アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

サンフォード ターコイズ02022(10C)


【SANFORD/サンフォード】TURQUOISE 10C / 2ミリ芯ホルダー

ブンドキ.com Yahoo!店



ステッドラー ホルダー芯2mmマルスカーボン12本入・4H 200-4H:Amazon.co.jp

Amazonのステッドラー芯4Hの画像が2013年4月現在、なぜかターコイズ芯。注文して本当にターコイズ芯が来たらどうしよう。他の硬度も入荷してくれないか。※後日Amazon.co.jpに注文したら届いたのはステッドラー4Hだった。そりゃそうか。
新自由主義と自由貿易は分離可能なはずだから、ターコイズ芯を輸入販売したらいいのに。
硬度範囲6H - 6Bでステッドラーと三菱がもう生産していない硬度があり、たぶん軟芯が売れる。

 トルコ石色の長軸2mm芯ホルダ。たぶん日本製。
ターコイズエレクトロニックHB芯1本付属、簡易芯研器内蔵。適合芯研器ステッドラー502、ロットリングR505 250N緑差込口、ダーレ301等。
a)本品
b)三菱ユニホルダーhttp://nanos.jp/schzkr/blog/1/4/
c)トンボH200PA
d)ステッドラー780C
e)ファーバーカステルTK9441
f)同TK9400
g)リネックスLH1000
 軸径が細く、鉛筆を金属ローレット化したと表現するにふさわしいシロモノ。さすがに鉛筆ほど軽くないものの、角が立った滑り止めと前重心が、多方向から行うハッチングに役立ち、長軸もスケッチに適する。
 これは良品、逆輸入のため多少高価いが買って損は無い。
しかしカランダッシュ77やステッドラー780C、三菱ユニホルダーでも十分であり、わざわざこちらを選ぶには何らかの理由が要るだろう。

 今月は芯ホルダ関連ばかりだったが来月も芯ホルダ、ステッドラー782Cと同787C。12の倍数日に更新予定。
[サンフォード ターコイズ02022(10C)]の続きを読む
  1. 2013/04/29(月) 06:00:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーバーカステル 184000(52/40)雑記

 ファーバーカステル52/40の図を書いて該記事に追記した。
◇今回初めて芯ホルダで作図し、点を直線で結び、点に線を通す作業を繰り返す製図では.2mm芯や.3mm芯より尖らせた2mm芯を快適に感じた。そしてクリップを外したファーバーカステルTK9441も製図に快適だった。
定規を置く位置も、シャーペンと異なりスリーヴ(ガイドパイプ)の厚みを考慮せずギリギリまで点に寄せられる。芯ホルダが製図用シャーペンに駆逐されなかったのは各社の営業努力のみならずその鋭利な芯先ゆえだろう。

列挙する品名は芯研器。
a)ファーバーカステル184100
b), b')ファーバーカステル184000(52/40)
c)ステッドラー502
d)ロットリングR505 250N [ファーバーカステル 184000(52/40)雑記]の続きを読む
  1. 2013/04/27(土) 21:20:33|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーバーカステル 184000 ホルダー用芯研器ロータリー式

 旧品番52/40。品番はスラッシュで区切られたりハイフンでつながれたりする。2000年?廃番、ドイツ製、2900円。値上げ前2200円。クリーニングパット6+1コつき。
別売りクランプ185200, 旧品番52116, 500円(1990年代半ば廃番)
及び替えパット736611, 6ヶ100円(1998年以後カタログ掲載)があった。
 これは良品、しかし同社の芯ホルダを扱っている店でもバケツ芯研器といったら圧倒的にステッドラー502、たまに大型やロットリングがあるくらいで本品は珍しかった。つまり売れていなかった。実際、積極的に選ぶ理由が無い。1990年代後半でも旧々ロゴが使われ続けたのは金型更新するほど生産されなかったためだろう。

 研削角度約17°-19°。昨今の鉛筆削りに較べれば十分鋭角ながら2mm芯研器としてまた製図用としては鈍い。しかし筆記用としてはむしろ好いかもしれない。
鋭いことは脆いことだから、限界まで尖らせても、紙面にあてただけで芯先が欠けてしまうのではその行為に疑問が生ずる。
 それでも尖らせたいのがヒトの欲望だろうか。芯ホルダはその欲望を叶えるのに向いており、一般的な鉛筆削りの切削角度約24°より鋭い約17°前後に研削可能、その芯先は.2mmシャーペン芯より細く尖り.3mmシャーペンなどでは満足できなくなるだろう。この尖端鋭角闘争史こそ知られざる人類史!
[ファーバーカステル 184000 ホルダー用芯研器ロータリー式]の続きを読む
  1. 2013/04/22(月) 18:00:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーバーカステル 51/2やすり

