アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

マンモス のッ消し MNE

 部品がかっちりと合い、ブレず転写しやすいノック式修正テープ。ガタツキがないだけでずいぶん扱いやすく感じられる。
テープ幅/識別色;4.2mm/ピンク、5mm/緑、6mm/青、テープ長6m,詰替式。中国製。ノック式だから携帯向きかと思えば、残念なことにクリップがない。

 転写ヘラは撓まず転写しやすく、作動は軽いもののテープ量が減ると若干重くなる。
詰替テープを一本使い切ってもたるまなかったが、たるんだらカートリッジを取り出してテープ巻枠を反時計回りに回す。
再筆記性は良くも悪くもなく。冷温下ではテープ膜が脆くなりやすかった。
 三菱ジェットストリームSXNには、修正テープや修正液で被覆してもインクが滲出して文字が浮かびあがる短所があり、本品も例に漏れず、とくに赤インクが目立つ。
修正テープとの併用には旧来の油性かゼブラスラリが安心。
 SXN耐性を確認できた修正テープは今のところぺんてるZT200系のみ、しかしあれはテープ膜が厚い。
[マンモス のッ消し MNE]の続きを読む
  1. 2011/08/25(木) 06:30:00|
  2. ┗修正具Correction instruments
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パイロット ボトル2ペン BL-B2P


 パイロットは環境に配慮した製品群をビグリーンと称し、このB2Pゲルインクボールペンはそれを象徴する。パイロットヨーロッパのフランス工場製。2009年5月発売。
 廃PETボトルからの再生材を89.9%用いたことを視覚化、コンセプトと直結したかたちには妙味があり、奇を衒っているようにも材料の由来に沿ったようにも見える。
市場から回収した再生材らしいが、この均質さなら再生材の未来も明るい。

 ボルヴィックを模した胴軸は肉厚があって堅く、PETボトルと異なり凹まない。またゴムグリップが無い利点を持つ。
広告画像では無色透明に近いが実際には青く色づけされている。
 2011年?発売された油性B2Pは、ボトルキャップを模したノックボタンと同社Sシリーズに似た胴軸で再生材使用率が94%に増えたという。 [パイロット ボトル2ペン BL-B2P]の続きを読む
  1. 2011/08/05(金) 06:30:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0