アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

パーカー ソネット第二回

画像上端左からソネット1、ソネット2、フロンティア(ソネットの廉価版)の鞘開口部
2のみ開口部まで樹脂で内張りされている。鞘と胴軸が擦れ合わないようにこうしたのだろう。

金ペン先がソネット、白ペン先がフロンティア
よく似ているが、ねじ径が違い交換不可。ソネットを原型とするフロンティアとは部品に互換性があるようで全くない。
左ソネット、右75最終型
パーカーが発行していた小冊子「ゴールデンアロー」24号でモンブラン149(年代不明)よりペン先が軟らかいと記されたソネット1は人気があり、硬くなったソネット2以降は評判がよろしくないようだ。パーカーは元来硬いペン先を造る会社で、今なお人気が高い75も硬く、(手持ちのものでは)ソネット2のほうがこれに近い書き味なのに面白い話である。
[パーカー ソネット第二回]の続きを読む
  1. 2007/07/30(月) 12:30:05|
  2. 万年筆Fountain pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パーカー ソネット第一回


 パーカー75の後継として1993年に発売されたいささか古風な姿形のソネットは、嵌合式かつ両用式で吸入器を標準装備した万年筆。同名ボールペン等もある。
ABCでグレード分類され(パーカー公式)、三世代にわかれる。世代分類は同社カタログをもとにした私家版。
Aライン
18k二色ペン先、首軸のトリムリング(金環)二本、太いキャップバンド(帯金)
Bライン
18k一色又は二色ペン先、首軸の金環一本、帯金は細→太→太と変遷
Cライン
鉄ペン先、首軸の金環一本、帯金は細→細→太と変遷
第Ⅰ世代 1993~1998 ABCライン(Cラインは1994年以後)
ペン先がとても軟らかい初期と硬めの後期にわかれると言われる。字幅は八種(金ペンのみ)
第Ⅱ世代 1998~2003 ABCライン
2000年、字幅が四種に縮小、秋頃からパーカー社ロゴが変わる
第Ⅲ世代 2003~ BCライン(Aライン廃止)
紹介するのはBライン第1及び第2世代。
※2008年ころ第Ⅳ世代となる。矢羽クリップの線刻が減った。 [パーカー ソネット第一回]の続きを読む
  1. 2007/07/30(月) 12:30:00|
  2. 万年筆Fountain pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三菱鉛筆ハイユニFFマチック

 いかに線を引き続けられるかという製図用シャーペンの命題に対し、三菱鉛筆はFFマチック(指先ノック)を開発した。

口金付近のリングを押し下げて離すとそれにつれて芯が繰り出される。

 FFマチックは自動芯繰出機構の応用。
自動芯繰出は可動スリーヴ/ガイドパイプが紙面に押されると芯を繰り出す方式、FFマチックはこの可動スリーヴと同じ役割のリングを軸前端に据え、手動操作式とした。

画像上側、口金と芯室の間にあるのがチャック。

チャックを芯先方向から見る。
画像左のチャック閉状態(待機状態)では、芯を後方へ押し戻そうとすると抑えるも、前方へは芯を引き抜ける一方通行状態にある。リングはこの状態で操作する。右はノックボタンに押され芯を開放、押し戻せる状態。 [三菱鉛筆ハイユニFFマチック]の続きを読む
  1. 2007/07/20(金) 21:18:31|
  2. ┣シャープペンシルMechanical pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カランダッシュ オフィスライン849

カランダッシュ 849:Amazon検索
カランダッシュボールペン替え芯BK F 8428-009;Amazon.co.jp
CARAN d' ACHE ボールペン替芯8420-070赤F(細字)〔正規輸入品〕
CARAN d' ACHE ボールペン替芯8428-109黒B(太字)〔正規輸入品〕
CARAN d' ACHE ボールペン替芯 8418-000 グリーンM(中字) 〔正規輸入品〕

 継ぎ目がなくエナメル塗装されたアルミ製9φ六角軸に、感触が軽いノック機構を組み込み、筆記距離10,000m級のGOLIATH替芯を装備した小気味よい油性ボールペン。スイス製、15g。以前は軸色が十数色あってゼリービーンズのようだった。軸長はシャツのポケットの深さと同じ127mm=5インチ。といっても実際にポケットに収まるのはクリップ基部から軸先端までの109mm。

 ノック時の作動音は回転式に及ばないものの小さく、その感触は柔らかい。替芯交換するにはノックボタンを回して外す。
 849の口金と替芯先の直径差は0.05mmもないがしかし、繰出し式ボールペンの宿命である芯先のぐらつきは起こる。対処法は替芯先にテープを巻くなど。
 替芯価格は1000円+税。加筆訂正している2009年現在1100円+税。百円油性ボールペンが筆記距離1000m前後(替芯価格60円ほど)であることを踏まえれば長い筆記距離も相殺される価格だ。
しかし大容量替芯にしては珍しく緑インクが輸入され、赤F(細字)もある。パーカーですら赤はM(中字)しかない。 [カランダッシュ オフィスライン849]の続きを読む
  1. 2007/07/10(火) 08:19:58|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2