アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

パロミノ ブラックウィング602


 私は消しゴム付鉛筆を認めようかと思っている。*たぶん必要と思うので注記するが、この文に政治的暗喩はない。

 大恐慌の1930年代半ばにエバーハードファーバーから発売され1998年に廃番となったブラックウィングは、米国の伝説的な鉛筆。http://blackwingpages.com/が詳しい。
2010年、鉛筆用材会社CCPC(カルシーダ)の子会社パロミノが伝説を継いで、艶消し黒軸に白い消しゴムを付けた軟芯鉛筆を発売し、翌年5月、元型と同じ品番602と象徴的な宣伝文句「筆圧半分、速さ二倍」を鋼灰色の軸に記した、より元型に近い姿の本品が発売され、2013年には白軸が追加された。
 米国人ではない私にとってこれは新しい鉛筆であると同時に、どこかで出会った鉛筆である。日本製。

φ7.8mm(最大幅約10mm)×201、六角軸、約6g、1ダース2160円税別
芯硬度:非公表だが602:B, 白軸:2B, 黒軸:4Bと目され、芯径は各々φ2.1mm, φ2.25, φ2.35
銘は二面にあり、金字
表銘:[パロミノロゴ]PALOMINO BLACKWING・602
裏銘:HALF THE PRESSURE, TWICE THE SPEED
銘は各軸色により少々異なる

芯と木鞘
・最初に、元のブラックウィングを私は知らない。
・芯質は日本製らしく脂っこくなめらか、やや粉っぽい。北星鉛筆9500や三菱9800に似る。
・黒軸の書き味が北星かきかた三角4Bに似る。芯はオリエンタル産業製か。
・軸径は北星9500(φ7.7)ではなく三菱9800(φ7.8)と同径。
・ロット番号は見当たらない。
・軸木はCCPCが供給する北米産インセンスシーダ。日本製鉛筆は殆どこの樹種。
・フェルール(消しゴム受台)は六角軸側面と平行に取り付けられるが、ずれていることもある。

 特徴的な消しゴムは非塩ビ(TPE)製ながら天然ゴムのような消し心地。中国製。
◆消字力:良好
・消してみると研磨剤が多い印象だが、紙面は傷んでいない。
・脂ぎった日本製黒鉛芯を消すには力不足に思えたが、リヒトラブ ツイストリングメモやモレスキン カイエでは十分だった
・使い減ったら引き出せる。近年、同構造の消しゴムをパイロットがケシキーパーの名で商品化した。
・交換可能。未輸入ながら色違い替えゴム10コ入りあり。
・フェルールが幅広なため補助軸に入らない。しかし酔狂な人間がいるものである。→工房Q - 伝説の鉛筆補助軸「黒翼エクステンダー」


*1行めは書いて消す行為を1回、5行めはそれを5回繰り返した。
*各製品の芯を各製品の消しゴムで消した。
a)Koh-I-Noor1350/2B
b)三菱9850/HB
c)トンボ2558/HB
d)ジャノメ(アイボール鉛筆)ゴールデンソード/HB
e)青森県立美術館鉛筆(伊東屋イートンペンシルと同型、元はおそらくキャメル鉛筆No.CA-P4)
f)ロディア鉛筆
g)本品
この反復消字試験ではトンボ2558以外どれも大したことないが、筆記で一・二回消すくらいならどれもうまく消せる。 [パロミノ ブラックウィング602]の続きを読む
  1. 2014/12/24(水) 20:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三菱鉛筆9850


 私は消しゴム付鉛筆が嫌いだ。あれらの消しゴムで字を消せたことがない。リラ プロナチューラも消しゴムナシ2511を輸入すべきなのに、なぜか消しゴム付2515ばかりが輸入される。いくら日本が米国の属国で文化的にも英語の影響著しくて現代日本語が英語の補助無しに成立できないといえども、鉛筆の好みまで同じなんてことはない。

 そこで三菱9850と出会う。黄色い9852ではなく赤い9850だ。同社ユニより濃い軸色に銀文字が美しく、白い消しゴムがまた似合っていた。今回は消しゴム付鉛筆9850である。おそらく日本製。
発売年不詳、品番からすると9852が派生でこちらが元に思うが未詳。

