アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北星鉛筆 #9500

ブンドキにHとFはない。

【北星鉛筆】事務筆記用鉛筆 #9500(硬度:HB)

【北星鉛筆】事務筆記用鉛筆 #9500(硬度:B)
【北星鉛筆】事務筆記用鉛筆 #9500(硬度:2B)
ブンドキ.com Yahoo!店

 2021年から2025年にかけて大学入試が変わる。高大接続システム改革会議が紙とマークシートを残すと決定したが、電子化は覆ることのない時代の流れであるから、やがて訪れる変化を拒めないだろう。
よってマークシートに適していそうな鉛筆を売りこむなら今しかない、というわけで鉛筆を紹介する。今回はHとF、摩耗が少なく、売れ残っている芯硬度である。

 木軸2mmシャーペン、大人の鉛筆で知られる同社の事務用鉛筆。発売年不詳、日本製。

φ7.7mm×175六角軸、両切り、芯径2.05mm/H、2.1mm/F、2.2mm/HB、約4g
芯硬度:4H~4B (F含む)
1ダース480円@40円税別

銘は二面にあり、表銘金字
Super Drawing ”KITA-BOSHI” [北星ロゴ] 9500 [芯硬度、白抜き囲み文字] [JISマーク、1998年3月まで]
裏銘銀字、ロット番号
FOR RETOUCHING & SPECIAL DRAWING *[芯硬度]*

 マークシート試験ですばやくマーキングするため太芯を薦めてきたが、今回は摩耗が少ない硬芯を薦めよう。摩耗が少なければ削り直す回数も減り、太芯と同じく時短できる。ここで薦めるのは日本のHとF。舶来鉛筆のそれらは色が淡くてOMRに反応しないことがある。
 日本の軟らかいHBは、書き味が良く色が濃くても書き減りやすく、細かい計算をし続けたり、(導入が予定される)記述式試験で文を推敲・斧鉞すれば芯先が丸まってしまう。シャーペンに馴らされた受験生にとってそれは忘れてしまった鉛筆使用上の注意だろう。
芯先が丸まったらマーキングに使って、削っておいた予備鉛筆を新たに出して交替させるローテーションを組めばいいのだが、ここではHかFで交替までの時間を延ばして、いや予備を予備のまま脇に置いて交替させることなく解答に集中することを目論む。
ちょっと何を言っているのかわからないと思うが、従来、マークを塗りやすい方法として芯先を尖らせないことを勧めてきた。だから太芯を薦めてきたし、標準的な芯径であれば芯のみを露出させる鉛筆削りや芯先を尖らせない鉛筆削りを併せて紹介してきた。
対して理数系問題では筆算が必須となり、それには別途尖らせた鉛筆かシャーペンを要し、尖った筆算用と鈍ったマーキング用二本を使い分けることを勧めた。
それを硬芯にすれば使い分けずに一本で解答してしまえるのではないか、という目論見である。その成功を保証しないが、しかし失敗も保証しない。
 いっぽう難点は、書き味が堅くて手が疲れ、芯先が尖っていると硬いために紙面を凹ませて筆跡が消えにくくなることだ。逆に鈍っていれば紙面が凹まず、跡も残りにくい。だから鉛筆を削り直す際には半端に削るか、尖らせずに削れる鉛筆削りを使う。


ソニック かるスピンSK837 (五段階調節、鈍1.1mm→0.9→0.7→0.5→0.3尖、数字はおおよその芯先径、以下同、切削角度25°)、
クツワ ケズールRS007 (五段階調節、鈍1.8→1.5→1.2→0.5→0.3尖、∠23°)
ナカバヤシ楽らっち6 DPS-T201 (六段階調節、鈍1.4→1.2→0.9→0.7→0.5→0.3尖、∠22°~23°)
新品鉛筆を尖らせずに削ると芯先が平らに仕上がるから、模試等で使って丸めておく。

 この鉛筆は軸径も芯径も標準的だから、木鞘のみを削って芯を剥き出す鉛筆削りで削れる。
一日めの文系問題では芯を露出させるだけで尖らせないア)。
それで解答すれば芯が減ってイ)になり、それを削れば尖りすぎずマークも塗れる芯先ウ)になるはずだ。
細い線でマーキングすると読取エラーを起こしやすくなるから、尖端に丸まった部分が残るくらいがいい。
M+R207KUMオートマティックロングポイントAS2M、同マスターピースで芯を露出させる削り方ができる。


左から
カランダッシュ グラフウッド775芯径2.5mm、本品φ2.05~2.2mm
2017年12月はこれら二本を芯径が太い順に紹介する。

OMR(光学式マーク読取装置)に反応するかナンバーズ4で試し、いずれも赤外光を吸収した。センター試験での再現性を保証しないが気に病むことはない。

 センター試験出題数は二日間で70強、マーク数は770コ程度と思われる。解答数を数えなおして前回2016年12月より増えた。
マークはおよそ長径4mm短径2.5mmの楕円。面積は約7.9mm2、これをφ0.7mm (筆記線幅約0.36mm)で塗りつぶせば22mm弱の線を、φ0.9mm (筆記線幅約0.46mm)で塗りつぶせばおよそ17mmの線を引いたことになる。770コぶんならそれぞれ16,799mm、13,147mmの線を引くことになる。
次に、鉛筆の芯先を鈍らせる。ここでは先端が約φ0.7mmになるまで鈍らせた。また北星9500は芯先調節機能つき鉛筆削り、楽らっち6で削って約φ0.7mmにした。
次に、マークシート答案用紙はロト6用紙と同じ紙質に思われ、その用紙に16,799mmぶんの線を引く。今回は定規を使った。

そうして減った芯の長さを見れば、試験中に鉛筆を削る回数をおおよそ推定できる。
・カランダッシュ グラフウッドHBは約19°、長さが約1.2mm減って芯先がφ1.1になった。マーキング専用なら削り直さなくていいだろう。
・北星9500/HとFはともに約22°、ともに約0.8mm減って約φ1mmになった。マーキングと筆算を兼用できるかもしれない。
・比較の北星9500/HBも約22°、約1.8mm減って約φ1.4mmになった。マーキング専用ならむしろこれがよいが、筆算を兼用するなら削り直す必要がある。

