アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ダックス9249ノスタルジー



ドイツ製。大小二穴式。ともに替え刃は同社12N。
四条ねじの蓋を約45°回して外す。
上から
三菱ユニ/2B
ステッドラー トラディション110/3B
同/2B
ダーウェント スケッチング/HB

細軸用φ8.2mm、切削角度約24°、とんがり係数約0.81、削りくず厚約0.2 - 0.25mm
削れ味は良いが優れてはいない。
・口径φ8.8mmだが、刃が奥まっているため実際はφ8mm強。ダーウェント スケッチング鉛筆φ8.1mmに好適な口径だ。カランダッシュ グラフウッド775 φ8.2mmもギリギリ削れる。
・約24°で削られた鉛筆を削り直せず、おかしいと思って刃を外そうとしたらねじが緩んでいた。締め直すと解決。
・ステッドラー トラディション2B(画像内3本め)の芯先が砕けやすいから軟芯に向かないのかと思えば、同3Bの芯先は崩れず尖った。
・芯先が尖っても、気づかず削り続けると芯先が砕ける点に注意。一度そうなると何度削り直しても砕けてしまい、芯先が鈍るまで書き減らす必要がある。これは他製品でも同様。
上から
月光荘8B鉛筆
キリン鉛筆ウッディパルジャイアント/4B
ファーバーカステル#9000ジャンボ/4B

太軸用φ11.8mm、切削角度約31°、とんがり係数約0.62、削りくず厚約0.3mm
削れ味良く、削った面がけばだたない。
・日本製鉛筆削りには太軸用が無いに等しく、好事家にとって重宝する。
・しかし芯先を尖らせられず、どうしても芯先がねじれる。もっとも通例デッサンやスケッチで円錐頂点を削り出すことはない。
Koh-I-Noorジャンボグラファイト1820 φ11mmなど多くの太軸を削れるがKoh-I-Noorトリオグラフ1830 φ12mmは削れない。ムリすれば削れるが芯先がうまく尖らない。
2016年10月20日追記;DX9249鉛筆削り本体を蓋から外すと、太軸を削っても芯先がねじれることなく尖り、またK-I-Nトリオグラフ1830をギリギリ削れるようになって、カランダッシュ グラフウッド775も削れるようになった。
関連記事M+R0203
[ダックス9249ノスタルジー]の続きを読む
  1. 2014/10/24(金) 20:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジオデザイン ケズプレッソKP-01


ケズラッテ ケズプレッソ KL-01/KP-01 カップコーヒー型鉛筆削り
遊びDS - Yahoo!ショッピング


【geodesign/ジオデザイン】ケズラッテ
ブンドキ.com Yahoo!店

 ペン立て再利用率が最も高いであろうカップ容器を鉛筆削り化したケズプレッソは、なんと800円もする削りかす作成装置である。2014年8月発売、日本製。姉妹品にケズラッテがある。

その蓋の下側(裏側、内側)には中島重久堂製鉛筆削りおそらくNo.502が組みこまれている、のだが孔が僅かにズレていた。製造時ズレを見越して蓋の孔を大きめにするか、冶具に段付き半円錐を設けて部品を位置決めすべき。
 ここのところこれに限らず不良品すれすれの品が届くのは、私が反原発派であることが国家的に感知され、国家的な陰謀が生じているからに違いない。最近ひどく肩がこるのも原子力ムラのせいだ!

切削角度約23°30′、とんがり係数約0.81、削りかす厚0.3 - 0.55mm、うまく削れないと厚くなる。
刃の削れ味はよいが、芯先がNJK516ほど理想的な円錐にならず、五本削ってなんとか削れるようになった。

 蓋にストローを差しているように見せるため、鉛筆がやや斜めに差しこまれる。
これが曲者で、鉛筆挿入角度が変われば芯先の仕上がりも変わり、カップ外側へ鉛筆が傾くと芯先が3)のようになる。カップ中央側(鉛筆削りにとっては刃側)へほんの少し傾くと1)のようになる。2)は鉛筆削り中心軸線と重なるように削った。
 うまく削れない場合、挿入角度に留意するとうまく仕上がる。
[ジオデザイン ケズプレッソKP-01]の続きを読む
  1. 2014/10/24(金) 06:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダーレ 53484


【DAHLE/ダーレー】フタ付き芯研器 53484

ブンドキ.com Yahoo!店

 前回のアイゼン118を内部に持つ蓋付き2mm用芯研器。ドイツ製+中国製。ロットリング アートペンシル用芯研器でもあった。
 芯ホルダ使いが抱える問題のひとつは、出先でどうやって芯を削るか、そして削り粉をどうしたらよいか、だ。つまりどんな蓋付き芯研器を携帯するか、である。本品は答のひとつ。

回転蓋を閉じれば削り粉が漏れず、携帯に適している。
削り粉を拭う芯クリーナーはステッドラー502 RS10をなんとか流用できる。ただし少々緩い場合があり、その場合は芯クリーナーを潰して挿入する。
研削角度約20°
西ドイツ時代の金型らしい。

内の芯研器を橙色のアイゼン118と取り替えれば部品構成が見える。

 芯研器に蓋を被せた構成だから芯挿入孔が二重になっており、そのぶん芯ホルダの芯を長めに出して削るはず。が、蓋の挿入孔が拡く、アイゼン118単体で削るときと同じく芯を9mm程度出せば削れる。
 替え芯研器はアイゼン118のほか、そのOEM品と思しきFC184100を流用可能(但し要改造)。

 削り粉を捨てるには、明灰色の蓋を引き抜いて外す。内部芯研器は自重で落ちてこない。DX3250は落ちてくる。
 DX3250と比べれば、こちらが大きく価格も高いが、蓋が無いあちらに対してこちらは削り粉が漏れない。
 三菱DPS600と比べれば、こちらが厚く価格も高いが、替え刃が無いあちらに対してこちらの替え芯研器は百円以下だ。
どちらにとっても手強い競合品。
 本品は小さな傑作、しかし最初に入手すべきはバケツ型回転式芯研器である。

  1. 2014/10/12(日) 20:00:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイゼンMOD.118


 F-C184100ステッドラー513 81の元型が、そしてNJK750のコピー元が何かと評判よいらしいこのアイゼン118型なんだろうなあ、と思う。
 近年同社は工場を中国へ移したらしく、2コ注文したらドイツ製と中国製がやってきた。
鉛筆削り(ドイツ削器の名でレモンが輸入するアイゼンMOD.10)はドイツ製のほうが若干良かったが、芯研器では変わりがないようである。
 芯挿入孔がφ2.4mmあり、F - C 184100と同じ方法で研削角度を変えられる。研削角度は公称20°だが約19°だった。
a)ステッドラー513 81
c)F - C 184100
e)中島重久堂750(クツワCP011N)
j)DUX3150(同3250用替え芯研器)
k)アイゼン118ドイツ製
k')アイゼン118中国製
l)ダーレ53484内蔵芯研器

関連記事
→カランダッシュ プッシュボタン
→ファーバーカステル184100
→M+R 0314
→シスカ クリメカ芯研器
→KUM233


クツワCP011ってなんだ、というとこれです。
  1. 2014/10/12(日) 06:00:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0