、転写ヘッドが多少しなり自由回転するがブレない
・テープのたるみ:たるみ取りナシ、半分も使っていないからまだわからんが、たるんだことがない
本品に限らず、最も有効なたるみ解消法は使い続けることで、転写角度を立てて転写すれば、たるんだテープが自然と巻き取られてゆく。
 テープ回転が軽く、転写も軽くできる。しかし転写圧が軽すぎると(800g以下)筆圧で凹んだ箇所に転写されないことがある。転写角度を低くした場合も転写圧が低くなるため、やはり転写不良が発生しやすくなる。
ぺんてるフレンチポップでも同じ現象が起きたことがある。

 構えやすく紙面に圧しつけやすくブレず、筆入れにも収められ、扱いやすい。
 円筒形は前後を間違えなければどう握っても転写ヘッドが紙面を向く。左右対象だから左右両用だ。転写ヘッドがあらぬ方を向いていてもくるくる回って紙面に追随する。ときどき裏側になるのが難点。
転がりやすい円筒の難点は、直立できることで解決している。
 約135°回せば、底部(不透明部品)が筒部(透明部品)外側の溝に沿って上下動し、転写ヘッドを収納する。勝手に引っこむことはない。

◆詰替テープP-RU5C7
転写ヘッドを収納してから、底部(不透明部品)を下へ引っ張ると詰替テープごと外れる。
そこから詰替テープを引っ張ってテープ交換。
組立時、底部側面の矢印と筒部の溝を合わせて嵌めこむ。矢印裏側には溝と噛み合う凸部がある。

・再筆記性:良好、極細ペン先でも一応は書ける
ス)同社スラリEK-0.3mm
サ)同社サラサクリップ0.3mm
グ)ohtoグラフィックライナー0.05mm
J)パイロット ジュース0.38mm
ハ)ぺんてるハイブリッドテクニカ0.35mm
ジ)三菱ジェットストリーム0.38mm
シ)三菱シグノRT1 0.28mm

・ジェットストリーム耐性:赤と緑、スラリ緑がわずかに滲む
ジ)三菱ジェットストリームSXR-80
ア)パイロット アクロボールBVRF-8
ビ)ぺんてるビクーニャBXS-7
ス)ゼブラ スラリEK-0.7
リ)トンボ リポータースマートBR-CL
ゼブラ クルティア:Amazon.co.jp検索
  1. 2016/08/16(火) 06:00:00|
  2. 万年筆Fountain pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