アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ラミー ロゴ第二回L204BK,L204M-RD

軸色が赤だろうが白だろうが付属芯は黒Mです。但し並行輸入品では青Mの場合があります。
ラミー ボールペン ロゴ プラスティック ブラック L204M-BK 正規輸入品:Amazon.co.jp
ラミー ボールペン ロゴ プラスティック レッド L204M-RD 正規輸入品:Amazon.co.jp

ラミー ボールペン 替芯 ペン先F(細字) レッド LM16RD F 正規輸入品:Amazon.co.jp
ラミー ボールペン 替芯 ペン先M(中字) ブルー LM16BL M 正規輸入品:Amazon.co.jp
LAMY替芯 M16 ブラックB(太字)LM16BK/B:Amazon.co.jp
LAMY替芯ブラックF(細字)LM16BK/F〔正規輸入品〕:Amazon.co.jp

 前回のロゴ206と違い、204Mは樹脂軸+可動式金属クリップの正規輸入品。軸色4色、口金とノックボタンはつや消し。赤軸はサファリ赤軸と同色。ドイツ製。
色軸は固定樹脂クリップのみだったが2010後半から本来の金属クリップも輸入され始めた。樹脂クリップは204ではなく272と思う。


 樹脂製胴軸は軽く、強度確保のため金属軸より肉厚で先細り、口金以外に継ぎ目が無く、幅広溝の滑り止めも効果的。ただ口金が長く、ペン軸を極端に短く握る者には合わない。
 クリップとノックボタンが一体化した形式では、ノックするたび上下動するクリップが疎ましく感じられるものだ。本品も例外ではないうえノックが重く650g以上あるが、ノックボタン断面積が大きく移動量は短め5.5~7.5mmでさほど悪くない。
余談だが本品の設計者は後年、極端なクリップ一体型ノックボタンのティポを設計する。
 替芯M16は口金を外して交換。勿論金属軸と共通だが、他の部品はなぜか共用できない。因みに青インクが最も良い書き味。
 他社製替芯では、パイロットBRF20、25及びBRFN30を流用できることが知られている(金属製口金の206には不適)。→Animal Sketch2009年04月19日
そのほかゼブラEQ芯を流用可能(要改造)。ラミーM16のペン先径2.2mmに対し日本製の多くがφ2.3mm、しかしゼブラはφ2.25mmのため流用し易い。 [ラミー ロゴ第二回L204BK,L204M-RD]の続きを読む
  1. 2011/01/06(木) 18:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ラミー ロゴ第一回L206

LAMYロゴ ステンレスヘアライン L206〔正規輸入品〕
LAMY M16替芯(Amazon検索)

 通販で買う筆記具は数千円が丁度いい。しかも販路が限られた直輸入品なら当ブログに最適だ。※のち正規輸入品となった。
この価格帯はアフィリエイトブログのみならず実用にもやはり適しており、またペンなんぞにカネはかけたくないが、かといって高価な腕時計と百円ボールペンなど並べられない、という場合にもこのドイツ製は有用である。
単色のほか3色及び多機能そして.5シャーペン、それに万年筆がある。1983年発売。金属軸と樹脂軸(正規輸入品)があり、この206はステンレスながら木材のような触感をもたらすヘアライン仕上げ。

 可動式金属クリップの先端には球が嵌め込まれ、ノック時やポケットへ挿す際の抵抗を減じている。ノックボタン一体型クリップは好みではないが、これには感心した。ノックは重いが、ノックボタンに指をかけ易くまたボタン移動量が短く、使いでは良い。

 何度か机から取り落とすも問題なく、保証書が無い並行輸入品でも不安がることはない。とはいえ軸の肉厚が薄く、路上で落とすことは勧めない。また口金が長くペン軸を極端に短く握る者には向かない。
替芯M16(φ6×106mm,ペン先径2.2mm,筆記距離F:9400m,M:8000m,B:6400m)。公文書仕様インク(性能は低い)、3色。付属芯は黒M。
 これの書き味がまたドイツ的で、価格に吊り合わないと囁かれるうえ書き出し擦れを起こしやすく、外見に惹かれて買った者を落胆させるという。
にもかかわらずラミー製品は人気がある。高級筆記具といえば金色をあしらった古典的耽美的な貴族趣味に偏るなか、量産化=複製技術に適したかたちは、ベンヤミンが指摘する一回性と儀式性を求めない層、そして階級闘争のような政治的歴史から離れたいと願う層に歓迎される。しかしこの様式は階級闘争と無縁ではない。
[ラミー ロゴ第一回L206]の続きを読む
  1. 2011/01/05(水) 18:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4