アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ラミー ティポ

 ボールペンの姉妹品として設計されたシャーペンには、間に合わせで造られた乱作の印象があります。
同型ノック式水性ボールペンと同時発売されたこのティポはその好例ですが、意外に書きやすく10.7φ軸もクリップ兼用ノックボタンも0.7mm芯径も使いやすい製品。

 しかし後軸を外してみるとその貧弱さは否めず、1500円の価格に見合うとはどうにも思えません。また、芯室にはいつの間にかヒビが入ってしまいました。消しゴムはナシ。
スリーブはフルスライド、口金は分解できず、芯詰まりしにくい.7mmながら突針が付属。
 軸の噛み合わせは緩みやすく、私が購入したティポは始めから軸結合が緩くて辟易しそうでしたが使用には支障がないためなんとも恨めしいところ。現行はねじ結合へ変わりました。

 庶民派ラミーも近年はブランド志向で浮き足立っているのが困りもの。
私のような数奇者を除けば、このシャーペンは廉売店で買うことをお薦めします。
こちらは前軸も金属に覆われたもの。
  1. 2007/05/31(木) 00:46:56|
  2. ┣シャープペンシルMechanical pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ステッドラー 925 25-20 Staedtler 925 25-20

ステッドラー ホルダー芯2mmマルスカーボン12本入B 200-B
ステッドラー ホルダー芯2mmマルス12本入レッド 204-2

 アルミシリンダー軸に細かいローレットと4mmスリーブを配したステッドラー日本の製図用シャーペン925 25を2mm芯化した925 25-20は、原型と同じく8.8φ軸に可変芯硬度表示とクリップそしてノック式機構という、旧態依然としたドロップ式芯ホルダの不備を解消するスペックを持つ製品です。2006年ころ発売、日本製。
Staedtler Japan branch has produced the draughting mechanical pencil "Staedtler 925 25" which has features of pocket-clip, fine knurled grip, φ8.8mm cylindrical barrel from aluminium-alloy, a needle lead sleeve of 4mm length, adjustable lead hardness-grade indicator, and ratchet/push-to-advance mechanism. And then, those features have solved disadvantage of the remain unchanged the 2mm lead-holder with spring-clutch, because the branch bored up to 2mm diameter on 925 25 product range. That is 925 25-20. Japan made, produced in the around 2006.
芯硬度表示範囲4H - 4B(3H, F, 3Bなし)。ここが充実していないのが欠点。
Range of lead hardness-grade indicateor : 4H - 4B(not available 3H, F, 3B)
This is a defect as not enough.

簡易芯研器ナシ。純正502芯研器ダーレ301とは軸径が合いませんが、ロットリングR505 250旧型芯研器が合います(現行は不可)。
クリップはファーバーカステルTK9400/3.15mmとコイノア5205に転用可能。
Built-in lead pointer N/A. Althogh Staedtler 502 and Dahle 301 are not suitable for this pencil, Rotring R505 250 earlier model is suitable (late model is not suitable) for this.
It may appropriate a pocket clip for Faber-Castell TK9400/3.15mm and Koh-I-Noor 5205.
[ステッドラー 925 25-20 Staedtler 925 25-20]の続きを読む
  1. 2007/05/20(日) 20:35:28|
  2. ┣シャープペンシルMechanical pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロットリング アルトロ

ワイヤークリップ、イモムシ軸、釣鐘型ニブ、一見すると水性ボールペンのような中針式など、特異なアルトロは1990年代初頭に発売され、前世紀末に製造中止となった両用式尖筆型万年筆です。二本並ぶとワラジムシのよう。

中空管構造とも中針式ともスタイログラフィックペンとも呼ばれるこの形式はロットリングが製図ペンへ転用した形式で、細管に針金を通し、針金を押すと内部の弁が開いてインクが流れるという、プランジャーバルブのような構造です。
これは、他の形式では詰まってしまうような古いブルーブラックでも快適に書けます。

 万年筆では、インク保持力が高いペン芯を持つため上向きにしても書き続けられますが、中針式は壁にあてたメモに書くなど、少しでもペン先を上向かせると忽ちにインクが途切れてしまいます。細字では浸透圧のおかげか少々改善されますが普通の万年筆には敵うべくもなく、中針式の意外な弱点には気をつけなければなりません。

