アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

三菱鉛筆 ジェットストリームプライム SXE3-3000


ジェットストリームプライム;Amazon検索

三菱SXR-200;Amazon検索
【三菱鉛筆】ジェットストリームPRIME用替芯 SXR-200-05 黒 0.5mm
【三菱鉛筆】ジェットストリームPRIME 替芯 SXR-200-05 赤 0.5mm
【三菱鉛筆】ジェットストリームPRIME用替芯 SXR-200-05 青 0.5mm

 最も賞賛される低粘度油性ボールペン、ジェットストリームSXNは最も高級化が切望された製品でもあった。純正上級品アルファゲルSXN-1000でも不十分で、その替芯を他社ペン軸へ組み込むことが数多の人々によって何度も試みられてきた。その間にシュミットはイージーフローを、パーカーはクインクフローを発売し、不足があるとしても人々の欲求を叶えてしまった。
 漸く発売された本品の価格帯は日本製先行他社を上回り三千円と五千円。
 高級筆記具の価格は、例えばクロス センチュリーのように、同一機構製品を材料や仕上げによって変種を増やし価格帯を広げるのが定石だが、本品は律儀にも機構によってわけられた。すなわち三千円が摺動式三色ボールペン、五千円が回転繰出式四芯式(三色ボールペン+シャーペン)で、他と少々異なるのだった。
 漸く発売された本品は日本製先行他社と同じく復芯式。
 高品質でもブランド力に劣る日本製は、これまで見てきたように、多色・多機能化によって価値を補い、それに伴って替芯を金属芯化、JIS油性D型またはその類似品を採用した。つまり、その替芯SXR-200は他と共通し他社製品へ転用し易いのだった。

2013年10月発売
、日本製。

 今回は廉いほう。この価格帯にしては珍しく摺動(サイドレバー・スライドレバー)式。
一般に安っぽく見られる形式ながら本品は見目よく、ペン軸は適度に重くて所有欲を満たし、ペン軸間の継ぎ目が弛む不安もない。
 シャーペン・ボールペン複合が員数合わせに思えてならない私にとって、長所はシャーペンが組み込まれていないこと。
●操作法
 説明不要な摺動式。作動音あり。
レバーは黒色で統一され、天冠に色標がある。
 前回触れたように、ノック式では替芯内部でインク分離(空気混入)する可能性がある。
そこで線(36mm強)を一本ひく度に替芯出没し、52回繰り返した(手作業で)。
ぺんてるKBXES7とプラチナSBSP120Sも本品に装填、ゼブラESB-0.7芯及びJSB-0.5芯はプラチナMWBM1500に装填して試した。
結果、描線途切れず。この程度では不具合が出なかった。
 ツインボール等で実用上問題ない程度に抑えていると思われるが、もしかすると既に空気混入しているかもしれない。
52回も続けてノック操作を繰り返すと、付録:複芯・多芯式を片手でひねるに記した回転式の利便性を改めて感じる。

 他製品並みにペン先がガタつく。前回までの回転繰出式に較べると目立つが、本品だけを使うならおそらく気づかない。
また替芯をモンブランやペリカン38など舶来品(ペン先径2.35mm)へ替えるとペン先揺動が減少する。
●ペン軸
内部を見ると四芯収められる。但し作動不可、予備芯収納不可。
 重心位置が中央僅かに前寄り、だが体感ではもっと前寄りに感じる。
先軸(グリップ)はたぶん真鍮製クロム鍍金。後軸は金属+合成樹脂に思うが、まるごと合成樹脂かもしれない。
グリップの鏡面仕上げはへたなつや消し仕上げより滑りにくいが、夏にはやはり汗で滑るだろう。ゴムグリップが好きな人にはMSXE5-1000を薦める。
エクリドールXSアンモナイトと並べたかったものだ。
●クリップ
ペン軸との隙間が約2.5mm設けられ、厚地にも対応。
 隙間が大きいぶん、側面から見るとクリップ基部が間延びしており、そこをごまかすために青い飾りを付けたと思われる。そしてそれが頗る評判悪い。
職場にこの種の飾りを身に着ける者がどれくらいいるか思えばその心情もわかるが、ここ一箇所に固執することもない。高級品にカボションやファセットが付く例は時折り見られる。

