アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ゼブラ F-301A

油性ボールペン替芯F-0.7【黒】BR-1B-F-BK
ゼブラ ボールペン替芯F-0.7芯 黒BR-1B-F-BK 10セット

 ステンレス外装と合成樹脂グリップの内側に金属製替芯を装備し、1980年代に発売されたらしい油性ボールペン。当時はおそらく日本製、現在はたぶんインドネシア製。
 公称寸法φ8.5mm×130.4mmよりやや短い、のみならず現在主流のボールペンからしても短い、というより小さい。
その点、筆記性を前面に据えていないと思われるが、かといって替芯の書き味が悪いわけではなく、むしろ旧油性ボールペンとしては優れており、この組合せはカランダッシュ849及び同エクリドールにも見られる。
 長文筆記の主流がキーボード入力へ移ったというなら、筆記性と携帯性の両立を目指したこの種の古い設計思想をここで再評価しようじゃないか。

 軸径はパワータンクハイグレードをちょっと太くしたくらいで、手帳を入れたシャツのポケットの隙間に収まり、ディテールが少々甘い樹脂グリップも、手帳のペン差し等への挿しやすさと、筆記時の「痛くない」滑り止めを両立している。金属製ローレットが苦手な人々も安心だろう。
 クリップ基部から上に23mmあってポケットから取り出しやすく、軽量でワイシャツのポケットをよれさせない。反面、蓋付きポケットに合わないのが残念だ。

 樹脂グリップに対し口金は内部も金属、重心位置53%(68mm)ながらやや前重心に感じる。また口金と替芯芯先との接触面積が長く、双方の間に隙があるものの芯先のガタツキが無いに等しい。
 グリップ兼前軸(下軸)を回して外し替芯交換。ねじは凹凸とも樹脂製、異材では一方の摩耗が早まることがある。 [ゼブラ F-301A]の続きを読む
  1. 2012/12/18(火) 06:30:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8