アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

エーマン グルーヴ

 民芸品のような木軸3.2mm(実寸3.15mm)前装式芯ホルダ。可納芯長97mm。
滑止め溝のほか、ステイン仕上げされた木目そのものも滑止めになっている。転がり止めやクリップはない。


 ノックは感触が柔らかく軽い。いわゆる第四支点を持ち、丸く膨らんだ後部が指の股に収まり、握力が萎えても保持し易く、指先に負担をかけずに済む。筆記ではその後部が少々干渉するが指先を固定せず、これの人間工学設計は成功例に数えられるだろう。
軸を強く握り込む向きにも合うと思うが、シェイクハンドグリップでは一転、不意にノックボタンを押してしまうと思われる。

 口金は軸に接着され、その周辺には接着剤がはみ出し、赤い球状ノックボタンは中心からずれ、作動に支障ない部分は雑、というより日本の品質管理が異常なのかもしれない。
  1. 2008/11/20(木) 06:30:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エーマン ヴィクター | ホーム | エーマン ワイドボディ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/101-240a0ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)