いつも通り機械的な実験ではないから、筆圧によって結果が多少変わる。

参考リンク
→受験生のためのマークシートQ&A|教育ソフトウェア
→@nifty:デイリーポータルZ:マークシートは本当にボールペンを読まないのか?
→受験案内(PDF形式)| 大学入試センター [北星鉛筆 #9500]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/12/24(日) 21:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カランダッシュ グラフウッド775


文具通販 ブンドキ.com Yahoo!店 - CARAN D'ACHE/カランダッシュ GRAFWOOD/グラフウッド鉛筆(硬度:HB)

文具通販 ブンドキ.com Yahoo!店 - CARAN D'ACHE/カランダッシュ GRAFWOOD/グラフウッド鉛筆(硬度:B)
文具通販 ブンドキ.com Yahoo!店 - CARAN D'ACHE/カランダッシュ GRAFWOOD/グラフウッド鉛筆(硬度:2B)
文具通販 ブンドキ.com Yahoo!店 - CARAN D'ACHE/カランダッシュ GRAFWOOD/グラフウッド鉛筆(硬度:3B)


カランダッシュ グラフウッド:Amazon.co.jp検索

1MORE - カランダッシュ グラファイトライン グラフウッドメタルボックス 鉛筆 6本セット/775-306取寄商品 ネコポス可|Yahoo!ショッピング

 2021年から2025年にかけて大学入試が変わる。高大接続システム改革会議が紙とマークシートを残すと決定したが、電子化は覆ることのない時代の流れであるから、やがて訪れる変化を拒めないだろう。
よってマークシートに適していそうな鉛筆を売りこむなら今しかない、というわけで鉛筆を紹介する。今回は少々太い六角軸である。

 同社テクノグラフ777鉛筆を太軸化した画用鉛筆。芯質も同質であるという。芯径が元型777とほぼ同じだったが、2010年代に777の芯径が細くなったため太軸太芯鉛筆となった。2001年?発売、スイス製。

φ8.3mm×175六角軸、芯径φ2.5mm/HB、約4.5g
芯硬度:4H~9B (F含む) 15硬度
1本360円税別、一箱3本入り、缶入り6本組、2160円税別、筒缶入り全硬度15本組775-315、5400円税別
先付け鉛筆(約20°)、封蝋あり
銘は二面、表銘銀字
GRAFWOOD [CARAN d'ACHEロゴ]・SWISS MADE 775 [芯硬度]
裏銘、黒のバーコードと無色ロット番号

 マークシート試験ですばやくマーキングするには太芯が有利。芯先が丸まっても芯が露出し続けるうえ、接紙面積が増えるから塗る回数も読取エラーも減る。マーキング専用にすれば、二日間使っても芯が1mmも減らないと考えられるため、芯を折らないかぎり削り直す必要もない。
この芯は日本製より硬く書き減りにくいから、尖らせて記述式試験に用いても時短になる。
 木軸は従来品より0.5mm程度太く、そのぶん握りやすい。さらに太軸を求めるならステッドラー ノリスクラブジャンボ119 軸径φ10mm、もっと太軸ならファーバーカステル9000ジャンボφ10.3mmKoh-I-Noor 1820 φ11mmがある。
難点はこの軸径に合う鉛筆削りが少ないことだが、本品は先付け鉛筆(芯先を削って出荷される鉛筆、欧州では一般的)だから削る必要さえなく書き始められる。適合鉛筆削りについては後述

 どんな消しゴムを使うかはお好きにしたらよいが、ここではプラスWエアインフォームイレーザーピュアスリムなど細い、またはトンボ モノスマートSEEDレーダーラインなど薄い消しゴムを薦めよう。それらはマーク1コを消す際にも役立つ。

左から
本品芯径2.5mm、北星鉛筆#9500 φ2.05~2.2mm
2017年12月はこれら二本を芯径が太い順に紹介する。

OMR (光学式マーク読取装置)に反応するかナンバーズ4で試し、いずれも赤外光を吸収した。センター試験での再現性を保証しないが気に病むことはない。
※2017年12月27日追記:センター試験出題数は二日間で70強、マーク数は770コ程度と思われる。解答数を数えなおして前回2016年12月より増え、鉛筆削りを売りこむ甲斐ができた。
マークはおよそ長径4mm短径2.5mmの楕円。面積は約7.9mm2、これをφ0.7mm (筆記線幅約0.36mm)で塗りつぶせば22mm弱の線を、φ0.9mm (筆記線幅約0.46mm)で塗りつぶせばおよそ17mmの線を引いたことになる。770コぶんならそれぞれ16,799mm、13,147mmの線を引くことになる。
次に、鉛筆の芯先を鈍らせる。ここでは先端が約φ0.7mmになるまで鈍らせた。また北星9500は芯先調節機能つき鉛筆削り、ナカバヤシ楽らっち6で削って約φ0.7mmにした。
次に、マークシート答案用紙はロト6用紙と同じ紙質に思われ、その用紙に16,799mmぶんの線を引く。今回は定規を使った。

そうして減った芯の長さを見れば、試験中に鉛筆を削る回数をおおよそ推定できる。
・カランダッシュ グラフウッドHBは約19°、長さが約1.2mm減って芯先が約φ1.1mmになった。マーキング専用なら削り直さなくていいだろう。
・北星9500/HとFはともに約22°、ともに約0.8mm減って約φ1mmになった。マーキングと筆算を兼用できるかもしれない。
・比較の北星9500/HBも約22°、約1.8mm減って約φ1.4mmになった。マーキング専用ならむしろこれがよいが、筆算を兼用するなら削り直す必要がある。

いつも通り機械的な実験ではないから、筆圧によって結果が多少変わる。
参考リンク
→受験生のためのマークシートQ&A|教育ソフトウェア
→@nifty:デイリーポータルZ:マークシートは本当にボールペンを読まないのか?
→受験案内(PDF形式)| 大学入試センター [カランダッシュ グラフウッド775]の続きを読む
  1. 2017/12/12(火) 21:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャメル鉛筆製作所 No.CA-P4