●天冠
色表示あり。

 先軸を回して外し、替芯を引き抜いて替芯交換。
[三菱鉛筆 ジェットストリームプライム SXE3-3000]の続きを読む
  1. 2014/03/30(日) 06:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ゼブラ スラリシャーボ1000 SB26

スラリシャーボ;Amazon検索
ゼブラ ESB芯;Amazon検索
ゼブラ JSB芯;Amazon検索
ゼブラ 4C芯;Amazon検索
ゼブラ ボールペン替芯 入力ペン

 1977年に発売されたゼブラ シャーボはシャーペンとボールペンを複合化、二ツの同類技術を並存させて共益性をもたらし成功した製品。
本品は新たなボールペンインク、エマルジョンインクを充填した新型で、1000と2000の二種あり、その数字は価格を表す。2013年9月発売、おそらく日本製。
三芯・二機能(黒赤ボールペン+0.5mmシャーペン)、回転繰出式、軸色5色。
替芯はゼブラ4C型原型製品スラリBN11や普及版多色スラリB4A11とは替芯型式も材料も異なる。

 廉価版の本品は、上級品2000に較べ作動がやや堅いものの、軸径が少々太く軸色が明るく軽量、加えて頑丈なクリップなど若年層や学生向けと思われる。
 これは良品だが、替芯がゼブラ4C型に専用化され、JIS油性D型が合わない。
その難点は、4C型が幅広く変化――三種のインク、二種以上のボール径、最大10色(蛍光色含む)、さらに感圧式用タッチペン――することで補われる。

●操作法
・ペン軸をひねって(回旋して)ボールペンを繰り出す。作動音が小さい。
・色を選択するにはペン軸を120°ずつ回して、黒→シャーペン→赤→黒……と繰り出し、任意の位置で停める。逆回転可能、片手で操作可能。
・シャーペンは、その機構部を繰り出したのち上軸・後軸全体を押してノックするキャップスライド式。

 本品の回転繰出機構には二段階停止機構が組み込まれた。
通例三芯式を一回転させると三回つまり120°ごとに停まるが、本品は六回60°ごとに停まり、ペン先没入を確実に行う。反面、作動が少々重く堅い。
 ビクーニャEXやプラチナ サラボ花柄など平凡な三芯式はペン先没入が不確実。代わりに作動が軽い。
 スラリシャーボ2000も、またパイロット リッジBTHR-3SRやプラチナ サラボMWB-1000Gも二段階停止機構を具えており、価格が上がるほど上質な作動になる。
 ノック式にせよ回転式にせよ繰出式ボールペンはその芯先がガタつく。本品もその例外ではないが、実にうまくごまかしている、いや回避している。
クリップを上向かせ、手に干渉しないように握ると、芯先ガタツキが解消する。緩和ではない、解消する。回転繰出式かつ複芯式だからこその仕掛け。
●ペン軸
たぶんクリップと帯金以外、口金を含めほぼ合成樹脂で軽量。にもかかわらず軸色が明るいためか材料をごまかしている印象を与えない。
 内部部品がおそらくPOM樹脂で耐久性が高いと思われる。

 帯金に機能表示B‥05‥Rがあるのだが擦れて消え易い。型押し不良かと思った。
 前軸・下軸内部に空転防止溝が多数あってペン軸取付位置を決められる。これなら、より回しやすく機能表示代わりにもなる多角形軸があってもいいんじゃないだろうか。

 プラチナ サラボ花柄とOEM元が同じらしく下軸、天冠(消しゴムキャップ)、消しゴムを交換可能。但し替芯互換せず。
●クリップ
金属製。野暮な見た目だが頑丈なようで、厚地に差しやすく好感触。手帳表紙にも差し易い。
回転式を操作する際(ペン軸を回すとき)私は拇指でクリップを横から押すことがあるのだが強度上の不安がない。

