アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ゼブラ スラリ BN11


ゼブラ スラリ;Amazon検索

 油性インク中に水性ジェルインクを分散させたエマルジョンインクを採用したボールペン、品名はスラリ。さすがゼブラ、シマウマンを世に放っただけのことはある。エコマークつき。

 各社とも低粘度油性ボールペンを個性的な外見にして次世代を示していたが、ゼブラの低粘度油性ジムノックUKはこの点、完全に失敗していた。スラリは軸内側を六角形にしてプリズムとしているもののやはり控えめ、価格も百円+税。
 ほぼ一体成形されたペン軸は中央がくびれ、使い勝手にはとくに不満なく、ノックも軽く感じられる。ノックボタンは同社サラサと共用。口金は替芯交換のために外れ、ねじの締めすぎによる割れや緩みを防ぐためゴム握把と接する。

替芯EQ芯、φ3.9×111mm(ペン先径2.25mm)、JISゲルJ型派生品。樹脂玉なし。ボール径/筆記距離、0.5mm/1200m,0.7/550,1.0/450。黒赤青のほか0.7のみ蛍光6色。乾燥に少々時間がかかるが耐水紙に筆記可能。
裏ぬけはなく書き出しは擦れず、線引き以外ではダマが発生しない。ただ私有品は当初低調で、ならし運転が必要だった。インクではなくペン先の工作精度に起因するように思われる。

 EQ芯はパイロットを除く日本のノック式単色ゲルインクに概ね換装可。純正芯以外適合しないSXN250に無改造で入り、4.2mm延長するとアクロボールに、また日本製替芯を移植し易いモンブランには小改造で入る。
 インクの種類は違うが書き味や描線の太さは三菱ジェットストリームSXNによく似ており、代用が利く。あれを追い抜くのではなく伴走を目指したようだ。
1.無為2.日光曝露(約一ヶ月)
3.水(2時間浸漬)
4.アルコール(1時間浸漬)
 低粘度油性は改竄耐性が低い傾向にあるが、本品はそれを覆し他社製に優る(蛍光色除く)。とはいえ同社サラサインクには及ばない。修正テープへの滲出は今のところ見られない。
追加画像

 目新しい技術を用いながら新奇さに乏しく、マニア以外は冷ややかな反応を示すように思えたが、他社製より低い価格と蛍光インクが奏功し歓迎されている。但し先行の三菱SXN150は量産効果により実売百円強になっている。
 本品に用いられている油中水滴型エマルジョンインクはプリンタ関連技術だという。パイロットの熱変色インクももとはプリンタ関連技術と記憶しているが、帳票類もプリンタ出力が主流となり、手持ち筆記具が二線級となったことがここでもわかる。

関連記事
ゼブラ スラリ300

ゼブラ ZEBRA スラリ0.7 BN11【メール便可】 全12色から選択
ビッツ&ボブ Yahoo!店 - Yahoo!ショッピング

ゼブラ ZEBRA スラリ0.5 BNS11【メール便可】 全6色から選択
ビッツ&ボブ Yahoo!店 - Yahoo!ショッピング

ゼブラ ZEBRA スラリ1.0 BNB11【メール便可】 全3色から選択
ビッツ&ボブ Yahoo!店 - Yahoo!ショッピング


ゼブラ ZEBRA EQ-0.7芯 REQ7【メール便可】 全3色から選択
ビッツ&ボブ Yahoo!店 - Yahoo!ショッピング

ゼブラ ZEBRA EQ-0.5芯 REQ5【メール便可】 全3色から選択
ビッツ&ボブ Yahoo!店 - Yahoo!ショッピング

ゼブラ ZEBRA EQ-1.0芯 REQ10【メール便可】 全3色から選択
ビッツ&ボブ Yahoo!店 - Yahoo!ショッピング
  1. 2010/06/30(水) 06:30:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ステッドラー408スプリント

 ペン先を出したままポケットに挿して服を汚すことを防ぐため、キャップレスローラーボール(ノック式水性ボールペン)は何らかのポケットセーフ機構を具えている。
 ステッドラー408はクリップを持ち上げるとノック解除するクリップリリースを採用、加えて替芯を従来と前後逆に配置してペン先を上向かせ、ポケットに挿す過程でもペン先が生地に触れない。

 2000年頃発売、φ13×143mm(筆記時),ドイツ製?
替芯は前後動せず、前軸が前後動する。片手でクリップを操作してノック解除するのは難しいが、ポケットに挿すとあっけなく引っ込む。クリップ自体は弾性変形するありふれたもの。
 本品のクリップ付け根から軸端までの長さ(ポケットに収まる長さ)は120mm,シャツのポケットの深さ5インチ前後に合わせたと考えられる。このクリップ付け根から軸端までの長さを業界ではなんと呼ぶのかご存知なら教示されたい。

 後軸の一部を押して前軸を外し、替芯交換する。前軸留めは小さく一ヶ所のみ。筆記時、ペン先は揺動しないが、前軸周りが軋むのが不快であり心配。購入後十年程になるも私有品は使用頻度が低く耐久性は不明。

 替芯455 19はφ8×110.5mm,JIS水性C型芯より2mmほど太いが、それら(ロットリングR074 536,パイロットLVKRF-10,及び近似型であるゲルL型LG2RF-8,LFBKRF-12及び30等)を装填可。ラミーM66不可。筆記距離不明、直径から考えて他社製以上か。インクの耐水性は低め。モレスキンでは滲むも裏ぬけは殆ど無い。
スプリングティップ等乾燥防止機構は無い模様。LNシン25と同じく現在は旧式化したノック用水性替芯。年月を経て線が途切れるがまだ書ける。そして書き味は良い。 [ステッドラー408スプリント]の続きを読む
  1. 2010/06/10(木) 06:30:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0