 鉛筆等の芯を削る画用やすり。紙やすり荒目9枚、細目10枚とスポンジを板にはりつけたもの。削り粉を拭きとるスポンジは古いため入手時すでに崩壊していた。

 この珍しい変種は意外にも伝統的で、黒鉛芯をやすることは19世紀から行われ、先付け鉛筆(芯先を削って出荷した鉛筆、欧州ものに多い)もやすりで削られている。
多くの技術者や建築家、製図家たちが、(略)そうした人びとは、一般に芯はサンドペーパーで研ぐので、ナイフでは木の部分だけを削って、芯は削らないように注意していた。芯まで削ってしまうとナイフの切れ味が悪くなるだけでなく、芯にも傷がついて折れやすくなるからだった。やり方はさまざまであっても、一九二五年の教科書に書かれたような以下のことがらは例外というわけではない。「鉛筆を正しく削るには、木の部分だけにナイフを使います。木の部分を一インチ以上削りこんで、芯のでている部分が八分の三インチになるようにしましょう。芯を研ぐにはサンドペーパーかエメリー(金剛砂)クロスをつかいます。指にささるぐらいまで研ぎましょう。」
「鉛筆と人間」(H. ペトロスキー、晶文社、1993)p283-284
一八九七年になってA・W・ファーバー社は、ヤスリを木片に埋めこみ、隣にフェルトの小さな切れ端のような「拭きとり面」をつけた「芯とぎ器」を発売した。この美術用芯とぎ器は、すでにディクソン社からだされているものに似ていた。
前掲書p279

 鉛筆を削るのに手っ取り早いのは刃物だが、黒鉛芯を限界まで尖らせるにはやすりが適しており、コンパスの芯先も鋭利にでき、2mm芯をやすり回転式芯研器で研ぐと.3mmシャーペンより細い線を描ける。
逆に芯先を尖らせないよう注意するのがマークシート試験。時間節約を要求されるなら太芯を選ぶのが最適だろう。

 現行品番185100 日本ではセット売りのみ。画像のものはピットモノクローム グラファイトセット(缶入)112965から。
PITTグラファイトクレヨン129900も当初は別売りされていなかった。全芯鉛筆2900は以前からあった。

関連記事
アルヴァン ジップポイントNo.3436


【KOH-I-NOOR/コヒノール】紙ヤスリ型芯研器/4900

ブンドキ.com Yahoo!店
鉛筆と人間The Pencil: A History of Design and CircumstanceThe Pencil
  1. 2013/04/22(月) 12:00:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーバーカステル 186600ハンディ芯研器

 描画とマークシートに好適な3.15mm(3.2mm)芯用芯研器のなかで、最も一般的な卵形。おそらくドイツ製。
誰もが感じているはずなのに誰も言わないのでこの機会に言わせていただくが、これは卵形ではなく、ふいご形とかくさび形ではないか。

 私はこの芯径で筆記も行うから芯研器を用意して頻繁ではないにせよ使っている。
 簡便に扱える芯研器はこの刃式削り(と呼べばいいのか?)よりやすり式回転式バケツ型だと重ねて主張したいところなれどバケツは携帯用ではなく3.15mm用でもない。それどころか単体の3.15mm用芯研器などラミーabc旧型おまけ以外見たことなく、本品も2mmと抱き合わせた二穴型。
 実のところこれくらいの太芯になると刃物で削ることもでき、芯研器が必需でもなければ本品が完璧な製品でもないが、不満もあまりなく、私は2mm/3.15mm両用芯研器を(現行品に限れば)これしか使っていない。もちろんminfix50/65が再生産されるかそのレプリカが造られたら飛びつきます。

 11.7mm長×6.5幅×0.75厚刃を二枚、取付角度を違えて台座にねじ留め。どちらも芯を12mm以上出して削る。
削れ味はまあ良くて労せず削れる。3.2mm芯も実寸3.15mmだから削れる。ノック式2mmも削れる。