●頭冠・天冠・帽子
同社はこの部品を帽子と呼ぶ。
合成樹脂製で軽い。ポケットから取り出す際、他よりつまみやすい形状。
替えゴムP、非塩ビ。ステッドラー77R56(トリプラスマイクロ775、ペンシルホルダー900 25用)で代用可。
回転式だからノックボタンがなく、手帳のペン差しに挿しても不用意にペン先が出ない。

 下軸を引き抜き、さらに替芯を引き抜いて替芯交換。取説が添付されるが、私が購入した店では配布していなかった。
[ゼブラ スラリシャーボ1000 SB26]の続きを読む
  1. 2014/03/24(月) 06:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラチナ万年筆 ダブルアクション3 サラボ花柄 MWB-2000RS


プラチナ サラボ花柄MWB-2000RS限定ポーチ付;Amazon検索

サラボ花柄MWB-1000RS;Amazon検索

サラボMWB-1000G;Amazon検索
SBSP-120S-(EF0.5)#1:Amazon.co.jp
【プラチナ萬年筆】サラボ替芯 赤 SBSP-120S#2:Amazon.co.jp

 前回のビクーニャEXと同時期に発売された低粘度油性ボールペン。これまたあまり注目されなかった。
三芯・二機能(黒赤ボールペン+0.5mmシャーペン)、回転繰出式、軸柄4種、各限定10,000本、ハート型ポーチつき、2012年2月発売、たぶん日本製。
オマケのハート型ポーチには本品が収まりきらない。

 サラボは他の低粘度油性ボールペンと異なり元から複芯式かつ金属芯、替芯はJIS油性D型派生品
 外見も目方も軽いが作動も軽く快適。商品の性格上重厚ではなく軽妙に仕上げられている。
 のちに地味な定番品サラボMWB-1000Gが発売された。そちらは二段階停止機構を具え、作動がやや重い。
そしてなんと2014年2月頃、ハート型ポーチを除いたサラボ花柄単品MWB-1000RSが発売された。おゝプラチナよ……
 次回のスラリシャーボ1000とOEM元が同じらしく前軸、天冠(消しゴムキャップ)、消しゴムを交換可能。替芯互換せず。

●操作法
・ペン軸をひねって(回旋して)ボールペンを繰り出す。摺動式ほどではないが作動音あり。
・シャーペンは、その機構部を繰り出したのち後軸全体を押してノックするキャップスライド式。
・色を選択するにはペン軸を120°ずつ回して、黒→赤→シャーペン→黒……と繰り出し、任意の位置で停める。逆回転可能、片手で操作可能。
ノック式にせよ回転式にせよ繰出式ボールペンはその芯先がガタつく。本品もその例外ではないが、実にうまくごまかしている、いや回避している。
クリップを上向かせ、手に干渉しないように握ると、芯先ガタツキが解消する。回転繰出式かつ複芯式だからこその仕掛け。

●ペン軸
合成樹脂製。
上軸・後軸表面には花柄が、下軸・前軸にはチェック模様が印刷された。私有品はビオラ。

 後軸帯金付近にM-Re-.Sarabo-Bの表示あり、シャーペン―赤―黒を表す。
ところが、ペン軸を何度回してもクリップ先端が常にReを指したままだから、この表示がわかりにくい。ここが回転繰出式の難点。

 前軸内部に空転防止溝が多数あり、位置決めできる。
そして前軸チェック模様の一部が重なり合っているから、それを目安にすると機能表示を代用できる。一例として、シャーペンとクリップが直列する位置に組み付けた。この方法を歓迎する使用者がいるかはわからないが……

