アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ラミー スクリブル L185A


スクリブル:Amazon検索
 1990年代末に発売された寸胴な.7mmシャーペン。φ14(最大軸径)×121mm, 23g, 突針ナシ、筆圧吸収機構つき。
※2015年3月17日追記;他社替芯も適合。パイロット カラーイーノでは芯繰出し量が増えることがあるが、それでも書ける。

 本品は既存のシャーペンユニットに紡錘形軸を被せたもので、口金を外すともう一つ口金が現れる。内部の口金はフルスライドスリーヴだが、二重口金の都合によりスリーヴが常に2.5mm出た状態にある。そのため残芯は長い。
 私有品の筆圧吸収機構は早々に壊れたため、輪切りにしたアルミ管を内口金にはめて封殺してある。
 通例、クリップは転がり止め兼用、しかしこれの場合その機能は低く転がり易い。艶消し軸だが滑り止め効果は全くない。
 同名の3.15mm芯ホルダに比べておざなりに設計された印象が拭えず、筆記用としては芯先が短く感じられる。しかし極端に軸を短く持つ者には好適だろう。
 月三回更新は今回まで、次回から不定期更新になります。
  1. 2009/03/30(月) 06:30:00|
  2. ┣シャープペンシルMechanical pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーバーカステル グリップ2001トリオシャープナーボックス 183800

ファーバーカステル FC-101 : Amazon.co.jp検索
ファーバーカステル グリップ2001:Amazon.co.jp検索
ファーバーカステル アートグリップ:Amazon.co.jp検索


 同社グリップ2001鉛筆に外観を合わせた三穴型鉛筆削り。鉛筆と違い、これの黒点は単なる印刷。色違いで赤と青がある。幅46.4×高さ66mm、32.5g、中国製。
 中央から開けると差込穴が三ツ現れる。蓋を開閉すると全体の形が大きく変わるため、閉め忘れを防げるだろう。閉じているなら振り回しても削り屑が漏れないが、開くと細かい削り屑がはらはらと落ちる。
蝶番部は樹脂を折り曲げただけのもので、材料は優れて強靭なポリプロピレン。
上側COLOR GRIP
φ7.9、切削角度約30°、色鉛筆用
色鉛筆は芯が太く折れ易いため、鈍角に削る。
下側UNIVERSAL
φ8.2、約25°、墨芯鉛筆用
舶来より太い日本製も入る。
φ10.7、約30°、太軸鉛筆用
同社2530N(φ10)も削れる。これで削れないのはKoh-I-Noorトリオグラフ1830(φ11.9)くらいか。
刃はドイツ製。削り味は悪くない。

上下を覆う部品が削り屑受け。外すときは「背」側から。
削り屑受けをずらして嵌めてしまうと、開ける方向を見誤って蝶番に負担をかけるので注意。

 三穴ということもありこの種の鉛筆削りとしては大きいが、卓上用ではなくやはり手のひらサイズ。電動やら手回しやら数多の鉛筆削りがあるなかで、今なおこの大きさが生産されるのは学校に持ち込めるようにだろうか。
 今どき鉛筆もないもんだと、文具マニア以外の多くの人間が思うところだが、初等教育には鉛筆が最適なのだそうだ。しかしドイツでは近年、1.3mm、1.4mm、3.15mm等の太芯シャーペンも使われるらしい。
1.4mm芯を世に出したファーバーカステルも、学童には基幹商品である鉛筆を推奨していることがグリップ2001シリーズから窺える。
  1. 2009/03/20(金) 06:30:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーバーカステル グリップ2001


【FABER-CASTELL/ファーバーカステル】グリップ2001鉛筆(硬度:H)

【FABER-CASTELL/ファーバーカステル】グリップ2001鉛筆(硬度:HB)

【FABER-CASTELL/ファーバーカステル】グリップ2001鉛筆(硬度:B)

【FABER-CASTELL/ファーバーカステル】グリップ2001鉛筆(硬度:2B)

ファーバーカステル 鉛筆 250周年記念限定缶 144本セット 117073 グリップ2001 19P117073 (15840)
万年筆・ボールペンのペンハウス - Yahoo!ショッピング

【FABER-CASTELL/ファーバーカステル】Grip SPARKLE/グリップスパークル鉛筆(ローズ)

【FABER-CASTELL/ファーバーカステル】Grip SPARKLE/グリップスパークル鉛筆(ピンク)

【FABER-CASTELL/ファーバーカステル】Grip SPARKLE/グリップスパークル鉛筆(ペトロールブルー)

【FABER-CASTELL/ファーバーカステル】Grip SPARKLE/グリップスパークル鉛筆(ピスタチオ)
ブンドキ.com Yahoo!店

 今世紀に入ってから三角軸が流行しているドイツで、その先駆であるらしい三角軸鉛筆、2000年ころ発売。
φ7.9mm×175mm、芯硬度:2H-2B(Fなし)、封蝋あり(芯硬度に基づく濃淡あり)
 軸を塗装するのは装飾のほか防湿のためだが、本品は一歩進んで滑り止めのゴムを付した。表面の黒点がそれ。しかしこのゴムの軟化点は低く、体温でも真夏日の気温でも軟化する。最早亜熱帯と化した日本はこの鉛筆に厳しい。競合品ステッドラー マルスエルゴソフトは軟化しない。

 パール調の銀灰色塗装は塗膜が薄く木目が見える。製造過程での環境汚染を抑えるために水性塗料を採用したからか。
 軸材は年輪が薄く削り易く、南洋材と思われる。著名な鉛筆会社は19世紀当時のような乱伐をしておらず、同社の場合は鉛筆用軸材のためにブラジルとコスタリカで植林し、FSC認証されているという。→Wood from our own pine plantations [ファーバーカステル グリップ2001]の続きを読む
  1. 2009/03/10(火) 06:30:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0