アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

三菱鉛筆 パワータンクスマートハイグレードモデル SS-1001PT


 フィッシャーが1968年に加圧式油性ボールペンを発明した数年後の1971年、三菱鉛筆も加圧式を商品化したが失敗した。1980年同社はペーパーメイトの「消せる」ボールペンをケルボの名で輸入販売、これは奇しくも加圧式油性ボールペンであった。その後も続けられた加圧式開発は1982年、XYプロッタ用プリンターペンで成功する。けふこの本棚と文具の引き出しに詳しい。

 一本1200円のプリンターペンは300円のSJP芯となって、2001年パワータンクSS-1000PTに搭載され、2009年11月スマートになった。軸色6色、日本製?

 アルミ合金直筒軸に螺旋溝を施し、口金とクリップとノックボタンを付け足してボールペン芯を仕込んだそっけない日用品。ノックボタンには独立したばねがない。重心位置65mm(軸長比47%)。
 モレスキンポケットより数mm短く、細さは往時の事務用油性ボールペン並み、手帳を入れたポケットの隙間に挿せ、ゴム握把ではないため生地を引きずることもない。
クリップは固定式ながら先端が大きく、厚地にも手帳表紙にもすんなり挿せるうえ、クリップ基部には紐を通すに十分な隙間がある。
 一応は上級品ながらもったいぶった優雅さはなく実利的、年齢層を気にすることもない。ただ軸長はもう10mm短くてもいい。
口金肉厚0.6mm。メモ帳を手に持って書くとき、しばしばペンを短く持つ。そのため口金が短いが、短く厚ぼったい口金は芯先を見づらくする。
左のカランダッシュ849は芯先が鈍角ながら口金が鋭角で見易く、右のラミーロゴ206は口金の肉厚を落とさずに芯先を見易くしている。
然るに本品はどうか、と怪しんだが杞憂だった。
[三菱鉛筆 パワータンクスマートハイグレードモデル SS-1001PT]の続きを読む
  1. 2012/02/05(日) 06:30:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3