アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

三菱鉛筆 ユニ修正紙ホワイティア CLK-6N



 □52×10mm。表面の赤は褪色している。現行は透明容器でテープ長10m。詰替え式。
 「嘴」を上げ、裏面に糊がついた紙テープを引き出し、嘴で切って、紙面に貼りつけ覆う修正カバーテープ。転写式に対し貼付式と呼べばいいのか。
紙テープのため、尖ったペン先で書いても剥がれない。ただ万年筆用インクののりはいまひとつ。テープは転写式より厚いのに被覆力は低く、切って貼りつけるため一文字修正が難しい。
 修正テープ黎明期の遺物で転写式より優れるところは無いのだが、角張りながらも輪郭線から突起物がはみ出ないスナグプルーフなこの形はとてもよい。転写式は定着ヘラがはみ出ているものが多過ぎる。
 ぺんてるケスキーとフレンチポップに6mm幅が追加されることを、プラスホワイパースライドの販路が広がることを願うばかりである。

 本品は仮止めテープや再貼付可能ラベル用途が見出され、修正テープとして異例の25mm幅が生産されている。
※2016年2月1日追記;資料、同社カタログ1991p193
25mm幅が発売当初からあったことがわかった。

知らぬ間に販路が広がってAmazonでもホワイパースライドが買いやすくなっていた。

なんか売上に載ってた。
  1. 2009/10/15(木) 06:30:00|
  2. ┗修正具Correction instruments
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パイロット クーペBCP-1SR | ホーム | トンボ鉛筆 H200PA>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/125-fe571ac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)