 2025年までに大学入試が選択式から記述式中心へ変わり、しかも紙を廃止する気配すらあることから、マークシートに適していそうな鉛筆を売りこむなら今しかない、というわけで鉛筆を紹介する。今回は消しゴム付鉛筆である。

 金具を介さず消しゴムを尾端に直付けし、イトーヤ イートンペンシルやクラフトデザインテクノロジー鉛筆の元型となったであろう鉛筆。1985年発売? 日本製。
この記事画像に写る六角軸は(特記あるを除き)キャメルCA-P4、丸軸はイートンである。

φ7.7mm×184六角軸、芯径2.2mm、約4.5g、芯硬度HBのみ。
60円税別、ダース売りなし
銘は一面のみ、白字。
60 MADE IN JAPAN Highest Quality CAMEL HB

 芯径2.2mmはソニック かるスピン及びラチェッタ(芯先調節機能つき)並びにラチェッタカプセルやクツワ ケズール(画像は五段階調節のうち最も短く削った芯先)等で削っても芯先が露出する。
なぜに芯先を尖らせないのかといえば、接紙面積を増してマークを塗りやすくするためであり、尖った芯先でマーキングすると手間がかかるうえ読取エラーを招くからである。
 芯先を露出させる方法もある。KUMオートマティックロングポイントAS2MM+R207で木鞘だけを削って芯を露出させる方法もある。M+R207の場合、標準的なφ2mm芯HBでは芯の周囲に木鞘が残ることがあり、このφ2.2mm芯ならうまく削り出される。
 マークシート試験程度なら芯先露出が2~3mmで十分
そして、鉛筆一本でも解答できる文系問題に対し、理数系問題は筆算用とマーキング用を使いわけるのが望ましい。だから、芯先を尖らせた鉛筆と尖らせていない鉛筆を用意することに益があり、前掲した鉛筆削りはいずれも芯先を尖らせることもできる。

 一本の鉛筆の一端を尖らせ、もう一端を鈍らせて使う方法もある。それにも芯先調節できる鉛筆削りが適している。
両頭鉛筆でもないのに両端を削るのは不作法なことであり、また消しゴム付には不適当だから、ここでは鉛筆を使い分けることを勧めている。
*1行め(上段)は書いて消す行為を1回、5行めはそれを5回繰り返した。

 どんな消しゴムを使うかはお好きにしたらよいし、軸尾の消しゴムでも役立つが、ここではプラスWエアインフォームイレーザーピュアスリムなど細い、またはトンボ モノスマートSEEDレーダーラインなど薄い消しゴムを薦めよう。それらはマーク1コを消す際にも役立つ。

 鉛筆は左からファーバーカステル9000ジャンボ/HB φ5.3mmスタビロ イグザム288/HB φ2.2mm、本品/HB φ2.2mm
2016年12月はこれら三本を芯径が太い順に紹介する。
 OMR(光学式マーク読取装置)に反応するかナンバーズ3で試し、いずれも赤外光を吸収した。センター試験での再現性を保証しないが気に病むことはない。
各鉛筆でマークを9ヶ所塗り、うち6ヶ所をそれぞれの消しゴムで消しても、読取エラーが起きなかった。
消しゴムは左からF - C 587122スタビロ1191、消しゴム付鉛筆キャメルCA-P4はその消しゴムで消した。

 センター試験出題数は二日間で三百強と思われる。マークはおよそ長径4mm短径2.5mmの楕円。これを長径方向に320コ並べれば1280mm。楕円を三本の線でマーキングすると仮定すれば、線を3840mm引くことになる。
次に、鉛筆の芯先を鈍らせる。ここでは先端が約1.5mm径になるまで鈍らせた。
次に、マークシート答案用紙はロト6用紙と同じ紙質に思われ、その用紙には4mm×1mmマークが計243コある。
であるから、その紙にマーク1コあたり約4回、計960回マーキングすれば、おおよそ線を3840mm書いたことになり、そこで芯がどれくらい減ったかを見れば、試験中に鉛筆を削る回数を推定できる。
 さて実行すると、960回書いても(定規不使用)、芯が0.3~0.4mm程度短くなったくらい。二日間でもマーキング用鉛筆を削り直す必要がなさそうであるから、鉛筆削りも紹介する立場としては困ったことである。
 芯先の切削角度は、F - C 9000ジャンボが出荷時状態約26°、スタビロ イグザムグレード288はKUM AS2Mで削って約18°、本品はスタビロ鉛筆削り4518で削って約22°。左画像に写るのは比較のための1.4mmシャーペン
 いつも通り機械的な試験ではなく、また私の筆圧は低く80gあるかどうかだ。

参考リンク
→受験生のためのマークシートQ&A|教育ソフトウェア
→@nifty:デイリーポータルZ:マークシートは本当にボールペンを読まないのか?
→受験案内(PDF形式)| 大学入試センター [キャメル鉛筆製作所 No.CA-P4]の続きを読む
  1. 2016/12/24(土) 06:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタビロ イグザムグレード4518鉛筆削り


Stabilo シャープナー4518 | edcオンラインストア


【STABILO/スタビロ】Exam Grade Sharpener
ブンドキ.com Yahoo!店


スタビロ イグザムグレード:Yahoo!ショッピング検索

 今回は同題ブログnano版イグザムグレード4518の焼き直し。
2008年ころ発売、マレーシア製?
口径8.2mm、切削角度約22°、とんがり係数0.84、削りくず厚0.2~0.3mm
防錆処理刃であるという。替刃は無いようだ。

 切削角度がやや鋭角なため、芯先の円錐高が20mmあって、芯露出が増えるぶん長く書き続けられるのが長所。
挿入角度をちょっと変えると芯先の仕上がりが変わり、2方向へ傾けると芯先が砕けやすくなるため注意。代わりに芯先を尖らせずに削れる。

