アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ステッドラー パンテクニコ787C

 1990年代半ば廃番、たぶんドイツ製、900円。
PANすなわち汎用性があり適用範囲が広く本品のチャックは2mmから3.15mm(3.2mm)までの芯径を銜えられる。

マルス200/HB芯1本付属。
2mm適合回転式芯研器同社マルス500、ロットリングR505 250N黄差込口、ファーバーカステル52/40(184000)
3.15mm適合回転式ナシ。ダーレ53482、卵形芯研器等で削る。

 2mm芯ホルダ(というよりはステッドラー780C)を使い始めたころ、ポケットに収めるには長いペン軸に戸惑っていた。重く堅いノックの感触に戸惑う者もいると思う。
それで少々太く短い782Cを買い求めたのだが細いグリップがやはり合わず、次に試したのが本品。
重量配分が同社780CやファーバーカステルTK9441に似ており、あれらより太く、2mm芯を銜えさせると最大直径に近い部分に指を置くことができ、大振りながら筆記にも描画にも適した。
だがしかし、この150mm強の長軸がやはり問題で、当時の私は簡易芯研器付属にも執着していた。
 結局のところはカランダッシュ フィクスペンシル884を見つけて短めの直軸に落ち着く。あのときKoh-I-Noor5201/5900クリップつきを入手できたならそちらを選んでいたかもしれない。
a)本品
b)ステッドラー780C
c)ファーバーカステルTK9441
d)イルカ クラッチペンシル
e)Koh-I-Noor5905
[ステッドラー パンテクニコ787C]の続きを読む
  1. 2013/05/24(金) 06:00:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ステッドラー マルステクニコ782C

 今月はステッドラーの芯ホルダ782Cと2mm - 3.15mm共用787Cの二本。12の倍数日に更新。

 ステッドラーの芯ホルダにはポケットモデルTaschenmodellと呼ばれた短軸があった。2000年?廃番、たぶんドイツ製、800円。
マルス200/HB芯1本付属、簡易芯研器内蔵。適合芯研器ステッドラー502、ロットリングR505 250N緑差込口、ダーレ301等。

 細長い同社780より携帯しやすいものを欲してこれを買ったが、本品はグリップが細長く後軸がやや太い――780と逆のペン軸形状をしており、握りやすさもまた逆転していた。
 筆記するにはその細いグリップを握ってつねに指先を屈めるため疲れやすく、指先から力を抜いて運筆しようとすれば、やや太い後軸が指の股に干渉し、後ろ寄りの重心が運筆を抑制する。その重心に合わせて、また太い後軸の利点に与るためにペン軸中央付近を握ろうと思えば、前寄りを握って書く平生の習慣がそれを許さなかった。三菱ユニホルダーのほうが使いやすく、いくらダサくとも、あれのバランスが良いことを認めねばならなかった。
 というわけで私は直筒軸と簡易芯研器つきを好み、カランダッシュ884を常用したのである。

a)本品
b)ファーバーカステルTK9500
c)カランダッシュ フィクスペンシル884
d)三菱ユニホルダーhttp://nanos.jp/schzkr/blog/1/4/
e)Koh-I-Noorトワゾンドール5900クリップつきhttp://nanos.jp/schzkr/blog/1/136/
f)リネックスLH1000
クリップ基部から上部の長さを測るといずれも20mm前後、意外な共通点に気づく。
[ステッドラー マルステクニコ782C]の続きを読む
  1. 2013/05/12(日) 06:00:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0