 前軸に縦溝を施せば滑り止めとなり、120°ごとに間欠して彫れば機能表示兼用となる。もうちょっと外装に機能を反映させてもよいのではないか。

●クリップ
細身でも狭持力がありクリップ自体がずれることもなく、厚地にも差しやすい。

●頭冠・天冠
金属に見えるが合成樹脂製。替ゴム、ケシゴム100-AA、おそらく非塩ビ。ステッドラー77R56(トリプラスマイクロ775、ペンシルホルダー900 25用)で代用可。
 回転式だからノックボタンがなく、手帳のペン差しに挿しても不用意にペン先が出ない。
贅沢を言えば、ポケットから取り出す際つかみどころがない形状が難点。

 前軸を引き抜き、さらに替芯を引き抜いて替芯交換。 [プラチナ万年筆 ダブルアクション3 サラボ花柄 MWB-2000RS]の続きを読む
  1. 2014/03/18(火) 06:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぺんてる ビクーニャEX BXW1375

ぺんてるビクーニャEXリフィル黒
ぺんてるビクーニャEXリフィル赤
【ぺんてる】消耗品替消しゴムLCE-5(5個入り)

 日本製低粘度・新油性ボールペンの多くは百円台、高級感がない。高級感への第一歩は替芯を金属芯化することと考えられる。
そして本品はジェットストリームプライムより一年半以上早く金属芯化された低粘度油性ボールペン。なのに、さほど話題にならなかった不遇な製品。2012年2月発売、日本製。
三芯・二機能(黒赤ボールペン+0.5mmシャーペン)、回転繰出式、軸色5色。

 外側が安っぽい本品も内側を見ると良質感と高級感を得られる。作動の感触も悪くない。
 替芯は、原製品ビクーニャBX157や普及版多色ビクーニャBXCとは型式も材料も異なるJIS油性D型を採用し、書き味はそれらより良く、氷上を滑るようにするするグラススムーズだった。なるほどこれが、剛性を増した替芯及びペン軸による書き味倍増効果か。
ノック式にせよ回転式にせよ繰出式ボールペンはその芯先がガタつく。本品もその例外ではないが、実にうまくごまかしている、いや回避している。
クリップを上向かせ、手に干渉しないように握ると、芯先ガタツキが解消する。回転繰出式かつ複芯式だからこその仕掛け。
 低温に弱い旧来の油性ボールペンと違い、低粘度油性インクは(本品に限らず)温度に左右されずに書けるのが大きな長所。書き出しもかすれない。
 そして低粘度インクは色が濃く線が太く見えるから、0.5mmボールを追加して手帳への書き込みに対応すべき。
 次回はプラチナ万年筆サラボ

●操作法
・ペン軸をひねって(回旋して)ボールペンを繰り出す。
・シャーペンは、その機構部を繰り出したのち上軸・後軸そのものを押してノックするキャップスライド式。
・色を選択するにはペン軸を120°ずつ回して、黒→赤→シャーペン→黒……と繰り出し、任意の位置で停める。逆回転可能、片手で操作可能。
 回転式は色選択に手間がかかるうえ本品ペン軸には色・機能表示なく、どの芯先が出てくるか明らかでない。
 携帯時もシャーペンを出しておくと、左右いずれかに120°回せばボールペンを出せて240°回すことがない、などの対処法もあるが、最善の対処法はあくせくしないことである。

●ペン軸
機能表示ナシ。
ペン軸形状が平凡な形になってしまった。
他の同社製品に較べペン先露出が少なく、やや見づらい。

 前軸・下軸が真鍮製。重量配分が調整され、ほぼ中央に重心がある。
真鍮に安っぽいメタリックなABS樹脂外装を被せることはないと思うが、そのおかげで表面がすべりにくい。ABSのうちゴム成分が多いに違いない。

●クリップ
問題はクリップ基部が天冠を浮かせていることだ。そしてズレやすい。
ただポケットに挿したとき(クリップが最も目立つとき)にはズレが目立たない。
狭持力が十分で機能的には満足できる。