 隠れた短所が三点ある。
・鉛筆削り本体と削りくず容器との隙間がやや狭いため、五~七回程度削ると削りくずが詰まる。三菱DPS101PLTとカールくるくるカールくんより狭い。
・芯先調節機能がなく、削ると芯先が尖ってしまう。同社同シリーズ鉛筆288記事で述べたように、マークシートには鈍った芯先が適するから途中で削ることを止める。
・そして、小型鉛筆削りながらその最大厚がF - C 角型582800や魚型183520より厚く通販に不利。つまりアフィブログに不利である。

 いずれの短所も機能の周辺にあるから、気 にしなければしなくても鉛筆を削れる。
大きさ比較
*挿入口に蓋なし
1) 9000番角型582800, 21mm厚(最大厚22.4)×33.3mm幅×71mm長 約24gと角型ミニ182702, 20.8(最大22)×25×53.5 約12.5g
2)魚型183520/183525, 24×43×81 約27gと*丸型ミニ183502, 20×33×56.2 約9g
3)*トンボippo! KSA-121 21.4×30.9×43 約11g
4)*KUMオートマティックAS2M 27.5×34.8×67 約25g
5)KUM 4 in 1, 34.8×45.25×61.3 約28g
6)リラ グルーヴ用二穴式7311250, 38.5×39×52 約25g
7)*M+R 207 21.8×21.7×25 約10g
8) F - Cトリオボックス183800 46×46.4×66 約32.5g
9)ステッドラー512 001 φ42×58 約43g
10)スタビロ4518, 24.5(最大厚25.5)×26.6×45 約8.5g
11)カール くるくるカールくんCPS-80, 19×54.5×56 約17g
12)三菱パレット・ポケシャDPS-101PLT, 18×24(最大26.4)×34 約5g
13)ソニック ラチェッタカプセルSK878 φ30(最大厚31.2)×90 約18g
14)クツワ ケズールRS007 22.2×46×55.7 約18g
以下消しゴム
15) F - Cダストフリーイレーサー587122
16)スタビロ1191


関連記事
→スタビロ イグザムグレード288鉛筆
→スタビロ イグザムグレード1191消しゴム
  1. 2016/12/16(金) 23:30:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

スタビロ イグザムグレード288


Stabilo イグザムグレード鉛筆 HB


Stabilo イグザムグレード鉛筆 2B


Stabilo イグザムグレード消しゴム


Stabilo シャープナー4518


【STABILO/スタビロ】Exam Grade Pencil/イグザムグレード鉛筆(硬度:HB)

【STABILO/スタビロ】Exam Grade Pencil/イグザムグレード鉛筆(硬度:2B)
【STABILO/スタビロ】Exam Grade 1191 消しゴム
【STABILO/スタビロ】Exam Grade Sharpenerブンドキ.com Yahoo!店
スタビロ 鉛筆 イグザムグレード HB B288HB12 12本
マーキュリーマーケット - Yahoo!ショッピング

スタビロ 鉛筆 イグザムグレード 2B B28812E 12本
マーキュリーマーケット - Yahoo!ショッピング


スタビロ イグザムグレード:Yahoo!ショッピング検索

 2025年までに大学入試が選択式から記述式中心へ変わり、しかも紙を廃止する気配すらあることから、マークシートに適していそうな鉛筆を売りこむなら今しかない、というわけで鉛筆を紹介する。今回は標準的な軸径の鉛筆である。

 シュヴァン スタビロが2008年ころに発売した、つや消し黒に赤が映える鉛筆。マレーシア製。
イグザムはexam ; examination:試験。芯硬度はHBと2B二種のみ。

φ7.5mm(最大約φ7.7)×175、芯径HB/φ2.1mm(実寸φ2.2mm)、2B/φ2.5mm、約4g
芯硬度:HB、2B
1ダース600円税別@50円税別
銘はHBが金字、2Bが銀字
表銘:[白鳥ロゴ]STABILO® Exam Grade® [芯硬度] [白鳥ロゴ]STABILO®
裏銘:[バーコード] Art. No. 288HB [コード] [白鳥ロゴ]STABILO®
先付け鉛筆(芯先が削られて出荷される鉛筆、約∠25°)、封蝋あり、厚塗りされた軸尾が少々太い。

 鉛筆一本でも解答できる文系問題に対し、理数系問題は芯先を尖らせた鉛筆と鈍らせた鉛筆を用意する──筆算用とマークシート用を使いわけるのが望ましい。
なぜにマークシート用の芯先を鈍らせる(丸める)かといえば、尖った芯先でマーキングすると手間がかかるうえ読取エラーを招くからであり、丸まった芯先で接紙面積を増して塗ることが効率的だからだ。
 であるから、芯先が尖らない鉛筆削りが要る。そんな存在理由を疑われる鉛筆削りがあるのかといえば、クツワ ケズール(画像は五段階調節のうち最も短く削った芯先)やソニック かるスピン及びラチェッタ(芯先調節機能つき)並びにラチェッタカプセル等がそれであり、芯先を尖らせない機能は元来色鉛筆用。
 芯先露出が足りないことに不安を覚えるなら、製図用鉛筆削りを使って芯を剥き出す方法もある。M+R207KUMオートマティックAS2Mは木鞘のみを削って芯を削り出せる。本品のHB芯φ2.2mmはその方法に適しており、芯の周囲に木鞘を残さず削り出せる。M+R207の場合、標準的な2mm芯では木鞘が残ることがある。

 どんな鉛筆削りを使ってどう削るかなどの手間がまどろっこしいなら、本品を1ダース買っておけば鉛筆削りが無くても試験に臨める。先付け鉛筆だから初回に削る必要もない。

 どんな消しゴムを使うかはお好きにしたらよいが、ここでは同社同シリーズの1191を勧めよう。折れにくい寸詰まり形状に成形され、消しかすがまとまりやすい。
他にはプラスWエアインフォームイレーザーピュアスリムなど細い、またはトンボ モノスマートSEEDレーダーラインなど薄い消しゴムを薦めよう。