φ7.8mm×188、六角軸、約5g、1ダース720円税別、芯硬度HBのみ、芯径2.1mm
銘は三面にあり
MITSUBISHI
PENCIL CO., LTD.
"MITSU-BISHI" [三菱ロゴ] 9850 *HB*
SMOOTH WRITING PENCIL FOR Office Use *HB*
[バーコード] *HB*

 9850の軸色は9800の深緑と並べると映える。黄色や藍色とも映える。9852限定品は五年に一度くらい増産したらいいんじゃないだろうか。
芯と木鞘
・同社9800と同芯質に感じる。
・軸木は日本の鉛筆。悪くもなく良くもなく。
・単品で買った品にはバーコードのかわりに斜体で「リサイクル鉛筆/エコマーク商品」と入っていた。なにがリサイクルなのかこれまた不詳だが、集成材ではないようである。
※2016年1月16日訂正;集成材だった。その接ぎ目が現在主流のものと異なる。9850追加画像
それの消しゴムに老化が見られなかったからてっきり最近の生産品だと思ったら古いようだ。ロット番号99EC322だった。現行品はエコマークなし。

消しゴム付鉛筆が劣勢なのは、その消しゴムのせいと言ってもいい。残念ながらこれも例外ではない。
◆消字力;やや低い
・そんな消しゴムでも新聞紙では遜色なく消せる。むしろ一般的なノート用紙が不得手。
・非塩ビゴム使用。変更時期不詳。天然ゴムより老化(劣化)しにくいが、しないわけではないから長期放置するものでもない。

*1行めは書いて消す行為を1回、5行めはそれを5回繰り返した。
*各製品の芯を各製品の消しゴムで消した。
a)Koh-I-Noor SUDOKU1350
b)本品
c)トンボ2558/HB
d)ジャノメ(アイボール鉛筆)ゴールデンソード/HB
e)青森県立美術館鉛筆(伊東屋イートンペンシルと同型、元はおそらくキャメル鉛筆No.CA-P4)
f)ロディア鉛筆
g)パロミノ ブラックウィング602
この反復消字試験ではトンボ2558以外どれも大したことないが、筆記で一・二回消すくらいならどれもうまく消せる。
また紙によって消字力に差が生じ、日本の代表的なノート用紙は塩ビ消しゴムとポリマー芯に最適化されているらしく概ね性能が落ちる。それでもなんとかなる。 [三菱鉛筆9850]の続きを読む
  1. 2014/12/24(水) 12:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Koh-I-Noor スードク1350


※2015年1月4日:鉛筆と消しゴムの比が間違っていた。黄金比に近い塗り分けに対して、実際には鉛筆73%消しゴム27%ほどだった。
※修正した。芯の長さは画像の通りだが(約22mmを)木鞘が支えておらず、たぶん鉛筆部を使い切れない。→kin1350追加画像

 私は消しゴム付鉛筆が苦手だ。天然ゴム系を好む私でもあの消しづらいことこのうえない消しゴムが好かん。米国では消しゴム付が一般的だが、こと鉛筆に関しては米国人と席を同じくできぬ。*たぶん必要と思うので注記するが、この文に政治的暗喩はない。
 そんな私も興味をもった消しゴム付鉛筆が、「鉛筆と人間」(H.ペトロスキー、1989/1993)で紹介されたディクソン アーティザン268、俗称ペニー鉛筆だった。赤青鉛筆が両端にそれぞれ色芯を挟んでいるように、ペニー鉛筆は両端にそれぞれ墨芯と棒状消しゴムを挟んでいる。そして同形式の鉛筆が今回の数独用SUDOKU1350。チェコ製。
 便利そうに見えて実は少々面倒な鉛筆である。しかし多用している。

φ7.0×175あるいはφ7.2×176、丸軸、約4g、先付け
芯硬度2Bのみ、芯径2mm
分度器ドットコムはHB? と説明しているがKoh-I-Noorカタログ.pdfでは2B。日本人からすると確かにこれはHB程度の色と硬さに感じられる。
銘:KOH-I-NOOR HARDTMUTH SUDOKU
[バーコード]

