アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ウチダ 英型製図器 抱針式スプリングコンパス鉛筆 1-716-1001


*このブログはJIS非認定
 英式製図器小円用、最大作図半径約1.2インチ、発売年不明、きっと日本製。
コンパスは大が小を兼ねるシロモノだが実際には適材適所、小円にはやはり小型。

 スプリングコンパスは主に小円用コンパスの異称となっている。
脚の間に設けられた中車を回して開脚角度を調節できる仕組みを持ち、脚そのものを鈑ばねとしてブレを防ぎ、脚には関節が無い。
 これまた穂替えできず、セットものには鉛筆部、カラス口、両針(ディバイダ)の三種が組まれていたりする。
 針は英式中コンパスと同じくスティールブルーであれの針より細い。この仕上げは処理条件で色合いが変わり、本品では青紫色。

 主材料を黄銅(真鍮)とするコンパスにあって本品は殆ど鋼製。因って錆びる。手入れを怠ると中古品(外車・引針式、MARUZENブランド、製造元不明)のように錆びる。
材料委細は不明だがドラパスの同型がコバルト鋼だというのでこれも同様だろう。
 現在主流の独式スプリングコンパスは、環状の鈑ばねで脚の付け根を押さえ、脚自体にはばね性が無い。ばねがクローム鍍金され、そして大型の製品もある。 [ウチダ 英型製図器 抱針式スプリングコンパス鉛筆 1-716-1001]の続きを読む
  1. 2012/05/24(木) 06:30:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本器械工業 英式抱針 中コンパス烏口


ペン先が錆びついた中古の英式カラス口製図器を持っているのだが、これにもっと早く気づくべきだった。


 カラス口を装備、中型と呼ぶには小さな、ポケットサイズと言っていいくらいの英式製図器、全長約4インチ。
最大作図半径約3.3インチ、おそらく廃番、生産期間不明。たぶん日本製。
 英式のうえカラス口とはまさしく失われゆく近代の遺物、これが今世紀まで残っていることがガラパゴス。全く使っていないので注油して動かした。

 抱針式。針は段付き(ロウソク針)。だが中心器(針受け)を使うに越したことはない。
画像ではやや緑変してしまったが、針がブルースティールいやスティールブルーに仕上げられ美しい。ねじも同じ仕上げだがこれほど青くはない。

 烏口というペン先は線引き専用、二枚の金属鈑の開き具合で線幅を変え、一定の幅で線を引く。
ここには脚の関節と同じく鋼を入れて耐摩耗性を確保、錆びやすい部位のためかアルミ箔に覆われていた。
 カラス口の描線はロットリングに代表される製図ペンより明瞭なのだが「くちばし」の間に数滴のインクしか貯えられず線描距離が短い。
しかし,何といっても昔ながらのカラス口が一番よい。レタリングペン(引用註:製図ペン)は紙の上を滑るだけだが,カラス口は,紙に溝を作りそこにインクを流し込む機構だから,インクが紙にめり込んで墨の濃度まで加減することができるからである。
図・表・図版|地質論文の書き方|鹿大理学部応用地質学講座
私はこの人ほどカラス口を愛してはいない。またこれ以上の説明は不要に思うが「くちばし」の外側にはインクをつけない。

 本品は穂替えではないため、穂先(脚の下端)を鉛筆部と差し替えられない。従って鉛筆作図用を別に要する。 [日本器械工業 英式抱針 中コンパス烏口]の続きを読む
  1. 2012/05/18(金) 06:30:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SMZ 小文廻 鉛筆


 小文廻(しょうぶんまわし)とは小型コンパスのこと。
最大作図半径約3.5インチ。廃番、2300円、生産期間不明の英式コンパス。たぶん日本製。
 SMZは清水ShiMiZu製図器製作所を表し、SMZクラサワに改組された、と曖昧に記憶している。青い箱にSMZとあるほか刻印等なく、他社製英式製図器との違いを示すものはない。


 ニッケル鍍金は黄ばんで、硫化し始めた銀Agに似た色合いとなっており、複雑に面取りされた脚は金属の骨のようだ。関節には鋼を割り入れて補強、黝いねじはブルースティール。
 眺めるには絶好、常に机上に出しているがしかし、手に執る機会はなく離れた場所に置いてあるノギスのほうがずっと使用頻度が高い。

 鉛筆部2mm芯用。穂先(脚の下端)を外せない(穂替えできない)ため、これとは別に墨入れ用カラス口コンパスがある。大文廻には穂替え可能なものも存在する。
 抱針式。針は段付き(ロウソク針)。だが中心器(針受け)を使うに越したことはない。
 穂先は直線的、脚は曲線的に削られている。 [SMZ 小文廻 鉛筆]の続きを読む
  1. 2012/05/12(土) 06:30:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0