 鉛筆は左からファーバーカステル9000ジャンボ/HB φ5.3mm、本品/HB φ2.2mm、キャメル鉛筆No.CA-P4/HB φ2.2mm
2016年12月はこれら三本を芯径が太い順に紹介する。
 OMR(光学式マーク読取装置)に反応するかナンバーズ3で試し、いずれも赤外光を吸収した。センター試験での再現性を保証しないが気に病むことはない。
各鉛筆でマークを9ヶ所塗り、うち6ヶ所をそれぞれの消しゴムで消しても、読取エラーが起きなかった。
消しゴムは左からF - C 587122スタビロ1191、消しゴム付鉛筆キャメルCA-P4はその消しゴムで消した。

 センター試験出題数は二日間で三百強と思われる。マークはおよそ長径4mm短径2.5mmの楕円。これを長径方向に320コ並べれば1280mm。楕円を三本の線でマーキングすると仮定すれば、線を3840mm引くことになる。
次に、鉛筆の芯先を鈍らせる。ここでは先端が約1.5mm径になるまで鈍らせた。
次に、マークシート答案用紙はロト6用紙と同じ紙質に思われ、その用紙には4mm×1mmマークが計243コある。
であるから、その紙にマーク1コあたり約4回、計960回マーキングすれば、おおよそ線を3840mm書いたことになり、そこで芯がどれくらい減ったかを見れば、試験中に鉛筆を削る回数を推定できる。
 さて実行すると、960回書いても(定規不使用)、芯が0.3~0.4mm程度短くなったくらい。二日間でもマークシート用鉛筆を削り直す必要がなさそうであるから、鉛筆削りも紹介する立場としては困ったことである。
 芯先の切削角度は、F - C 9000ジャンボが出荷時状態約26°、本品はKUM AS2Mで削って約18°、キャメルCA-P4はスタビロ鉛筆削り4518で削って約22°。左画像に写るのは比較のための1.4mmシャーペン
 いつも通り機械的な試験ではなく、また私の筆圧は低く80gあるかどうかだ。

参考リンク
→受験生のためのマークシートQ&A|教育ソフトウェア
→@nifty:デイリーポータルZ:マークシートは本当にボールペンを読まないのか?
→受験案内(PDF形式)| 大学入試センター [スタビロ イグザムグレード288]の続きを読む
  1. 2016/12/16(金) 23:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーバーカステル 9000番2穴ジャンボシャープナー582800


FABER-CASTELL / ファーバーカステル 9000番2穴ジャンボシャープナー 582800 ゆうパケット対応
papeterie la mer Yahoo!ショッピング

 9000番鉛筆及びジャンボのために発売された二穴式鉛筆削り。
先に発売されていた子供向け(赤カステルと呼ばれている)角型182700系を元に切削角度を鋭くしてアート&グラフィック(緑カステルと呼ばれている)へ展開した製品。2012年?発売、中国製。
替え刃ナシ、刃が鈍ったら買い替えることを同社は勧めている。ねじは七角形で分解し難く、同社は安全ねじと呼んでいる。
口径φ8.5mm、切削角度19° - 19.5°、とんがり係数1.02 - 1、削りくず厚約0.2 - 0.25mm
公称21°だがそれより尖る。鋭く削る──芯先の円錐を長くすると、鉛筆と刃の接触面も長くなって抵抗が増えるため、削れ味がやや重い。
元型となった角型182700系同様、このφ8.5mm口径は同社水彩色鉛筆アルブレヒト デューラーφ8.4mmに合わせたらしく、9000番鉛筆φ7.5mmやふつうの鉛筆φ7.5 - 8mmには緩くて不安定に削れるため、切削角度も一定せず18°になることもある。そこで低く評価されがちだが、口径に合う鉛筆を削れば良品であることがわかる。
とはいえ9000番用なのだから、それに合わせてもらいたいところだ。
その口径に合う鉛筆であるカランダッシュ グラフウッドφ8.3mmを削ると19°になることから、設計上の切削角度も19°と考えられる。
コンテ ア パリφ8.5mmはギリギリ合わない。
他の同社製品と。
上から本品
角型182797/魚型183520
角型ミニ182702/丸型ミニ183502
トリオボックス183800下側
他社製鋭角鉛筆削りと。
鉛筆は一本めのみF - C 9000番、以下全てカランダッシュ テクノグラフ777。
上から本品
トンボKSA-121
KUMオートマティックAS2M
KUM 202-24で削った鉛筆は芯が何度も折れたカランダッシュ777/2B。今回は折れずに尖った。
KUM 400-5L
鉛筆は上二本カランダッシュ グラフウッド775 φ8.3mm、下一本F - C アルブレヒト デューラーφ8.4mm。
鉛筆削りは上から本品
魚型183520/角型182797
φ10.6mm、∠24.5°、とんがり係数0.78、削りくず厚約0.3mm
公称切削角度は24°、ほぼ公称通り。太軸でここまで尖る鉛筆削りは珍しい。
色芯より硬い黒鉛芯を削るためか、こちらのみチタンコーティング刃。しかし削れ味が重い。ちゃんと削れるし芯先も尖るが、元型のほうが削りやすい。

鉛筆は上四本が同社9000番ジャンボ、下二本がK-I-N 1820
鉛筆削りは上二本めから、本品
同社魚型183520/角型182700系
同社183800
M+R 203
Dux 9249
 やや大きく、筆入れに収められないのが難点だが、蓋の紛失と閉め忘れを防げる優れたデザイン。角型には小型化した角型ミニ182702もある。
*挿入口に蓋なし
1) 9000番角型582800, 21mm厚(最大厚22.4)×33.3mm幅×71mm長 約24gと角型ミニ182702, 20.8(最大22)×25×53.5 約12.5g
2)魚型183520/183525, 24×43×81 約27gと*丸型ミニ183502, 20×33×56.2 約9g
3)*トンボippo! KSA-121 21.4×30.9×43 約11g
4)*KUMオートマティックAS2M 27.5×34.8×67 約25g
5)KUM 4 in 1, 34.8×45.25×61.3 約28g
6)リラ グルーヴ用二穴式7311250, 38.5×39×52 約25g
7)*M+R 207 21.8×21.7×25 約10g
8) F - Cトリオボックス183800 46×46.4×66 約32.5g
9)ステッドラー512 001 φ42×58 約43g
10)スタビロ4518 24.5(最大厚25.5)×26.6×45 約8.5g
11)カール くるくるカールくんCPS-80 19×54.5×56 約17g
12)三菱パレット・ポケシャDPS-101PLT 18×24(最大26.4)×34 約5g
13)ソニック ラチェッタカプセルSK878 φ30(最大厚31.2)×90 約18g
14)クツワ ケズールRS007 22.2×46×55.7 約18g
以下消しゴム
15) F - Cダストフリーイレーサー587122
16)スタビロ1191
鉛筆削り本体の接合部は対称形、大小二穴の上下を入れ替えられる。

