アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

パイロット クーペBCP-1SR

パイロット BRFN-10:Amazon.co.jp検索
パイロット BRFN-30:Amazon.co.jp検索

 2009年5月ごろ発売された大容量替芯を装備する1000円油性ボールペン。リクルート用と思われる。日本製。

 軸径は太めで金属製ながら表層0.5mmのみのためさほど重くなく、重心も少し前寄りで取り回し易い。金属部品は胴軸の他には口金、クリップ、ばねだけで、それ以外はノックボタン等銀色部分さえも樹脂だろう。クリップ基部を含む尾軸(+中軸)も樹脂だが、色調も質感も金属軸ときれいに調えられている。
軸色は5色、日本製文具ではもはや伝統的な自動車風金属調塗装だが、黒とシャンパンゴールドは艶消し塗装にされている。自動車風はやめてほしいのだが、クーペだからこれでいいのか?
 軸前部の点も塗装で、僅かに盛り上がっており僅かに滑り止めとなる。やがて剥がれるとしてもゴムよりは長持ちするだろうし質感も劣化しないだろう。
 幅広クリップは生地に優しく、難なくポケットに挿せる。
 出荷時のラベルには替芯として新油性インクBRFN-10Fが指定されているのに対し、付属芯は従来型油性インクBRF-10F、解せないが在庫処分というわけでもないようだ。
BRFN-10Fとその67%のインク容量であるBRFV-10Fが同じ筆記距離1200mというのも解せない。パイロットに問い合わせた際に聞き間違えたのだろうか。パーカーは6000m以上、10,000mとも言われる。
※替芯についてはクーペ第二回も参照されたい。
[パイロット クーペBCP-1SR]の続きを読む
  1. 2009/10/25(日) 06:30:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

三菱鉛筆 ユニ修正紙ホワイティア CLK-6N



 □52×10mm。表面の赤は褪色している。現行は透明容器でテープ長10m。詰替え式。
 「嘴」を上げ、裏面に糊がついた紙テープを引き出し、嘴で切って、紙面に貼りつけ覆う修正カバーテープ。転写式に対し貼付式と呼べばいいのか。
紙テープのため、尖ったペン先で書いても剥がれない。ただ万年筆用インクののりはいまひとつ。テープは転写式より厚いのに被覆力は低く、切って貼りつけるため一文字修正が難しい。
 修正テープ黎明期の遺物で転写式より優れるところは無いのだが、角張りながらも輪郭線から突起物がはみ出ないスナグプルーフなこの形はとてもよい。転写式は定着ヘラがはみ出ているものが多過ぎる。
 ぺんてるケスキーとフレンチポップに6mm幅が追加されることを、プラスホワイパースライドの販路が広がることを願うばかりである。

 本品は仮止めテープや再貼付可能ラベル用途が見出され、修正テープとして異例の25mm幅が生産されている。
※2016年2月1日追記;資料、同社カタログ1991p193
25mm幅が発売当初からあったことがわかった。

知らぬ間に販路が広がってAmazonでもホワイパースライドが買いやすくなっていた。

なんか売上に載ってた。
  1. 2009/10/15(木) 06:30:00|
  2. ┗修正具Correction instruments
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0