アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

丸善美術商事 サムホルダースリム

サムホルダー:Amazon検索

 作動音ががっちゃんがっちゃんと機械的な3mmシャーペン。ステッドラー925 25-20やロットリング800/2mmとともにフルメタルシャーペンの一ツ。日本製。軸色5色。
無銘4B黒鉛芯1本付属、簡易芯研器内蔵。
適合芯研器:卵形芯研器、クリメカ芯研器等。
3.15mm芯が合わないので注意。純正品以外の適合芯:カランダッシュ6377、シスカ クリメカ3mm芯、ファーバーカステルTK9071(4Bのみ)

 付属芯は日本製らしく脂っこく、ファーバーカステル4B芯より色が濃い。
加えて異様な太芯を使い、およそシャーペンのイメージからかけ離れた製品なのは、本品が描画用だからである。一般的に太芯は芯ホルダの領分であるからノック式シャーペンは珍しい。
この種の太芯でノック式が利点か否かは意見がわかれるところ。成形木炭芯やチャコール芯へヴァリエーション展開しにくいのは欠点と言える。だが純正4B芯の書き味に満足すると、そう思わなくなるかもしれない。
また、こんな太芯なのにスリムなどと名付けられているのは、さらに太い5.8mm芯サムホルダーがあるためである。
 短いペン軸が手のひらに収まりやすく、口金が鋭角的なため紙面に触れにくく、芯を長く出しても太芯だから折れず、垂直面――画架に掛けた画板に対しても描ける。

a)本品
b)Koh-I-Noor5208S
c)カランダッシュ フィクスペンシル3
d)ファーバーカステルTK9400/3.15mm
e)Koh-I-Noor5205
f)ファーバーカステルTK9600
g)ステッドラー780C
[丸善美術商事 サムホルダースリム]の続きを読む
  1. 2013/06/24(月) 18:00:00|
  2. ┣シャープペンシルMechanical pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーバーカステル TK9600 138200

 日本未発売の2mmシャーペン。生産期間不明、韓国製?
無銘120mm長HB芯1本付属、簡易芯研器内蔵。適合芯研器ステッドラー502、ロットリングR505 250N橙差込口、ダーレ301等。

 2mmシャーペンにはすでにステッドラー925 25-20という傑作があるが、あれにはステッドラー502芯研器で芯を削れない一大欠点がある。
本品はあちらより太軸にもかかわらず502芯研器に適合する一大利点がある。
 特色となっているやや太い、といってもφ10mm弱で925 25-20やKoh-I-Noor5205より少し太いくらい、細芯シャーペンやボールペンでは一般的な軸径だが、このやや太いペン軸形状を先細りにして芯研器差込口に沿わせている。
製図用途が主流の芯ホルダ及び2mmシャーペンにあって、筆記用途に配慮し絶妙な軸形状をした最もシャーペンに近い2mmシャーペン。

 それを手に持つと好印象、腕が筋肉痛で力が抜けるときにも握れる。しかし筆記し続けるとやや後ろが重く感じてくる。リネックスLH1000と同じくその重量配分にクセがある。
 それでもあれと同じく良品に違いなく、現在ある2mmシャーペンのなかで最も完成度が高い、と言いたいところだが市場にある全ての同種品を試したわけではないので確言を避けるが、しかし傑作と評せる。芯硬度表示を組み込んでいたら完成度がさらに高くなっていたに違いない。

a)ステッドラー782
b)リネックスLH1000
c)本品
d)三菱フィールドM20-700http://nanos.jp/schzkr/blog/1/196/
e)ロットリング800/2mm
f)ステッドラー925 35-20N/925 25-20 [ファーバーカステル TK9600 138200]の続きを読む
  1. 2013/06/16(日) 06:00:00|
  2. ┣シャープペンシルMechanical pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ステッドラー マルステクニコ780C 第二回

ステッドラー マルス200|マルス ルモクローム204;Amazon検索

 先月のステッドラー芯ホルダに続いて780C現行品。ドイツ製。今月は8の倍数日に更新。

 日本では三菱ユニホルダーと並んで標準的な2mm芯ホルダ。国際的には最も標準的な芯ホルダだろう。
 同社の現行芯ホルダは本品とその廉価版788Cのみ。数年前に濃い軸色の780を見かけたように記憶しているが、今回届いたものは明色だった。
これと同社マルスカーボン200 4H芯をアフィリエイト報酬で購入。多謝。クリップ下のロット番号?はG2だった。

a)ステッドラー780C 1980年代
a')同1990年代
a")同2010年代
b)ファーバーカステルTK9441
c)サンフォード ターコイズ10C
d)カランダッシュ77

 著名な本品の長所はよく知られているので、ここでは短所を挙げよう。

●チャックがあまり拡がらない:2mm芯が反っていると芯が出てこなくなる。そんな質の悪い芯なんかないだろうと思われるだろうがステッドラー純正芯にもそんなのが稀にある。

●安っぽい:現行品を見てずいぶん安っぽくなったもんだと思う。昔からこんなだった気もするが、もはや価格対満足度(所有欲満足度)ではリネックスLH1000やKoh-I-Noor5216、またステッドラー925 25-20にかなわない

●ノック負荷が重い:製図用シャーペンの二倍から三倍、1.5kg、1980年代ものに至ってはノック負荷が1.8kgある。
芯ホルダを使い始めた頃この堅い感触に辟易したものだった。反面、芯把持力が強く小型芯研器使用時にも芯が空転しない。そして以前に較べ明らかになめらかな作動になっている。

●細長い:鉛筆と大して変わらない細さで握り続けると疲れる。反面、描画とくに画架に掛けた画板や膝に乗せた画帳に向けて描くには細軸が運筆しやすく、ペン軸が太ければ紙面に干渉しやすい。 [ステッドラー マルステクニコ780C 第二回]の続きを読む
  1. 2013/06/08(土) 06:00:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0