字幅はMと透明樹脂製Fの二種、Mは太くて日本語には向かない字幅でした。 [ロットリング アルトロ]の続きを読む
  1. 2007/05/19(土) 21:24:40|
  2. 万年筆Fountain pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ファーバーカステル エモーション 138301



1.4mm芯を用いる回転式シャーペン、エモーション。これはツイストノックではなく本当の回転機構。

本品は包装からしてすばらしく、紐で留める厚紙の包装を折り返せばディスプレイにもなります。
 1.4mm芯はファーバーカステル独自の芯径ですが、iso規格に沿った芯径でもあり線幅識別色は緑。もっともこの製品は製図用ではありません。
芯硬度はBのみ、硬度が増えればクロッキーにも用途が広がりそうなものですが、発売から十年弱経つのに未だBのみという体たらく。せめて3Bがあれば世界が変わるでしょう。

 このすばらしいエモーションも困ったことに口金内径が緩く、芯がぐらつく不快感があります。上級品のエモーションウッド&メタルではいくらか改善されているもののもう少し精度を上げられないものか。
 回転式シャーペンを回し過ぎると芯受けが内部の螺旋溝終端にぶつかって凹み、芯受けが前後にぐらつき始めますが、本品は前後どちらに回し過ぎても芯受けが螺旋溝から外れ凹まないように改良されています。

 回転式共通の欠点はその操作法。芯の繰出し方向と回転操作方向が異なりかつ回転部が小さいため片手で扱い難いのです。しかし芯の繰出し量を無段階調節できる利点もあり、ペンホルダーグリップではなくシェイクハンドグリップで握ればこの小さな回転部も扱いやすくなります。けれどクリップがジャマ。
そこでクリップを取り外してみましょう。ただし、エモーションを壊したくない方にはお薦めしません。 [ファーバーカステル エモーション 138301]の続きを読む
  1. 2007/05/08(火) 18:01:40|
  2. ┣シャープペンシルMechanical pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーバーカステルTK9400/3.15mm

ファーバーカステル 芯ホルダ;Amazon検索

FABER-CASTELL / ファーバーカステル 製図用ホルダー TK9400-4B ゆうパケット対応

FABER-CASTELL / ファーバーカステル 製図用ホルダー TK9400-5B ゆうパケット対応
FABER-CASTELL / ファーバーカステル 製図用ホルダー TK9400-6B ゆうパケット対応

FABER-CASTELL / ファーバーカステル 製図用ホルダー替芯 3.15mm TK9071 4B ゆうパケット対応

FABER-CASTELL / ファーバーカステル 製図用ホルダー替芯 3.15mm TK9071 5B ゆうパケット対応
FABER-CASTELL / ファーバーカステル 製図用ホルダー替芯 3.15mm TK9071 6B ゆうパケット対応

FABER-CASTELL / ファーバーカステル ハンディ芯研器 186600 ゆうパケット対応


papeterie la mer - Yahoo!ショッピング

 ファーバーカステルの2mm芯は3Bまで、4Bは3mm芯、5Bと6Bは3.15mm芯になります。※共用可能
これに合わせ、TK9400には3.15mm芯用があり軸径も9mmとちょっと太くなっています。この軸径は細くなく太くなく、筆記にも描画にもちょうどいい。これで2mmが造られないものか。

'70年代TK9400/2mmやTK4600ではノックボタンが簡易芯研器になっていましたが、3.15mmではナシ。3mmや3.15mm芯ホルダでは芯研器が付属しない場合が多いですね。付属するのはカランダッシュや丸善美術くらいかな。
 これもばねの位置が悪いのか、樹脂が軟らかいのか、経年変化で軸が曲がったものがあります。
右画像中央の8Bは'60年代か'70年代のもの。著しく曲がっていたため90℃のお湯につけて矯正したところ、熱で表面が白化……皆さんは60℃でお試しください。

関連記事
TK9400 2mm
TK9500

  1. 2007/05/02(水) 13:28:03|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0