アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ステッドラー マルステクニコ555

 ステッドラーの製図器、製図ペン専用コンパス。これらについてはコンパスシャーペン556 93で少し触れ、同題別ブログでも取り上げており、今回の記事は焼き直しで補足的なもの。
 555はおそらく1985年に発売され、現在までに少なくとも三度変わっており、ここでは
1980年代後半の型を初期、
90年代前半型を中期、
90年代後半型を後期に分類した。いずれも前回の継足棒556 80を連結可能。
2000年代以降の型つまり現行品は製図ペン専用ではなくなった。
初期
作図半径約163mm、製図ペンの後部ねじと連結。凹ねじ径9.4mm。谷径が狭く、ロットリング製品をねじ込むとそのねじ山を0.1mm削るものの互換性が一応ある。
特許ロック機構を具える。金色なのは創立150周年記念だからだ。通常品→Drafting Catalogs: Staedtler Mars, 1985 | Leadholder
中期
作図半径約169mm(カタログ上175mm)、製図ペン前部ねじ連結。凹ねじ径9.4mm。谷径に余裕ありロットリング製品を装着可能。但しねじ開始部が奥まっているため、噛み合わない場合がある。
全長はやや短くなったが二叉脚(フォークレッグ)が長くなり、結果作図半径もやや大きくなっている。
このコンパスは美しい。英式製図器のような複雑さではなく装飾なき美しさ。
後期
1995年頃発売。作図半径約168mm(カタログ上175mm)、製図ペン前部ねじ連結。凹ねじ径9.5mm。これもねじが奥まっている。ねじ山角がロットリングと少々違うのではないかと感じるのだが測定できず不明。
二叉脚が短く、装着した製図ペンを直立させられず全長もさらに短くなったが開脚角度がやや大きくなった。
またロック機構が他社も採用するレバー式へ変わった。レバー式は常にロッキング状態にあり、脚を開閉する際レバーを押したまま行う。
[ステッドラー マルステクニコ555]の続きを読む
  1. 2012/07/24(火) 21:00:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ステッドラー 継足棒 556 80SKと556 80TSK

 ボウコンパスbow compassという大型コンパスがある。
脚の間に横木のようなねじ棒を据え付け、ねじ棒を回して開脚角度を微調整する。のだが、それがために開脚が制限され、大コンパスにもかかわらず作図半径が中コンパスより小さい。
ロットリングRT-531 147を見れば他社製品でも事情が変わらぬことがわかる。
 この欠点を補うのが継足棒(延長棒)、作図半径を130mm以上伸ばす。
 ステッドラーの大コンパス用継足棒にはなんと二種ある。

・556 80SKは2000年代初頭まで存在。1500円。カタログ上全長16cm、作図半径を137mm伸長(カタログ上130mm)。頂部ねじをゆるめれば針部を滑動可能。
針は段付きで短く2mm径。右側の両端が尖っている針はコンパス付属のもの。

・556 80TSKは1990年代前半まで。2800円。伸縮式。カタログ上全長26.5cm、作図半径を135mm⇔250mm伸長。
操作法は566 80とほぼ同じ。コンパス連結部付近のねじをゆるめれば伸縮可能。
留め方が異なるが針自体も同じもの。私有品は針先が欠けた不良品。

 品番末尾に付くSKは箱入り単品売りを示し、コンパスセットに含まれる場合には付かない。 [ステッドラー 継足棒 556 80SKと556 80TSK]の続きを読む
  1. 2012/07/18(水) 21:00:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロットリング コンパスカッター R538 230


 今月もコンパスアクセサリ。来月には売上が良さそうなボールペンを紹介しよう。

 コンパスの穂先に取り付けられるものは筆記具のほか、紙を切り取るカッターアタッチメントがある。独名Messereinsatz;英名Cutter insert。発売年不詳、たぶんドイツ製。
φ4mm穂替式コンパス/製図ペン専用コンパス共用。
 カッター直上から力をかけて切るということが本品では行いにくく、数度なぞる必要がある。
たぶんオルファやntのサークルカッターのほうが使い勝手が良いと思うのだが、刃厚はこちらが薄い。

 取付ねじは製図ペンのそれと同じくφ10.15mm。コンパスのほかイソグラフ等の胴軸に取り付けられ、手持ちカッターにもなる。ねじ部から刃先までの長さが製図ペンより0.5mm短く、刃を覆う鞘が無いので注意。
 刃先が尾鰭のような形をし、コンパス回転方向に沿って回る。
刃が回るように調整ねじaを緩めておく。
ねじは二連になっており、ねじbも緩めるとねじaを緩めた位置で押さえる。
 刃先が回転方向に沿うといってもコンパスを反転させると引っかかる。一方向に回すのがいいようだ。

 画像左の製図ペン専用コンパスと本品は螺合するため、刃先があらぬ方を向くことがあり、刃を回して向きを合わせる。これのために刃を固定しない設計にしたのだろう。
コンパス芯ホルダの平研ぎされた芯先に似た事情。
[ロットリング コンパスカッター R538 230]の続きを読む
  1. 2012/07/12(木) 06:30:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0