アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ライオン事務器 ギャザ 1K

 塩ビ系消しゴムに比べ敬遠されている天然ゴム系消しゴムである。
 ギャザには塩ビ系1Pや砂消し510,練り消しもあったが、天然ゴム系は1K,2K,3K(旧品番ER-30R,ER-20R,ER-40R)三種の大きさがあり、天然ゴムに菜種油と炭酸カルシウムが添加され「ギャザ・環境」とも呼ばれた。日本製、廃番。
生産期間はライオン事務器より詳細に教えて戴いた。
ER-**R:1993年-1997年
1K,2K:1998年-2008年
3K:1998年-2003年
 売行きが芳しくないのか、陽があたらぬ場所に在庫されていた個包装品にもかかわらず、購入時から日焼けして一部硬化していた。紙巻きに覆われた部分とそうでない部分との境に変色が見られる。日焼けしていない部分から使い始めるか硬化した表面を削り取らないと字を消せない。
 フタル酸を含まない天然ゴム系が環境影響度において優れるとしても、塩ビ系とほぼ同価格のため価格競争力がなく、そして非塩ビ合成ゴム系消しゴムが投入される現在、やはり特段の優位性はない。
だが私は天然ゴム系を積極的に使う。単純にその感触が好きなのである。
 これらは塩ビ系よりコシがあり、紙面にへばりつく感触がない。消し滓が粉のように細かいがGAZAは例外的で更に消し心地はシルキータッチ、筆記用としてなら塩ビ系に次ぐ消字力を持ち、他人にも薦められる天然ゴムだ。
 高品質な天然ゴム系で私が知るのは、消し滓がまとまるラビット"オフィスR-1000ハイクラス"。消字力でこれを上回るGAZAが、製造元の田口ゴム工業の消しゴム製造撤退に伴い廃番となったことがたいへん惜しまれる。
1970年代?のライオン6006も田口ゴム工業製。福井商店はライオン事務器の旧商号。
現在のライオン消しゴム#10K,#10の製造を担当しているのはシードのようだ。
資料;ライオン事務器カタログ1998p963
  1. 2009/07/15(水) 06:30:00|
  2. ┗消しゴムEraser
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パイロット VボールRT LVK-15

水性ボールペン替芯 パイロット VボールRT レフィル 07 B × 10本 LVKRF-10F-B:Amazon.co.jp
パイロット VボールRT レフィル 0.5mm 黒 LVKRF-10EF-B 10本:Amazon.co.jp
パイロット VボールRT レフィル 0.5mm 赤 LVKRF-10EF-R 10本:Amazon.co.jp
パイロット VボールRT レフィル 0.5mm 青 LVKRF-10EF-L 10本:Amazon.co.jp

 油性を上回る生産量を示しながら、水性ボールペンは絶滅を危惧される。好調なゲルインクボールペンが統計上水性に合算され底上げされているためだ。
日本筆記具工業会:統計資料
「水性ボールペン」はいま絶滅の危機にあるのか
 元来の水性はゲル化剤を添加しておらずゲル以上に書き味軽いのに、インク特性ゆえに鞘式が主流なのがマイナーな一因と考えられ、本品はそれを解消したノック式水性である。
ノック式水性ボールペン(キャップレスローラーボール)は既にドイツで販売されており、遅きに失した感が否めないが、月間百万本出荷される三菱ジェットストリームに喚起されたパイロットがアクロボールとともに発表した対抗品。両品合わせた初年度販売目標は奇しくもジェットストリーム年間出荷数と同じ1200万本。
 欧米人は日本人と違って鞘式に不満を感じないと言われ、故国では日陰に甘んじた水性ボールペンも欧米では人気を博し、本品の場合はニードルティップや緑インクも発売されている。
 同社Vコーンの欧米名がVボール、ゴム握把をつけたのがVボールグリップ、それをノック式ReTractableにしたのが本品。つまりノック式Vコーンである。このVが何を意味するのか私は知らぬ。
 Vコーンは当初金属クリップだったが、樹脂へ変わりエコマークがついた。金属クリップの本品はやはり海外市場向けか。欧米は日本よりうるさそうだが……。 [パイロット VボールRT LVK-15]の続きを読む
  1. 2009/07/01(水) 06:30:30|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パイロット アクロボールBAB-15


パイロット アクロボール;Amazon検索
Aインキを投入しているにも拘わらず三菱ジェットストリーム登場後、パイロットが2008年に同価格で発売した低粘度油性ボールペン。軸はφ10.8(最大φ11.3)×142.5mmで成田亨的ラインを持ち、モンブランPiXより甲高いノック音を出す。ペン先のがたつきは殆ど無くゴム握把の感触も悪くない。9g。エコマーク品。替芯BRFV-10F(.7mm)/10M(1.0mm),筆記距離F:1200mらしい。
 必然ジェットストリームと比較されるが、それについては他を参照頂くとして、ここではアクロボール替芯BRFVが専用芯(独自規格)かつパイロット製でありながら三菱シグノRTに適合する点に着目したい。カフェイン依存症気味なエンジニアの雑記
これが意図的ならパイロットは替芯市場開拓に積極的と言えよう。しかし移植可能な事務用がそれ一種では大した利益になるとは思えない。そしてパイロット製品には本品以外BRFV適合軸が無い。アクロボールはパイロットの鬼子か。
 替芯に対する潜在需要がエコブームや選択式多色ボールペンによって現れ発展したことを知れば、規格外替芯の開発は疑問視される。共通規格なら多くの製品に換装でき、低コストで低粘度油性へ更新できる利点が生まれる。
これに対し、専用芯で顧客を囲い込むのが有益と同社が判断したとなれば、大量発注する法人を主客層として設定したのであり、個人向け展開例えば共通規格や同社コレト芯への展開は期待薄となる。
 もし他社への替芯換装が偶然でしかないなら、アクロボールインクとBRFV芯はこれ一代で終わる可能性すら見えてくる。 [パイロット アクロボールBAB-15]の続きを読む
  1. 2009/07/01(水) 06:30:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4