アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

オート 木軸ニードル NBP-15RW-T ツイスト


 ゴムや合成樹脂アレルギー(体質ではなく心因的な)が多いのか木軸製品も珍しくない世の中、パーカー型替芯(JIS油性G2型)適合木軸がある。
90°捻った六角軸に削られたローズウッドは個体差があって、大きくヒビが入った軸もあり最高級材というわけでもないのだろう。同材でウェーブNBP-15RW-Wもある。金属部は艶消し仕上げ。日本製?

 替芯復座ばねは広がっているほうが前。逆にすると作動不良を起こす。
 ニードルポイントと顔料系油性ソフトインクの特徴を持つ替芯PS-207NP(筆記距離を問合せたところ1300-1500mとなぜか短い)は日本製200円税別。JIS油性G2型のなかではかなり廉く、原型であるパーカー製の25%。更に廉い樹脂製P80-07NPは0.1mm太くてばねが合わず装填不可。また同社製同型ゲル替芯PG-205NPがある。
ペン先はニッケル製?で強度は低いと思われるも、筆圧1kgでも折れ曲がりはしない。また油性ボールペンにしては筆記角度浅めでも書ける。しかしOHTO替芯はティップ径が若干細いのか、ペン先がガタつく。
 この特徴的なニードルポイントは軸の外見と似合わず、円錐形ペン先のパーカー純正に換えるのもよろしかろう。他社製芯に換えるとペン先の揺動は減る。
画像はカランダッシュゴリアテ替芯
[オート 木軸ニードル NBP-15RW-T ツイスト]の続きを読む
  1. 2009/11/25(水) 06:30:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

モンブラン ノブレス

 モンブラン#1120と対になるボールペンと思われるが品番不明。
φ8.5×132mm,17.5g。前軸:樹脂、後軸:真鍮。
前後の軸をつなぐねじは三角ねじで異素材の組合せ、耐久性は低いだろう。重心は後ろ寄り(軸長比64%)だが書きにくいとは感じず、ノブレスにしては気取ったところがない。
 70年代ノブレスのクリップはノック機構と連動した可動式だが、これは固定されている。ノックはカランダッシュエクリドールと同程度の感触ででき、同じようにノックボタンは引っ込んだままになる。

 1978年発売らしく国名はGERMANYのみ。1980年代にはW.GERMANYが導入されるが明確な時期は不明。他のノブレス同様、ボールペンの社名刻印は万年筆と揃っていない。
 入手したのは2000年前後、替芯は90年代ものに交換されていたのか快調。その替芯は尾軸つき、ペン先(チップ)は金色。現行は尾軸が無くペン先が銀色になっている。

モンブランボールペン替芯;Amazon検索
  1. 2009/11/15(日) 06:30:30|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンブラン ノブレス1120

 1970年代末-80年代の廉価版ノブレス。廉価版ノブレスといえばSライン(スリムライン)だが#1120はノブレスに数えられている。
鞘8.5g+軸14.5g,鞘を後ろにつけて156mm,軸長比61%に重心。白ペン、両用式、吸入器付属せず。
 黒と銀の対比が特徴的な軸は当時の流行かφ9.25と細く、威厳が求められていないのが窺える。重厚さより軽快さだったのだろう。軸はつや消しだが滑りやすく、別段扱いやすくはない。鞘には空気孔があり、クリップ先端は平面的なプレス加工。
 経年により鞘の嵌合が利かなくなると聞くが、私有品は入手後十年を経て未だ機能する。

 ペン先は穂先も切割りも長いため、しなやかな書き味になるはずだが、私有品はペンポイントの仕上げが悪く、書き味は大してよくない。刻印のMBはモンブラン製を示すようだ。
  1. 2009/11/15(日) 06:30:00|
  2. 万年筆Fountain pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0