アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

モレスキン パノラマダイアリー/プランナー2012


 文具マニアたる者、数冊は手帳を買ってしまうものだ。いわゆる手帳病だが私はせいぜい五冊である。
2012年、そのうちの二冊はモレスキンポケットであった。パノラマダイアリー/プランナーとウィークリーダイアリーで、パノラマを使っている。

 パノラマはソフトカバー、144ページ、糸かがり綴じ、4ヶ所綴じ、9折り丁合、しおり一本つき、ステッカー3枚つき。メモページあり、住所録なし、月間ブロックあり。中国製。
週間ページは縦に開き、見開き一週間ヴァーティカル、平日13行(8時-20時)+1行、土曜7行、日曜6行。罫線や文字は灰色一色で印刷され色分けなし。
 土日欄が小さくまた月名表示である部分が不満点。右下の月暦を右上に移して土日均等にしたらいいんじゃないか。縦開きは気に入った。
 ソフトカバーはページを開いても反発力で閉じてしまう。当初は無かったがソフトカバーの背にも隙間ができる。

 モレスキンの利はハードカバーにあってソフトカバーにはないと思っていたが、胸ポケットにはソフトカバーがよいということにリコレクションを使っていて気づいた。
 その際気になるのは机がなくとも書きやすいか、であるが、ページ数が多く表紙に少々の堅さがあれば、1ページめの書きやすさが失われる程度で済む。
本品はダイアリーだから巻頭に月間ブロックや時差表、度量衡換算表、mm:インチ尺など31ページを割いており、大きな不利にはならない。
また表3(裏表紙側)に備わったポケットが、ソフトカバーを実用上のハードカバーにしている。
 それでも鞄内に収めるなら、閉じると板状になるハードカバーだと思っている。とくに背嚢などではあちらが取り出しやすい。
ところが、胸ポケットに入れれば背嚢を背負ったままでも網棚に置いたままでも取り出せるではないか、というわけで数行前へ戻る。
[モレスキン パノラマダイアリー/プランナー2012]の続きを読む
  1. 2012/09/01(土) 06:30:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1