アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ファーバーカステル2530Nと月光荘8B鉛筆


【月光荘/GEKKOSO】8B鉛筆(太軸6角鉛筆)

【月光荘/GEKKOSO】8B鉛筆用ヌメ革キャップ

【月光荘/GEKKOSO】鉛筆削り
ブンドキ.com Yahoo!店

 一方は国際的な鉛筆企業、一方は東京銀座の一画材屋から売り出されている太軸太芯デッサン鉛筆。ともに芯径4mm、黒鉛芯。
2530Nは硬度4Bのみ、φ10mm×176※2014年ころ廃番
薄く茶色に塗られた丸軸。欧州ものとしては珍しく両切り。同社#9000/4Bと比べれば、こちらの芯に脂とべたつきを感じるが気のせいだろう。
私有品は90年代末の品でFABER-CASTELL銘。品番末尾にN(Neu新型を示すことが多い)がつくことから旧2530があり、それはA. W. FABER銘だった。90年代のカタログでも旧型の写真が使われている。
そのカタログには6Bオーバル112994がデッサン鉛筆として本品と並記されているが、実見したことはない。
月光荘鉛筆は硬度8Bのみ、φ9.7mm×176
六角軸は透明ニス塗り。日本製?としては珍しく先付け(約29°)。製造元不明。北星鉛筆かキリン鉛筆か。
書き味はともによろしい、そして似ている。
 この二本に合う補助軸はリラ7170と7162、鉛筆削りならリラの木製二穴やトリオ183800など多種ある。
 夏目漱石の「虞美人草」に飴色鉛筆が登場して、真っ先に思い浮かんだのが今回の二本だったが、明治時代の小説なうえに件の鉛筆は消ゴム付きなのだった。月光荘8B鉛筆も当時は存在していない。2530はひょっとしたらありえる。

関連記事→キリン鉛筆ウッディパルジャイアント [ファーバーカステル2530Nと月光荘8B鉛筆]の続きを読む
  1. 2011/09/30(金) 06:30:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リラ プロナチューラ オフィス2515


 素材の風合いを見せるこの鉛筆は、リラ社プロナチューラシリーズの消しゴム付き鉛筆オフィス2515。消しゴム無しのオフィス2511とともに以前は公式輸入品だったような気がする事務用鉛筆。ドイツ製? フライハイトによれば中国製。
 既存品と本質的には変わらず、その外見を変えて変わったように見せているもの。方向性が異なるだけで、モレスキンに対するペーパーブランクスと同コンセプト。ともに欧風だからか両品は似合う。

φ7.5mm×189(消しゴム含む)
芯硬度HBのみ
表銘GERMANY [ロゴ]LYRA PRO NATURA Office 2515 [芯硬度]
裏銘バーコード
銘は焼き印のようなこげ茶色。
欧州ものでは一般的な、芯先が削られて出荷される先付け鉛筆。
 軸木は無塗装。木目は目立たず接合面も見えず、まるで一体成形のようで、鉛筆用としてはとても良質で削りやすい。
 消しゴム無し2511と消しゴム付き2515には同社製品とはいえ違いが随所に見られる。
木目の表れ方から樹種が違うと見え、軸木の接合面(スラットの切り出し方)も異なる。
 無塗装は湿気を吸うため鉛筆としては不適で(黒鉛芯が湿気で変質し、軸木が剥がれる)、2511は変色した。
しかし2515は変色せず、また汚れにくく、何かしらの処理が為されるようになったと思われる。
 芯質は乾いた感触で脂っこさはなく、書き味はがさがさする。このような黒鉛芯は概して色が薄いが、本品は木物語HBと同程度の濃さ。
 消しゴムは研磨剤が多く消字力が低く、使わずにいると硬化する。
この消しゴムはマルマンユーロラインノートとは全く合わないが、モレスキンでは消字力が(我慢できる程度には)増す。なるほど確かにあれはフシギなノートだ。万年筆インクとは相性よろしくないことがしばしばあるが(万年筆での書き味そのものは良い)鉛筆類とは頗るよい。
 消しゴム付きでも補助軸に装着可能。
リラ純正 不明、同型では○
ステッドラー900 25 ○
ファーバーカステルパーフェクトペンシル#9000/UFO 〇
ファーバーカステルキッズパーフェクトペンシル △金具がひっかかる
KUMブルーオーシャン 〇
クツワRH004 ○
クツワRH010 ○
カランダッシュ0453.000 × [リラ プロナチューラ オフィス2515]の続きを読む
  1. 2011/09/10(土) 06:30:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0