組みこまれた鉛筆削り本体は角型182700系と基本的に同じもの。それは丸型183500系とも同じもの。

 この優れた鉛筆削りにも欠点がある。鉛筆削り刃と周囲枠との間隔が狭く、三~五回程度削ると詰まって削りにくくなる。画像は二回削った状態。
詰まったら、鉛筆挿入口を上に向け、鉛筆削り本体をいったん外すと、削りくずが削りくず容器奥へ落ちるから、そこで本体を戻す。

 この点、角型ミニ182702と丸型183500系は間隔が広く、数本程度では詰まらない。丸型には蓋が無いのが欠点だが、その変種である魚型183520/183525やテントウムシ型183526、鷲型183527には消しゴムキャップが付く。

関連記事
→ファーバーカステル ダストフリーイレーサー587122


受験生の宿 | 宿泊(ホテル・旅館)予約は日本旅行
  1. 2016/12/08(木) 23:30:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーバーカステル 9000番ジャンボ1193**


FABER-CASTELL / ファーバーカステル 9000番ジャンボ鉛筆 5硬度デザイン缶入 ゆうパケット対応


FABER-CASTELL / ファーバーカステル 9000番ジャンボ鉛筆 ゆうパケット対応


FABER-CASTELL / ファーバーカステル 9000番2穴ジャンボシャープナー 582800 ゆうパケット対応

papeterie la mer Yahoo!ショッピング

【FABER-CASTELL/ファーバーカステル】9000番ジャンボ鉛筆(硬度:HB)

【FABER-CASTELL/ファーバーカステル】9000番ジャンボ鉛筆(硬度:2B)
【FABER-CASTELL/ファーバーカステル】9000番ジャンボ鉛筆(硬度:4B)
【FABER-CASTELL/ファーバーカステル】9000番ジャンボ鉛筆(硬度:6B)
【FABER-CASTELL/ファーバーカステル】9000番ジャンボ鉛筆(硬度:8B)
ブンドキ.com Yahoo!店

 2025年までに大学入試が選択式から記述式中心へ変わり、しかも紙を廃止する気配すらあることから、マークシートに適していそうな鉛筆を売りこむなら今しかない、というわけで鉛筆を紹介する。ただし今回はふつうの鉛筆削りで削れない太軸太芯鉛筆である。

 同社を代表する緑軸の鉛筆9000番を太軸太芯化したもの。発売年不詳(日本発売2012年7月)、ドイツ製。たぶんFSC認証材使用、ASTM D4236(米国無毒検査)適合。

φ10.3mm×174~176六角軸、芯径5.3mm、約10g
芯硬度:HB、2B、4B、6B、8B
5硬度セット1,500円税別@300円税別、先付け鉛筆(芯先が削られて出荷される鉛筆、約∠26°)、封蝋あり
芯硬度標示が三面にあり、金字の銘が二面にあり、バーコードは緑がかった白。無地ではないため試験には今ひとつ不向きだが、とやかく言われるほどの内容ではないだろう。
[CASTELLロゴ] 9000 JUMBO [闘う騎士ロゴ] FABER-CASTELL [芯硬度]
[バーコード] [芯硬度]
Water-based varnish Wasserlack [SVマーク] Made in Germany www.Faber-Castell.com [芯硬度]
SVとは芯と木鞘を接着し芯が折れたり抜けたりすることを防ぐ製法。現在ではきわめて一般的。
昔の日本版カタログではセキューラル方式、米国公式HP→Faber-Castell - Faber-Castell FAQs
でもSekuralverfahren (Sekuralは造語に思われる)と説明されているが、ドイツ公式HP→Bleistift CASTELL 9000 Jumbo HBでは現在Spezialverleimung(特殊接着)と説明されている。

 書き味はKoh-I-Noor1820よりなめらか、黒鉛粒子が微細に感じられる。
しかしマークシート試験に書き味は関係なく、素早く塗れるか否かであり黒鉛が含まれるか否かであって、本品はその条件を満たしている。
 鉛筆一本でも解答できる文系問題に対し、理数系問題は筆算用とマークシート用を使いわけるのが望ましく、太軸鉛筆を併用すれば見分けやすい。太芯は芯露出が大きく、マークシート用なら一度削れば書き減っても二日は削らずに過ごせるうえ、先付け鉛筆だから鉛筆削りがなくても当座は塗れる。もっとも私は大学へ行こうと思ったことすらない人間であるからこの方法を無視してもよい。

 これを削れる鉛筆削りには同社9000番角型582800、角型182797、魚型183520、トリオボックス183800があり、他社製品にはKUM 4 in 1やDUX9249、リラ グルーヴ用、M+R602、同603、同203等々がある。
 どの鉛筆削りを選んでどう削るかなどお好きにすればよいが、芯先の円錐頂点が現れるまで削ることはない。鈍った芯先を残せば(戴頭円錐にすれば)接紙面積が増してマークシート用にも色鉛筆用にも益がある。
注意点は、この鉛筆の新品時芯先約26°に比べ多くの鉛筆削りは切削角度が鈍く、削ろうとすると、刃が芯先に深く食い込んで欠けやすくなること。この点、本品用鉛筆削り9000番角型582800は鋭角24.5°に削るため、その問題が発生しない。
 鉛筆は左から本品HB φ5.3mm、スタビロ イグザム288/HB φ2.2mmキャメル鉛筆No.CA-P4/HB φ2.2mm
2016年12月はこれら三本を芯径が太い順に紹介する。
 OMR(光学式マーク読取装置)に反応するかナンバーズ3で試し、いずれも赤外光を吸収した。センター試験での再現性を保証しないが気に病むことはない。
各鉛筆でマークを9ヶ所塗り、うち6ヶ所をそれぞれの消しゴムで消しても、読取エラーが起きなかった。
消しゴムは左からF - C 587122スタビロ1191、消しゴム付鉛筆キャメルCA-P4はその消しゴムで消した。

