アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

シード スレンディプラス EH-S



 薄い非塩ビ製消しゴムを平たい軸に収めた、携帯し易い消しゴムホルダ「スレンディ+」は、20年程前からある同社スレンディを改良したもので、
・軸材の金属鈑が0.32mmから0.4mmへ厚くなって
・クリップ形状が変わり、
・消しゴムの消字力が向上した。
全長はA6判短辺より短く栞代わりになるも、クリップの隙間が0.5mmと狭くメモ帳の厚紙表紙には挿せない。
※残念ながらスレンディを所有しておらず、OEM品のトンボZOOM636ehと比較した。

 2mm厚×6.3幅×67長の非塩ビ消しゴムを先端のチャックで銜え、後方のスライドボタンを摺動させて操作する。
ボタンはがたつきやすいが消しゴム保持は確実。消しゴム寸法は新旧で僅かに違い、プラスに旧型消しゴムは入らない。
 同じく非塩ビ製のトンボモノゼロは製図用といっていいもので紙を選ぶ傾向があったが、本品にそれは感じられず非塩ビのわりには消しやすい。
軸色は銀色のほか黒がある。また同社は同構造のルフラットという製品も発売している。
 薄型消しゴムの雄、ぺんてるクリックイレーザーFOR PRO ZE31(右)はクリップ基部から上が14mmあり、栞代わりに持ち運ぶには不都合がある。

  1. 2008/10/30(木) 06:30:00|
  2. ┗消しゴムEraser
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エーマン ワイドボディ | ホーム | ウォーターマン エドソン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/108-20af2637
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)