アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

三菱鉛筆ユニボール クルトガ0.7mm


【三菱鉛筆/MITSUBISHI】クルトガ 0.7mm/替え芯付き

ブンドキ.com Yahoo!店

 三菱鉛筆がニューウェルラバーメイド カナダ向けに輸出している北米仕様0.7mm。iso製図規格に沿って青いクルトガエンジンを内蔵する。替芯、替え消しゴムつき、中国製。平均芯繰出量0.6mm。※国内仕様.7mmは日本製

※画像中の寸法を修正した。
◆替ゴム:シャープ消しゴムS型(SKS)、φ4.6mm。
 替芯補充口は奥が細くて芯一本しか通らず、逆さにしても芯が漏れ出ない。画像では見やすいよう白い国内版を撮った。

 クルトガエンジンは筆圧を利用して芯を旋転させるからくりで、芯先を紙面に40回押しつけると一回転、つまり40画で一回転する。北米版.7mmも同様だが、2014年11月に発売が予定される国内版.7mmは20画で一回転だそうだ。
 このからくりは軸線方向に約70 - 80g加重で作動し、筆記角度が低くなるにつれ(ペン軸を紙面に向けて倒すにつれ)加重が増え、実際には130 - 150g前後で作動する。
 そして私の筆圧はそれ以下だから作動不良が頻発する。クルトガエンジンを作動させるためにふだんより筆圧をかければ肩がこる。というわけで私は使っていないが、それでこれの長所が損なわれはしない。

 「偏減り」が顕著な太芯ではクルトガエンジンの有効性もまた顕著になり、筆記角度60°で.7mm芯の線幅は常に0.4mmほどを保つ。
それを.4mm芯より折れにくい.7mm芯で実現、しかも筆圧を吸収して駆動するから、この機構は芯折れ防止のためとも説明される。
 .5mm芯を折りまくっているのに、鉛筆よりシャーペンが便利だと強弁する人々の気持ちがよくわからないのだが、そんな人々も.7mmや.9mmでA罫やB罫ノートに書いてみれば、太芯でも十分に漢字が書けることに気づくだろう、と文具マニアの私はつねづね思っている。
※追記:芯折れを防ぐ製品にはプラチナ万年筆オ・レーヌとゼブラ デルガードがある。

 ぺんてるが.2mmシャーペンを発売し、パイロットDr.グリップが.3mmと.9mmを定番化して発売し始め、異径芯が次の流れか。
[三菱鉛筆ユニボール クルトガ0.7mm]の続きを読む
  1. 2014/11/24(月) 06:00:00|
  2. ┣シャープペンシルMechanical pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三菱鉛筆 GL100スペースラブ

 なぜ加圧式ボールペン、パワータンクは野外用ペン軸ではないのかという疑問がある。
加圧式といえばトンボ エアプレスのような野外用や同XPAあるいはヴィクトリノクス シグネチャーのような携帯用フィッシャーのような極限環境向けと考えがちだが、三菱鉛筆は異なる見方をしていた。過去同社が発売した加圧式は、消せるボールペンであったりOCR用であったりXYプロッタ用であったり、当初から野外用途を全く指向していなかったことがケルボとノンボテの歴史から推察される。
→「ノンボテ」ボールペンを調べてみたら… その10 三菱鉛筆の社史より: けふこの本棚と文具の引き出し
→NON・NONボテ??三菱鉛筆国産初の加圧式ボールペン│Taniy日誌


生産期間1982 - 2000年? 百円税別、使い捨て、おそらく日本製。
尾栓は後付けらしく、バリがあったりなかったり。バリがあるペン軸はペン先側が僅かに太く、鞘が深く入らん。

 「宇宙時代のSPACELAB」だが全く事務用で、極限環境を意識した形状とは言えず、また航空宇宙機関に採用されたという話は聞かない。
 JAXAや海保や自衛隊をわきに置くとしても、何かといえば土建行政を求める日本において、毎夜道路工事をしている都下において、野外仕様筆記具需要がないはずがない。冷たい夜気をものともせず書ける加圧式は、ゲルインクや低粘度油性普及以前なら、重宝され地歩を固められただろう。

 2008年にパワータンクスタンダードをアースウォッチ・ジャパンに寄付するなど同社も野外用途をなんにも顧慮していなかったわけではなく、そして、調べてみると2002年にストラップ付き加圧式ボールペン、プレイヤーズ パワータンクインサイドSD-680-P07, 680円も発売していたが芳しくなかったようである。その後に登場したパワータンク スタンダード200円が当たって野外用への興味を失ったのだろう。
 結局は価格であった。もっともSD-680-P07の価格に納得できた者は稀だったと思う。
※資料、同社2002年カタログ
[三菱鉛筆 GL100スペースラブ]の続きを読む
  1. 2014/11/12(水) 18:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2