 センター試験出題数は二日間で三百強と思われる。マークはおよそ長径4mm短径2.5mmの楕円。これを長径方向に320コ並べれば1280mm。楕円を三本の線でマーキングすると仮定すれば、線を3840mm引くことになる。
次に、鉛筆の芯先を鈍らせる。ここでは先端が約1.5mm径になるまで鈍らせた。
次に、マークシート答案用紙はロト6用紙と同じ紙質に思われ、その用紙には4mm×1mmマークが計243コある。
であるから、その紙にマーク1コあたり約4回、計960回マーキングすれば、おおよそ線を3840mm書いたことになり、そこで芯がどれくらい減ったかを見れば、試験中に鉛筆を削る回数を推定できる。
 さて実行すると、960回書いても(定規不使用)、芯が0.3~0.4mm程度短くなったくらい。二日間でもマーキング用鉛筆を削り直す必要がなさそうであるから、鉛筆削りも紹介する立場としては困ったことである。
 芯先の切削角度は、本品が出荷時状態約26°、スタビロ イグザムグレード288はKUM AS2Mで削って約1918°、キャメルCA-P4はスタビロ鉛筆削り4518で削って約22°。減った体積は計算していない。左画像に写るのは比較のための1.4mmシャーペン
 いつも通り機械的な試験ではなく、また私の筆圧は低く80gあるかどうかだ。

参考リンク
→受験生のためのマークシートQ&A|教育ソフトウェア
→@nifty:デイリーポータルZ:マークシートは本当にボールペンを読まないのか?
→受験案内(PDF形式)| 大学入試センター [ファーバーカステル 9000番ジャンボ1193**]の続きを読む
  1. 2016/12/08(木) 23:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊東屋 イートンペンシル


【ITO-YA/伊東屋】イートンペンシル(マットレッド)

【ITO-YA/伊東屋】イートンペンシル(マットホワイト)
【ITO-YA/伊東屋】イートンペンシル(マットグレー)
【ITO-YA/伊東屋】イートンペンシル(マットブラック)

【ITO-YA/伊東屋】ROMEO ペンシル No.3


ブンドキ.com Yahoo!店

 一文具店の独自企画商品ながら広く知られ、現在は木軸シャープWSPとともにヘルベチカシリーズに組みいれられた消しゴム付き鉛筆。軸色4色、つや消し塗装。1985年発売、同年グッドデザイン選定品。日本製。
共に画像に写っているロメオNo.3鉛筆は木鞘を黒染めして近年発売された同型。三本の六角軸はこれらの元型と思われるキャメル鉛筆CA-P4

φ7.6mm×183.5丸軸、芯径2.2mm、約4.5g
芯硬度HBのみ。
以前は金字でITO-YAと瀟洒に銘が入っていたが、2016年ころから黒字でHelveticaと銘打たれ、それ以外には芯硬度さえ記されていない。

*1行め(上段)は書いて消す行為を1回、5行めはそれを5回繰り返した。

 一見塗装に見える尾軸は消字力良好な(おそらく非塩ビ)消しゴム。金具を介さず直に付けられ、丸軸がその簡素な外見をさらに引き立たせている。設計が伊東屋なのか製造元(たぶん)のキャメル鉛筆なのかわからないが、本品を有名にしているであろう優れたデザインだ。
 この直付けされた消しゴムが、補助軸へ抜挿した際に外れるか試すと、分度器キャップでは適切に保持されてぐらつきもせず抜挿できた。あれは日本製に適している。
一方、ファーバーカステル9000及びUFOパーフェクトペンシルでは消しゴムが外れないものの軸木が傷つくくらいキツい。あれは舶来鉛筆に適している。


 木鞘は削りやすく良質。
 芯はキャメル鉛筆CA-P4よりやわらかく色が濃い。ロメオNo.3鉛筆もイートンと同じ芯のようである。
芯径2.2mmはKUMオートマティックAS2MM+R207で芯を剥き出すに適し、マークシート試験にも適しているが、丸軸のため机上で転がりやすく、キャメルCA-P4より書き減りやすい。
画像はソニック ラチェッタカプセルSK-878(二段階調節のうち短い状態)
クツワ ケズール(五段階調節のうち最も短い状態)
KUM AS2M
M+R 207
で削った芯先。

イトーヤ ヘルベチカ:Amazon.co.jp検索
  1. 2016/11/15(火) 06:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メビウス&ルパート Nr.0203 二穴式鉛筆削り


M+R Mobius+Ruppert メタル2穴シャープナー

M+R Mobius+Ruppert 真鍮2穴シャープナー

M+R/Mobius+Ruppert Double brass Sharpener Round/丸型2穴シャープナー

DUX/ダックス シャープナー用替え刃・12N

KOH-I-NOOR/コヒノール 太軸六角色鉛筆 / JUMBO NATUR(12色入り)
ブンドキ.com Yahoo!店

 メビウス&ルパート略称M+Rのマグネシウム合金製二穴式。
 ドイツでは新自由主義が下火にでもなっているのか、同社は旧産業かつ家族経営される従業員数75人の中小企業でありながら意欲的なことに、2016年に新製品ポルックス0601、カストール0610、ミノフィクス0614を発表した。
今回は残念ながらそれらではないが、挿入口の配置が特徴的な、鉛筆をやや鋭角に削る製品である。発売年不詳、ドイツ製。替刃はDUX 12Nが適合。
φ8.3mm
切削角度22°~23°、とんがり係数0.9~0.85、削りくず厚0.2mm~0.25mm
設計上は22°のようだ。
鉛筆直径は通例φ7.5~φ7.9だからφ8.3というのは少し広く、三角軸を削れる。またカランダッシュ グラフウッド775をギリギリ削れる。
φ11.2mm
切削角度29°、とんがり係数0.66、削りくず厚0.2
太軸用としては鋭角。
リラ グルーヴ及びカラージャイアント、F - C #9000ジャンボK-I-N 1820及びJUMBO NATURやMAGIC色鉛筆等を削れる。K-I-Nトリオグラフ1830 φ12mmは削れない。