銀色黒、金色黒軸と数独柄とでは寸法差のほか細かな差異があり、製造時期か製造ラインが異なると思われる。ロット番号等は見当たらない。
75%が鉛筆
・芯は脂ぎっておらず乾いた感触、高級品ほどのなめらかさは無いが不快さもない。
・最初に使った一本の芯からは画像左側のような斑点が頻出した。二本め以降では現れていない。
・カオリナイト様の高硬度粒子が混じっていると思ったが、斑点が頻出する割りには筆記中「砂を噛む」感触が、鉛筆を八割方使っても一・二回だけだったことから、粒ではなく空隙だったようだ。並品だが不純物は少ないようである。
・そんな芯でも書き味が私の好みだったが、数独柄の芯はよろしくなかった。品質が安定していないか、仕様変更されたようである。
・軸木は悪くもなく良くもなく。銀色黒は色が濃く、数独柄は白い。
・軸径が細く、日本製クロームサヤは合わない。

25%が消しゴム
◆消字力;良
・体積比は従来品の実質二倍、でありながら直径が従来品の約半分で細かく消せる。
・φ3.8mm消しゴムはロットリング ラピッド用消しゴムに似ている。
・材料はおそらく非塩ビ。紙面を傷めず消字力も悪くない。
・この形式ではたとえ消しゴムが老化(劣化)しても削り直せば新しい面を出せる。一般的な消しゴム付ではそれが難しい。
 しかし消しゴム側を刃物で削ると、削りかすが離れない。しかも両端を削って短くなってゆくから、刃物ではますます削りにくくなり、意外に面倒だ。またカッターの刃が消しゴムを抜き出してしまうこともある。
 だから鈍角に削れる鉛筆削りたとえばクツワ トガール等で削ることを勧める。
と書きながらも私は結局カッターで削り、離れない削りかすもそのままに消している。

*1行めは書いて消す行為を1回、5行めはそれを5回繰り返した。
*各々の芯を各々の消しゴムで消した。
a)本品
b)三菱9850/HB
c)トンボ2558/HB
d)ジャノメ(アイボール鉛筆)ゴールデンソード/HB
e)青森県立美術館鉛筆(伊東屋イートンペンシルと同型、元はおそらくキャメル鉛筆No.CA-P4)
f)ロディア鉛筆
g)パロミノ ブラックウィング602
この反復消字試験ではトンボ2558以外どれも大したことないが、筆記で一・二回消すくらいならどれもうまく消せる。
また紙によって消字力に差が生じ、日本の代表的なノート用紙は塩ビ消しゴムとポリマー芯に最適化されているらしく概ね性能が落ちる。それでも問題ない。 [Koh-I-Noor スードク1350]の続きを読む
  1. 2014/12/24(水) 06:00:00|
  2. ┣鉛筆Pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三菱鉛筆 ジェットストリーム4&1 MSXE5-1000第二回


三菱鉛筆 ジェットストリーム 多色ボールペン 0.5mm 替芯 10本セット(黒5本・赤3本・青2本) SXR-80-05


三菱鉛筆 ジェットストリーム 多色ボールペン 0.5mm 替芯 組み合わせ自由10本セット(黒・赤・青・緑) SXR-80-05


三菱鉛筆 ジェットストリーム 多色ボールペン SXR-80-07/0.7mm 替芯選べる10本セット(黒・赤・青・緑)

 ゴムグリップには経時劣化する欠点がある。→nlog(n): JETSTREAM 4&1 の替グリップ問題。私はリンク先ほど使い込んだことはない。
やがてべたついてぬるつくゴムグリップを舛田歯科医院に頼んで革へ張り替えていただいた。本体別・送料込みで一千円かからず(2014年9月現在)。一気呵成に張り替えたという。
 縫い目をクリップ延長線上からずらし、ポケット生地と擦れ合わぬようにしてもらった。ゴムは布地を引きずるが革は障りなくポケットから出入できる。革の色を指定しなかったが軸色に合わせてくれた。
 握り心地は良好。隙間が見え、雨に濡れたこともあったが問題ない。
保革油をどこにしまったのか失くしてしまって油を塗らずに使っているが、ポケットに収めることを考えればそれでいいのだろう。

