アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

三菱鉛筆 ボクシー UB-1006BXN



 1960年代末に登場した水性ボールペンは旧来の油性ボールペンより書き味よく、筆跡が明瞭で、1980年代には中高級化し、数千円の水性ボールペンが次々発売された。ゼブラ Be-pen、パイロット ローリート、ぺんてるローリー(現行品とは異なる)など各社から発売され、それらはほぼ同型(JIS水性A型)替芯を用いた。つまり使い捨てではなく、替芯を基に商品展開された。
三菱鉛筆が発売したのがユニボールUBR-300替芯で、EXCEEDシリーズそしてBOXY上級品に採用された。今回はそれである。
軸色4色、生産期間不明(おそらく1980年代後半~1990年代)、たぶん日本製。1,000円。
 本品を紹介する前に、訂正したいことがある。「高級感への第一歩は替芯を金属芯化すること(高級品は中身からして違うことを、金属芯で印象づけられる)」と書いたがあれは誤りだ。高級化への第一歩は、長期に亘って使い続けられること、消耗品供給が続けられること、金属芯化はその次の段階、と修正しよう。そして日本製は生涯つきあえるものじゃない。
だから安物なのだが、当時流行した水性ボールペンの替芯は今も供給され、日本製ボールペンも高級化を志向していたことが窺える。

 Oリングをはめたグリップ「リングリップ(後年リンググリップへ改称された)」は当時の同社製図用シャーペンM3-1052にも見られる。
通例、キャップ式筆記具には、グリップに相当する「首軸」があり、ふだんはキャップに覆われているが、これは胴軸前部がグリップを兼ね、つねに露出している。首軸は極端に短く、口金の台座でしかないうえ胴軸と分離しない。
首軸が無いといったほうが適切な形式で、キャップを開けたのち、グリップを握り直すことなく書き始められる。そして直筒軸のため段差がなく握りやすい。ラミー ロゴ万年筆も同じだ。
多くのキャップ式筆記具では、首軸と胴軸の間に段差がある。評価が高い万年筆はこの段差が小さい、もしくは意識させないものだ。本品も同様である。
 キャップは胴軸と同径、長さは37.5mmで長すぎず短すぎず、後装してもクリップが干渉しない。

 直筒軸は、1920年代ころ登場した「流線型」によって時代遅れとなり、20世紀後半、モダンデザイン再評価とともに再登場した。そして流線型とモダニズムは奇しくも同時代のデザイン潮流だった。

 ABS樹脂軸は軽く、金属製替芯は重く、適度な重さと安定感がある。
キャップ式ボールペンはペン先ががたつかない。本品の胴軸内奥にはばねが仕込まれ、替芯を前方へ押しつけてペン先揺動を解消する。
口金をねじって外し替芯交換。 [三菱鉛筆 ボクシー UB-1006BXN]の続きを読む
  1. 2016/02/16(火) 06:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0