アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ユニオンケミカー 消シマウスHG KMHGと消シマウスHG16 KMHG16

ユニオンケミカー 消シマウスHG 6mm幅 業務用10個入 KMHG-6GP10
ユニオンケミカー 消シマウスHG 5mm幅 業務用10個入 KMHG-5GP10
ユニオンケミカー 消シマウスHG 4mm幅 業務用10個入 KMHG-4GP10

 小売店では希なユニオンケミカー製品。
・消シマウスHGテープ幅/識別色;4mm/橙、5mm/青、6mm/緑、テープ長10m。2006年8月発売。
・消シマウスHG16
5mm幅のみ、テープが増量され16m。涼やかな配色になった。2010年発売。
共に中国製、使い捨てながらGPN適合品。

 モナカ構造(左右貼合せ)の筐体には、廃棄時に分解し易くするためか隙間がある。後方の穴は謎だ。
 転写ヘラは首振りながら、力無く動く他製品と異なり、常に正位置に戻ろうとする張力がかかっており、ブレず感触がよい。
全体としては大して使い易い形をしていないが、これのおかげでテープ転写そのものは良好。
 キャップ(ヘラ覆い)つき。引っ張らずに、下へ回すようにずらして外す。取付はまっすぐ押し込み、材料特性が活かされて小気味よく嵌る。紛失しやすいのが欠点。
 歯車は2コ。たるみ取りは逆回転させにくい形。今のところたるみなし。
 KMHGは転写角度が浅いと転写むらが発生するため直立ぎみに行わなければならない。KMHG16では改善された。
[ユニオンケミカー 消シマウスHG KMHGと消シマウスHG16 KMHG16]の続きを読む
  1. 2011/11/30(水) 06:30:00|
  2. ┗修正具Correction instruments
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼブラ ワークダッシュ BA60

ゼブラ ワークダッシュ-白 BA60-W
ゼブラ JSB芯:Amazon検索
ゼブラ ESB芯:Amazon検索

 ポケットが無い服で筆記具をどう携帯するか、という命題に対し各社様々に答えてきた。ゼブラペンポッド、同ミニライトライトトンボXPA(以上廃番)、同P-fit、サンスター バインダーボール、ヴィクトリノクス シグネチャー……今回はゼブラによる直近の解答。軸色4色、2011年9月頃発売、日本製?
 尾端に脱着可能な紐通し環を設け、ナポレオン時代の参謀よろしく紐を付けて馬上でも即座に書ける。→飾緒Wikipedia
側面にも紐通し穴がある。幅広クリップは印刷面に適しノベルティ用途も察せられる。

1.外軸を左右から挟むと
2.中軸が後退し、芯先が露出、指先を離すと戻る。約160gで維持。
 握って芯先を出さなくても、示指で中軸を退げるか、紙面に押しつけるだけでも芯先が露出する。軽い力(70g)で露出するから、本品を鞄やポケット内に入れて携えると芯先が出ることがある。

 方々で言われるように、またこの説明と軸形から想像される通り、これは使いづらい。通常のボールペンと同じ感覚で使おうとすると一分で投げ出したくなるだろう。咄嗟のメモ用とはいえ初見時ゼブラの見識を疑った。
一分以内に書き終えるメモ以外に何の方途があるのかと、つらつら考えて共用品に思い至った。
 共用ボールペンは鞘が失くなったり芯先が出しっ放しにされたりする。「みんなの物を大切にする」風習は廃れたか元々無かった。
本品は自動芯収納機構により斯かる扱いにも芯先を保護し、側面の紐通し穴により盗難を防ぎ、壁懸け可能だ。
 この場合、操作法を直感的に理解されるかが問題だ。また握把は、梨地仕上げより濡れ手や油でも滑りにくい幅広溝が好ましい。 [ゼブラ ワークダッシュ BA60]の続きを読む
  1. 2011/11/16(水) 06:30:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0