アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

キリン鉛筆 ウッディパル ジャイアントW-05


 ウッディパルなる白木仕上げ鉛筆のなかに、太軸太芯鉛筆ジャイアントW-05がある。野外スケッチやクロッキー等描画に適する仕様。たぶん日本製。

φ10mm×180丸軸、芯径φ4mm、約7g、先付け約28°・封蝋なし
芯硬度:2B、4B
価格:@100円税別、ダース売りが無いらしい
適合補助軸:リラ7170、同4702100(旧7162)、カランダッシュ0012

a)標準的鉛筆(トンボ ippo!ナチュラルHB)、軸径φ7.7mm、芯径φ2mm
b)北星鉛筆かきかた三角鉛筆4B、φ9.6、φ2.8
c)本品4B、φ10、φ4
d)ファーバーカステル2530N/4B、φ10、φ4
e)ファーバーカステル9000ジャンボ4B、φ10.3、φ5.3
f)Koh-I-Noorジャンボグラファイト1820/4B、φ11、φ5.6


 2B売り切れて4Bしか入手できなかった。
 適合鉛筆削りは前回紹介した製品のほかステッドラー512 001及び510 20で削れる。

 書き味は日本の普及鉛筆と変わらず書きやすく、やはり脂っこい。
北星かきかた三角鉛筆4Bやファーバーカステル2530Nと区別できない書き味。ファーバーカステル9000ジャンボ4Bのほうが芯密度が高く感じられるが気のせいだろう。※訂正:キリンとF - C 2530Nは北星より脂ぶんが少ない。
 その筆跡は優秀な消しゴムでなら消せる。マークシート試験では塩ビ消しゴムと併用するのがいい。

 丸軸は机上でよく転がるが、地面では転がりにくい。舗装路等では筆巻きに収めると転がらない。
画像はトンボおでかケース(限定品)。これは定番化されるべき。ダーウェントペンシルホルダーにこの鉛筆は入らない。
北星かきかた三角鉛筆が細くて物足りないと感じたなら本品のφ10mm軸で満足できる。

 木軸に銘は無く、軸尾付近に大きな硬度表示あるのみ。
透明ニスすらない木軸は本当に白木仕上げのようでつかみ易い。日本の鉛筆だから樹種はやはり北米産インセンスシーダと思われる。 [キリン鉛筆 ウッディパル ジャイアントW-05]の続きを読む
  1. 2014/01/24(金) 20:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北星鉛筆 かきかた三角鉛筆

北星鉛筆 かきかた三角:Amazon.co.jp検索
カランダッシュ メタルホルダー 0012-009:Amazon.co.jp
シヤチハタ ファーバーカステル鉛筆削り(大) グリーン TFC-182863:Amazon.co.jp

 大人は鉛筆を使わない。鉛筆を卒業するからだ。その常識に反する非常識な大人がいて鉛筆がある。
鉛筆を使いたいが細軸は疲れるし太軸には幼児向けしかないとお嘆きの非常識な貴兄・貴女らにすすめる。

 といっても実は大人向けではなく、ただ単に装飾されていないだけの鉛筆である。
軸尾付近に硬度表示あるのみ、銘もバーコードもなく白木仕上げ。ロット番号すら見当たらない。
同社は大人の鉛筆0TPシリーズなる製品を発売しており、それもまた装飾無く銘も無い。
12本紙箱入り(削り器つき)と6本PP袋入りがある。芯硬度によって芯径が変わり、価格も変わる。日本製。

約φ9.6mm(内接円径約7.8)×178三角軸、約6g、両切り・封蝋なし
芯硬度:B, 2B/φ2.35mm, 4B/φ2.8mm, 6B/φ2.8mm
B以外を入手、芯径を併記した。
価格:1ダース削り器つき1020~1140円税別、6本入450~510円税別
適合補助軸:リラ7170, 同4702100(旧7162), カランダッシュ0012

 軟芯のため定着性が低い。芯質は日本製らしく書き味軟らかく色が濃い。
芯密度が普及品並みらしく少々「粉っぽい」が、脂っこいため粗末な書き味ではない。ただ私はこの脂性の芯を好まない少数派。

 芯径2.35mm及び2.8mmでも、太軸鉛筆としては細芯であるからスケッチには少々不利。
この軟芯と三角軸は、未就学児は固より硬筆書写やマークシート試験、老眼にすすめられよう。
 軸木を割って取り出せばKoh-I-Noor5208S等2.5mm芯ホルダや一部の3.15mm芯ホルダへ転用可能と思うが試してないので確言を避ける。

 軸木は柾目が揃い、削りやすい。
 太軸といっても昨今のボールペン(φ10mm強)よりはいくばくか細く、さらに三角軸は外接円径と内接円径の差が大きいため、体感では最大直径より細く感じられるものだ。
 それでもこの軸形がもてはやされるのは、人間が三指で筆記具を把持するために握り方矯正効果が期待されるからであり、そして、指があたる面積が大きいために指圧が分散される、つまりペンダコができにくい、というわけである。

a)標準的鉛筆(トンボ ippo!ナチュラルHB)、軸径φ7.7mm、芯径φ2mm
b)本品、φ9.6、φ2.35 - 2.8
c)キリン鉛筆ウッディパルジャイアント4B、φ10、φ4
d)ファーバーカステル2530N/4B、φ10、φ4
e)ファーバーカステル9000ジャンボ4B、φ10.3、φ5.3
f)Koh-I-Noorジャンボグラファイト1820/4B、φ11、φ5.6

 この種の太軸鉛筆は他にダーウェント スケッチング鉛筆、カランダッシュ グラフウッド775、月光荘8B鉛筆、Koh-I-Noorトリオグラフ1830、リラ ファルビー/イージーラーナー/グルーヴ等々あり、舶来品に多い。
それらのうち本品が最も簡潔に仕上げられている。そして次回は同様に簡潔なキリン鉛筆ウッディパル。今月は12の倍数日に更新。 [北星鉛筆 かきかた三角鉛筆]の続きを読む
  1. 2014/01/12(日) 06:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0