 やはりグリップ交換は商売になると思うのだが、パイロット ハイテックCマテリアル(木製のほか陶製グリップがあった)はあまり売れなかったようだし、ラミー アクセントは輸入中止となったから、ゴムグリップ流行は未だ衰えていない。由々しき事態だ、早く人々を目覚めさせなければ。

 本品の特長は重量の約半分を占める金属製下軸・前軸・グリップにある。
対して上軸・後軸が軽いから、口金近くつまりグリップ前部を握っても、前軸と後軸の接合面つまりグリップ後部を握っても重心を外さずに書ける。革へ張り替えてもこの重量配分は変わらない。
 プライム3は重心位置が本品に近いが重量配分が前部に集中しておらず、金属軸に慣れていなければ少々扱いにくい。
プライム3&1は重心位置が本品より後ろ寄りで、万年筆等を使い慣れていなければ扱いにくい。高級品は必ずしも万人向けではないからそれが妥当だ。
 よって、多数派の社会階層に合わせたいちばん廉い4&1がいちばん扱いやすいのは必然。つまり日本の筆記具は安物に基準を置いている。だから感性が乏しくて高級品を設計製造できない、のではなく、ボリュームゾーンに合わせたのみ、と思いたい。
[三菱鉛筆 ジェットストリーム4&1 MSXE5-1000第二回]の続きを読む
  1. 2014/12/12(金) 12:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三菱鉛筆 ジェットストリーム4&1 MSXE5-1000第一回


三菱鉛筆 ジェットストリーム 多色ボールペン 0.5mm 替芯 10本セット(黒5本・赤3本・青2本) SXR-80-05


三菱鉛筆 ジェットストリーム 多色ボールペン 0.5mm 替芯 組み合わせ自由10本セット(黒・赤・青・緑) SXR-80-05


三菱鉛筆 ジェットストリーム 多色ボールペン SXR-80-07/0.7mm 替芯選べる10本セット(黒・赤・青・緑)

三菱 SXR-80:Amazon検索

 プライム以前、アルファゲルSXN1000とともに高価格帯ジェットストリームだった多機能ペン。五芯・二機能(黒赤青緑ボールペン+0.5mmシャーペン)、摺動式、2008年11月0.7mm発売、2010年2月0.5mm発売、軸色6色以上、日本製。この銀色軸は0.7mmボール径。
替芯はJIS油性B型より短いSXR-80

・金属製下軸・前軸・グリップが重量の約半分を占める。
・対して上軸・後軸が軽いから、口金近くつまりグリップ前部を握っても、前軸と後軸の接合面つまりグリップ後部を握っても重心を外さずに、ボールペンに最適な筆記角度で書ける。
・ゴムグリップは硬め。やはりべたついたり油(可塑剤)が滲みだしたりするという。→nlog(n): JETSTREAM 4&1 の替グリップ問題。これについては第二回で改造を頼んだ
・後年2010年、木製グリップのピュアモルト ジェットストリームインサイドが発売され、予約された小売店まであったらしい。
・スライドレバーは銀色軸では明灰色に、淡紅色では薄桃色にするなど、軸色との統一感を図り、色標は指掛けに埋めこまれた。
・当初色標と指掛けは面一だったが2010年ころから凶々しく出っ張り、側方からも見えやすくなった。
・黒インクと赤インクが隣り合っていない。
・金型分割線が見える合成樹脂製上軸を金属に見せかけるのは材料をごまかす俗悪な処理だが、俗悪たらんと開き直って金属と同じくらいの光沢で、その欺瞞を覆い隠している。
・金属調塗装された上軸に対し頭冠キャップが塗装されず、外観に統一性が無い。黒軸除く。
金型を更新したのか細かく変更されている。銀色が旧く、赤が新しい。
◆替ゴム:シャープ消しゴムS(SKS)
クルトガスタンダードM3/M5/M7-450、スタイルフィットマイスターUE5H-508等と共用。
[三菱鉛筆 ジェットストリーム4&1 MSXE5-1000第一回]の続きを読む
  1. 2014/12/12(金) 06:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0