 鉛筆を削る際に①方向へ傾けて(刃に沿わせて)削るか、②方向へ傾けて(刃に相対するように)削るかで、切削角度や芯先の仕上がりが変わる。軸径が細い舶来鉛筆はその変化も大きい。②では芯先が尖りきらず、ねじれて仕上がる。
 同社の他の二穴式と比較。細軸(標準的軸径)用はどれもだいたい22°。

 その特徴的な刃の配置から、DUX9249に組みこまれている鉛筆削りと同一かと思ったら少し違う。幅が狭いのが今回のM+R203。切削角度も異なる。

各鉛筆、上がM+R203で削った芯先で概ね22°、下がDX9249本体で削ってだいたい23°。太軸は画像の通り。

 DX9249鉛筆削り本体を蓋から外して使うと、太軸を削っても芯先がねじれることなく尖り、またK-I-Nトリオグラフ1830をギリギリ削れるようになって、カランダッシュ グラフウッド775も削れるようになった。DX9559でも同様。ちょっとDX9249記事を加筆修正してこよう。
 さて、M+R203でグラフウッド軸径φ8.2~φ8.3を削ると、六角軸の稜線がわずかに削り残される(緑矢印)。それでも削り続けることはできる。
2017年7月20日追記:入荷されてた。

M+R Mobius+Ruppert Pollux concave tip1穴シャープナー
文具通販 ブンドキ.com Yahoo!店


M+R Mobius+Ruppert Castor extra long tip1穴シャープナー
文具通販 ブンドキ.com Yahoo!店


M+R Mobius+Ruppert Minofix / 真鍮製2穴芯研器 (2mm 3.2mm用)
文具通販 ブンドキ.com Yahoo!店
  1. 2016/10/17(月) 06:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北星鉛筆 ウッディえんぴつ3364*

品名を紙箱記載のウッディえんぴつにしたが、公式HPでもAmazon.co.jpでもウッディー鉛筆。ウッディでは検索されない。
北星鉛筆 ウッディー:Amazon.co.jp検索←出る
北星鉛筆 ウッディ:Amazon.co.jp検索←出ない

 同社スタイラスな鉛筆キャップ付属鉛筆の集成材軸が好きで、あれと同じ鉛筆かと思って注文した。箱を開けてみたら別物だった。発売年不詳、日本製。


φ7.6mm×176六角軸、両切り、芯径φ2.05mm/HB、φ2.25/B、約4g
芯硬度:HB~2B
一箱14本入り560円税別。14本入りは珍しい。
銘が無く芯硬度が黒字で二面にあるのみ。
HBとBを注文し、注文時期を約一年ずらしたが、ともにロット番号1410だった。

 北米産インセンスシーダ製木鞘は柾目が揃っており上等で削りやすく良質、そのぶん観賞するにはつまらない木目だ。
無地の半つや塗装は、やがて大人の鉛筆クリップ付のように変色するかと思ったら案外しなかった。一年程度では少し飴色に変化しただけで黒ずむこともなかった。

 上等な軸木に対し、芯の書き味が粗末で摩擦が大きい。日本クリノス鉛筆よりタバコ鉛筆よりリラ2515よりも粗く、湿気った黒鉛芯がちょうどこんな書き味だ。脂ぎった濃い芯を避けて乾いた芯を好む私でも、この書き味がよいとは感じない。
 芯先を尖らせると、または紙を変えると書き味の悪さを軽減できる。
KUM AS2M同202-24、扱いが少々難しい同400-5Lで削っても、M+R207トンボKSA121でも芯先が崩れることなく尖る。HB芯はKUM AS2Mできれいに削り出せるためマークシートにも向く(B芯は定着性がやや低い)。
そして鉛筆に適した小学生向け帳面(オキナ パリオノート、ショウワノート ジャポニカ、セイカ ポプラディア、フュースフォイ製紙ハーモニア帳(ハンガリー小学生ノート))では書き味が少々改善される。
※2016年7月9日追記;耐水紙とくにクツワ風呂単メモでも向上する。公選投票用紙でも向上するだろう。

 書き味以外の性質は悪くなく、HB/Bともに筆記時「砂を噛む」ことなく、同社スタイラスな鉛筆キャップとも併用でき、また色が濃い。でありながら消しゴムで消せるから、支障がないといえばない。ただ日本製にしては書き味が粗末なだけである。
 私が求めたスタイラスな鉛筆キャップ付属鉛筆(ロット1409、芯径2.25mm/B)も大した芯質ではないが、本品よりはましな代物で、同社9500やアートセット9900に至ってはさらに良質で芯径も少し太く、書き味がブラックウィング602に似ている。9500は使い始めに一度「砂を噛む」ことがあったが以降は無い。
 手元のウッディえんぴつはそのロット番号からたぶん2014年10月製造。2013年から2014年製造品には他社製品にも書き味が落ちた品があるが、関連や出現頻度は不明だ。もし、この芯が在庫保管中に湿気っただけなら、現行品はよくなっているだろう。

関連記事
北星スタイラスな鉛筆キャップ。
北星9500 http://nanos.jp/schzkr/blog/1/46/
無地木目鉛筆
北星かきかた三角
キリン鉛筆ウッディパルジャイアント
リラ プロナチューラ2515
ファーバーカステル2530Nと月光荘8B鉛筆
トップバリュ消しゴム付き鉛筆HB
  1. 2016/03/15(火) 06:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。