●頭冠・天冠
真鍮製、約2g。パイロットLFBK-2Sの合成樹脂製天冠よりも満足感を与えてくれるが、重心を後ろへ移してしまうため真鍮製前軸で均衡している。
替えゴムLCE-5、非塩ビ。
 贅沢を言えば、ポケットから取り出す際つかみどころがない形状が難点。

 前軸・下軸を引き抜き、さらに替芯を引き抜いて替芯交換。 [ぺんてる ビクーニャEX BXW1375]の続きを読む
  1. 2014/03/12(水) 06:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

付録:複芯・多芯式を片手でひねる


 回転繰出式を操作しよう。今月紹介する複合筆記具四本のうち三本が回転繰出式だからだ。6の倍数日に更新。

a)ぺんてるビクーニャEX
b)プラチナ サラボ花柄
c)ゼブラ スラリシャーボ1000
d)三菱ジェットストリームプライムSXE3-3000
e)パイロット2+1エヴォルトBTHE150R

 マークス ボールドミニでも似た画像を掲げたが、示指と中指で前軸を挟んで回旋すると回転繰出式を片手で操作できる。
逆に動かせば芯先・ペン先を収納できる。
 ペン軸に縦溝が施されていると回旋し易い。たとえばパイロット エヴォルト ストライプのように。

 中指に乗せた前軸を示指で転がす感覚と言ってもいいかもしれない。
 この仕方は拇指がクリップに負担をかけるのが難点。なるたけ拇指に力を込めないようにしているが、クリップ強度が低そうな製品ではクリップを下向きにしている。

 回転部が短い形式、天冠を回す古い形式は片手で操作しづらい。
 回転部が前方にある、いや長い場合はその限りでない。たとえばS.T.デュポン デフィ。
 次に本題の複芯・多芯式だ。
 回転繰出式は色・機能表示がわかりづらい。
たとえばエヴォルトの機能表示05 R Bはシャーペン、赤、黒を表す。
しかしそれが上軸・後軸に印されているため、どの芯先を出そうがクリップ先端は常にRを指し、表示と芯先が合わない。

 機能表示は替芯と連動する下軸・前軸にこそあるべきなのに、製造上の都合からか多くの製品が後軸に印している。
さらに、このエヴォルトは最大回転範囲(回旋角度)が240°までだから、シャーペンから黒ボールペンへ移るには一旦赤ボールペンを経由しなければならない。

 これが360°自由無限回転する製品たとえばサラボ花柄の場合では、黒⇔赤⇔シャーペン⇔黒……と回転でき、どの色・機能へも120°回旋で移れる。
しかしそれもまた色・機能表示を後軸に印したために戸惑うこと必至。

 任意の色・機能を個別に押し出す摺動(スライドレバー)式に慣れた者が回転繰出式を手にしたときはその経験を捨て、ペン軸の色・機能表示を見ないことを勧める。
ではどこを見るのかといえば繰り出した芯先だ。だから芯先の色別帯が大切なのである。

 このように回転繰出式複芯式は直接操作する感覚に欠ける。
そんな手間どる回転式の長所を多くは理解できないと思う。実際、好みの問題だからそのままでもいい。

長所は以下の如く。
・ノックボタンがなく、手帳のペン差しに挿しても不意にペン先が出ない。
・蓋付きポケットにも合わせやすい。
・機能を誇示する外見ではない。
・作動音が小さい。

 即応性に乏しいながらノックボタンやスライドレバーが無い優雅な外観から回転繰出式は高級品に根強く採用され続け、摺動式の普及品と住み分けられており、その間を埋めるように振り子式やノック&ツイスト式(振り子式の一種)がある。

 その即応性に乏しい回転繰出式も扱い慣れて片手で繰り出せるようになると、ペン先を紙面へ向けたまま色・機能を切り替えられる。
そこで意外に即応性ある機構なんだと思ったりするわけだが、それは三芯までのことである。しかし好事家としては回転繰出四芯や五芯にも大いに興味があるのだった。 [付録:複芯・多芯式を片手でひねる]の続きを読む
  1. 2014/03/06(木) 20:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0