アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

モンブランクラシック221,320第二回


上から320吸入式、吸入式インクタンク、両用式カートリッジ受け

左吸入式(ピストンとインクタンク前面)、右両用式(カートリッジとカートリッジ受け前面)
この透明部品は首軸と胴軸を繋ぐ役割を兼ね、首軸側は同形状のためペン芯を共用できる。
またノブレスと異なり吸入器は新旧双方を利用できる。
 60年代二桁では吸入式と両用式とでペン芯後部のインク導管径が異なるが、70年代では共用できるよう同径となってペン芯後部が細く突出し、合わせてピストン前面中央が凹んでいる。これはアウロラのリザーブタンクと同構造。
 インクタンクは胴軸に糊付けされており、ロットリング洗浄液等に浸けたのち分解する。

70年代クラシックの鞘は全て嵌合式、軸側のワイヤが鞘側の溝に嵌り込む。
モンブラン樹脂は全般的に脆く画像上のように鞘側が割れたりワイヤを支える樹脂部品が割れたりする。
60年代と同様70年代でも鞘は金属製に分がある。 [モンブランクラシック221,320第二回]の続きを読む
  1. 2007/09/30(日) 22:26:33|
  2. 万年筆Fountain pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンブラン クラシック221,320第一回


1960年代から70年代へ移るとモンブランは二桁を製造終了し"クラシック"シリーズを一新した。
現在のモンブランクラシックとは違い、二桁を原型にニブと首軸の輪郭が連なる製品群。機構は回転吸入式と、品番末尾にPがつく両用式。
 この70年代クラシックは、二桁を三桁へ拡張した百番台から五百番台までの品番を持ち、他に四桁の貴金属軸製品があった。
18kニブ、山型帯金
二百
14kニブ、二連/一連帯金
三百
14k又は鉄ニブ、一連帯金
四百
鉄又は14kニブ、一連帯金
五百
鉄又は14kニブ、帯金なし
また六百番台のジュニア(Soennecken製)がある。
今回紹介するのは221(初期後期)と320(初期後期)と少し。
 二桁では万年筆の軸が大小あったが70年代では統一され鞘も嵌合式のみとなった。百から三百はニブ形状によって初期後期に分かれ、帯金刻印は初期はMONTBLANCと品番、後期はGERMANYが追加された。但し両方が混合した過渡期の製品もある。

※622のOEM元はsoenneckenではなくreformだった。→万年筆評価の部屋 [モンブラン クラシック221,320第一回]の続きを読む
  1. 2007/09/30(日) 22:25:14|
  2. 万年筆Fountain pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィッシャー ブレットEF-400とマグナムブレット2010 Fisher Bullet EF-400 and Space pen 2010 "Magnum Bullet"

fisher space-pen bullet:Amazon.co.jp検索
フィッシャー ボールペン替芯:Amazon.co.jp検索
替芯に付属する白いPOM部品は、パーカーペン軸に換装するためのアダプタ。フィッシャーPR芯はパーカー芯(JIS油性G2型)代用品だったのである。一方通行なのでパーカー互換ではない。


 MOMA永久収蔵品でもある"ブレット"(画像上)はNASA制式採用品として名高い加圧式替芯PR4Fを装備し、名前通り弾丸形状の鞘式油性ボールペン。
真鍮にクロームを鍍金し、キズに強く何度か落としたが剥がれず現役。鞘は金属板プレス品で変形しやすそうなため扱いには注意。
This capped ballpoint pen (above) is installed a pressurized refill "PR" which famous as NASA adoption. And it's the MOMA permanent collection which is formed according to the name, "Bullet".
A cap made of chrome-plated-brass which scratch-proof. In fact, this is on active despite I had some dropped it on the asphalt pavement. Only that it be care to a cap which thin pressed-part may deform.
 1996年に発売された"マグナムブレット2010"は同じくクローム鍍金された鞘式油性ボールペン。使い捨てながら直線筆記距離56,328m(35マイル)と驚異的なインク容量を持ち、2010年までに使い切ったら新品と交換すると保証、通常なら80年はもつとフィッシャーが豪語する限定品。
字幅は太字のみ。量産品よりインクが薄く筆跡が掠れやすい。
It is a capped and chrome-plated ballpoint pen the Space pen 2010 "Magnum Bullet" that was limited model and was produced in 1996. The pen has huge ink reservoir that has marvelous writing distance 35 miles (or 56,328 m) despite a disposable. The company boast that you keep writing by 80 years usually, and they guaranteed that will exchange a brandnew Space pen 2010 if you write out before the 2010.
A ink colour is black only, and a tip size is bold only, a fine tip size seems to couldn't resists to very long distance writing probably. It has a tint of the ink is paler than PR refill, and the writing line isn't so clear.

マグナムブレット前部円錐部にヒビが入るため本品は一度回収されたという。気づいてみればこれにもヒビがあるが使用上問題ない。このヒビは量産ブレットの前軸にも現れた。
マグナムブレットはその後ミレニアム、マーズ等と名を変え再発売されたが、この問題が解決されたか不明。ミレニアムを見る限り変わったようには見えない。
According to so-and-so, the company recalled the Space pen 2010 once due to crack on the nose. Although I aware to crack on a my 2010 also, there is practically trouble-less.
It's obscureness whether this problem was solved, though the company had reproduced the 2010 that renamed to the "Millenium" or the "Mars" after. [フィッシャー ブレットEF-400とマグナムブレット2010 Fisher Bullet EF-400 and Space pen 2010 "Magnum Bullet"]の続きを読む
  1. 2007/09/23(日) 15:47:02|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーバーカステル TK9500

ファーバーカステル 芯ホルダ;Amazon検索
 2mm芯ホルダで芯を削らずに日本語筆記を続けるのは難しく、携帯には向かない。スケッチ兼用ならともかく、携えるにはやはりシャーペンかボールペン。だが2mm芯を常用し始めると、携帯向きのクリップつき短軸芯ホルダを欲し始め、ファーバーカステルTK9500にも目が向くようになる。

 8φ八角軸は軸長133mmと短いが130mm長芯を収められる、しかし先細りのため握把が細く長時間使用には向かない。
 ねじ留めされたクリップを外せる。クリップ基部から尾部まで20mm強ありフラップつきポケットには収まりが悪い。簡易芯研器及び芯硬度表示ナシ。
芯研器は純正52/40のほかステッドラー502が合う
[ファーバーカステル TK9500]の続きを読む
  1. 2007/09/10(月) 07:08:55|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0