 2mm用と抱き合わせなければ売れないといえども本品は3.15mm用が主役だから2mm用が偏心している。
上蓋ロゴを側方に向かせれば(上画像左下の状態)指の間で穴がほぼ中心に位置し、違和感なく芯を回せてしかも条痕が現れにくくなる。また研削角度がやや鈍く約18°になる。 [ファーバーカステル 186600ハンディ芯研器]の続きを読む
  1. 2013/04/22(月) 06:00:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M+R 小型芯研器0314

 メビウス+ルパート公式HPによればミニ ミーネンスピッツァアmini Minenspitzer、品番0314 0000。ドイツ製?
 10mm長×6.5幅×0.75厚刃。芯を10mmほど出して削る。
大した削れ味ではないが、ちゃんと削れるし大人の鉛筆等ノック式2mmでも芯が空転しない。
おそらくは、同社がかつてファーバーカステルに提供していた芯削り50/41を更新した製品。芯挿入孔もφ2mmであれと変わりないと思えば、やや鈍角に削れた。それでも円錐高6.5mmあって研削角度が計算上17°32′ほど、回転式芯研器並み。

 50/41と較べれば、材料節約され少しだけ軽い(量りきれなかった)。またやや鋭角に刃付けされている。刃が一応互換。
 芯研中に芯が折れた場合の排出方向に違いが見られ、本品やファーバーカステル50/41は側方に、同184100(画像手前)は裏側へ排出。
*芯ホルダや芯硬度を統一していない。また鋭角に削れるものはなるたけ鋭角にしたため、平均的にはこの角度より鈍くなる。
a)ステッドラー513 81研削角度約16°
b)ファーバーカステル50/41約15°
c)同184100約14°
d)本品約17°
e)クツワCP011N(中島重久堂NO.750)約17°http://nanos.jp/schzkr/blog/1/201/
f)ファーバーカステル186600約18°;2mm,約26°;3.15mm
g)三菱鉛筆ユニ2.0mmシャープナー DPS-600http://nanos.jp/schzkr/blog/1/24/約18°
  1. 2013/04/15(月) 18:00:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーバーカステル 184100ハンディ芯研器

ファーバーカステル芯研器;Amazon検索

ファーバーカステル ハンディ芯研器2mm芯用プラスチック:
ワンダーボックス:Yahoo!ショッピング


【FABER-CASTELL/ファーバーカステル】2ミリ芯用ハンディ芯研ぎ器

ブンドキ.com Yahoo!店

 ファーバーカステルの前方後円型芯研器。
この種の小さな芯研器では回転式バケツ型に及ばないと思っていた私の認識を改めさせる鋭い研削角度をこの芯研器に見せられた。
 芯を1)方向=下方へ傾けて削れば鈍くなり、2)方向=上方へ傾けながら削ると研削角度がかなり鋭角になるうえ、芯研中に芯先が崩れることも減らせる。
注意して研げばなんと約14°、とんがり係数最尖であるX-ACTOファン(約19°)より鋭く、バケツ型(約16°)よりも鋭い。→とんがり係数について|信頼文具舗
 それまでは芯を挿入孔中心に据えて削ることに気をつけていた。バケツではここらへんのことを気にせずぐるぐるだから、初心者にこそあちらをすすめたいのだが、これが選ばれるのも致し方なし。
[ファーバーカステル 184100ハンディ芯研器]の続きを読む
  1. 2013/04/15(月) 12:00:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーバーカステル 50/41芯削り


 ファーバーカステル家紋章を戴く楕円ロゴ時代の小さな芯削り。1960年代か1970年代のドイツ製、廃番。同社の緑色は年代を遡るにつれ明色になる。
 芯挿入孔が偏心、製造元はおそらくM+R。9.9mm長×6.5幅×0.8厚刃。芯を10mm以上出して削る。削れ味がいまひとつ、チャックが緩いクレタカラー210やノック式2mmで削ろうとするとしばしば芯が空転する。なぜ同社やステッドラーが強い芯狭持力を誇ったかその理由がわかる。
回転式芯研器ならノック式2mmでも、やすりの質が劣るロットリング現行品ですら芯が空転することなく削れる。
 研削角度約15°で鋭く芯先が伸びるように削れるうえ、芯挿入孔が芯径ぴったりで芯がブレないから、芯先が崩れることも少ない。のだが、私有品は芯先が尖りきることなく伸びてしまう。 [ファーバーカステル 50/41芯削り]の続きを読む
  1. 2013/04/15(月) 06:00:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーバーカステル TK9440


