アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ロットリング600 502 621

ロットリング ホルダー替芯:Amazon.co.jp検索


 ロットリング画材部門販売代理店ホルベイン画材から2008年10月にロットリング800と共に発売されたロットリング600芯ホルダ。
φ9mm×144mm、17.5g、重心は軸長比約40%、2mmドロップ式、芯硬度表示及び簡易芯研器ナシ。銀色と黒がある。
 ロットリング600の名に過度の期待をすれば本品に落胆するだろう。しかしこれを商品化したこと、それも限定ではなく定番としたことをまずは賞賛したい。
Rotring has produced the rotring 600/2mm leadholder with the 800/2mm in Oct 2008.
ø9mm×144mm, 17.5g, there is a balance-point on 40% which barrel-length in ratio. A spring-clutch mechanism for 2.0mm. Lead hardeness degree indicator and built-in lead pointer, either N/A. There are silver and black the body colours.
You'll be disappointed this if you excess hope/expect for fame of "rotring600". But, I would admire to a standard-production which was decided by the company, and that isn't a limited-production.

 プッシュボタンに芯径表示はなく、他と共用できない。
前軸は直筒φ8mm、先細りの前軸を持つ600より300に近く、細く感じられる。ここはφ8.4mmくらいが良かった。しかしローレットにはきれいに菱形が並び、樹脂成形品かと思いきや金属で感触も良い。
後軸は通販サイトによればポリアセタール製とのことだが金属音を発し冷たく、また前軸と分離せず、私にはアルミ合金にしか思えない。
芯研器は純正品R505 250Nのほかステッドラー502、ダーレ301等々が合う。
A push button isn't marked lead dia/size, and can't appropriate from other products of rotring.
It is made a knurled grip to feel narrow, which is nearer a straight grip of the rotring300 than a slightly tapered grip of the rotring600. I wish it be about φ8.4mm a grip, though, it's φ8mm.
But it well feel a knurl pattern that has arranged the diamonds in regularly order as if a injection-molding, which made of metal. A likely solid.
I think made of Aluminium alloy the barrel since a metal-sound, cool feeling and a knurled grip can't separate from a hexagonal barrel.
Suitable the rotary lead-pointer ; Rotring R505 250, Staedtler502, Dahle301 and more.

中軸・芯室は樹脂、同社300用金属製芯室を流用でき(逆は×)、簡易芯研器を装備できる。先行する300と部品を共用しなかった理由はわからない。
クリップ先端は改良され、生地に挿し易くなった。
The 600/2mm has a internal-tube/lead-chamber made of a plastic (probably POM). A internal-tube of the rotring300/2mm is able to appropriated to the 600/2mm (unable on reverse). As a result, the 600/2mm acquires both a built-in lead-pointer and a metal tube, from both parts of the 300/2mm. I don't know a reason that the company didn't adopt the internal parts of the 300/2mm despite aforesaid adaptation.
A tail of pocket-clip to enter easier to pocket than the 600 mechanical pencil since it improved.

 600を2mm化したというより300芯ホルダをアルミ軸にした、といったしろもので特に欠点はないが物足りず、スペック上は300にも劣る。
しかし、金属軸による良好な安定感と、芯ホルダ特有の高い芯保持力と相乗してブレない。ただ運搬中に口金が緩むことがあり、気になる場合はねじ緩み止めを塗るのがよい。もっとも口金が緩んでも芯はブレない。
 600シャーペンとは感触がずいぶん違うため、シャーペンに近い使用感を求めるなら800/2mmを薦める。
I recommend the 800/2mm if you ask for nearer usage impression of the 600 mechanical pencil. However this hasn't particular lack, there is unsatisfactoriness some. It's rather the 300/2mm made of aluminium alloy than the 600 adapted for the 2mm, and it's inferior to the spec of 300/2mm.
You should use the threadlocker (such Loctite) if you minded to when a nose of barrel often had been a slightly screw loose in carrying. Nonetheless a lead doesn't wobble, due to well steady body and the hold-ability is proper to the leadholder.


関連記事
related posts
→ロットリングrotring 600G/0.7mm mechanical pencil
→リネックスLinex LH1000
→ステッドラーStaedtler 780C
  1. 2008/12/10(水) 06:30:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロットリング800 502 820 Rotring 800/2mm | ホーム | エーマン ヴィクター>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/112-9a07dd3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)