 前回TK9441の補足。あれの比較に並べたのは旧TK9441ではなくこれだったのである。廃番、価格不明おそらく2000円以下、ドイツ製。
TK9071/HB芯1本付属、簡易芯研器内蔵。適合芯研器ステッドラー502、ロットリングR505 250N緑差込口、ダーレ301等。

左画像、左から
ファーバーカステルTK9400
同TK9441新
同TK9440
ステッドラー780C

 本品と旧TK9441はクリップ有無を除き同仕様。クリップ脱着可能な新型にクリップ無しモデルは無いようだ。
 新旧ともに仏塔形前軸でありがたいデザイン。
新型は前軸の三分の一ほどが直筒、旧型は円錐部が前軸根元から始まる。
 本品の滑り止めはワッフルや海鼠壁のようなリヴァースチェッカリング。これは転造加工、綾目ローレットを刻んだ硬鋼等を部材にあて圧痕をつける省力化製法による。切削加工ローレットよりエッジが甘く滑り止め効果が低いが、間欠して輪状に加工されていることもあり痛くない金属ローレットとなる。
 但し先細りグリップは握る力を「吸って」しまい疲れやすいから、ペン軸を短く握る者にはたぶん合わない。また筆記用としては、ときに長いペン軸が疎ましい。
 これはやはり、芯ホルダの主用途が製図や描画だった時代の設計なんだろう。重量配分はよろしいほうに感じる。
 昔はファーバーカステルもステッドラーも芯に脱落防止環(ストッパ)つき。
 中身は新旧でさほど変わらないが、こちらは芯室内径が若干広くφ2.7mmあって三菱ユニのストッパつき芯もするする入る。
新型は僅かに狭くφ2.6mmでストッパがつっかえやすく、TK4600(1990年代以後)に至ってはφ2.4mmしかなくストッパつきが入らない。
内径変更で新型のペン軸肉厚が変わったわけでもなく単なる費用節減と考えられる。ファーバーカステルはこのようなところで費用節減するからいかん。

画像左から右へ新しくなる、と思われるが確証なし。
 同社2mm芯TK9071は6Hから3Bまで11硬度、昔は10Hがあったことからたぶん15硬度。
同社#9000鉛筆と同じように造られているそうだが、こちらのほうがするする書ける。ぬるぬるではなく。
関連記事
ファーバーカステル TK9400/2mm
ファーバーカステル TK9400/3.15mm
ファーバーカステル TK9500
ファーバーカステル TK9441

ファーバーカステル 芯ホルダ TK9071芯;Amazon検索
  1. 2013/04/08(月) 06:00:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーバーカステル TK9441

 同社TK9400を金属グリップ化しクリップを追加した上級品、傑作の誉れ高いTK9441。ほどよく重く、芯把持力も大きい。2000年頃廃番、ドイツ製、2000円。
分度器ドットコム再入荷を知って(→NYZL5 FABER-CASTELL TK-9441 芯ホルダー)それを機に、またアフィリエイトブログに益があると予測して入手、代金の一部337円を約一年間のcalamelアフィリエイト報酬で賄った。感謝。

TK9071/HB芯1本付属、簡易芯研器内蔵。適合芯研器ステッドラー502、ロットリングR505 250N緑差込口、ダーレ301等。
 評判通り良品だが血眼になって探すものかと問われれば、ステッドラー780でも満足できるリネックスLH1000もほぼ同じ重さだよ、と答える。
実際、似た性格の旧TK9441とステッドラー780Cとで後者を選んだものだ。凹四角錐が連なった転造ローレットなどあからさまな費用節減の跡が見られるのに約三倍の価格差(その昔780が700円、本品2000円)があり、しかもそれを金色装飾でごまかしているとなれば、プロレタリアが本品を選ぶはずがない。
 だからこれの傑作評価を私は疑っていたが、肉厚な金属部品などその先入観を覆す点が見られた。
[ファーバーカステル TK9441]の続きを読む
  1. 2013/04/01(月) 06:00:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0