アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

トンボ鉛筆 モノホルダー


 芯径2mm、φ8.9×153mm、8g、重心位置(軸長比)42.5%。簡易芯研器、芯硬度表示ナシ。適合芯研器:ステッドラー502等。トンボに生産期間を問い合わせたところ資料無く不明との回答。モノ鉛筆(1963)以降には違いないだろう。
 付属芯は脱落防止管つきモノ芯。H200PAと違い、プッシュボタンを外して後装可能。このボタンは外れやすい。厚めのチャックは2.3mm芯を銜えられるも、チャック-芯室(中軸)接合部が細く2mm芯しか入らない。
 長く伸びた6mm径の尾軸はファーバーカステルTK9603www.leadholder.com/lh-non-fc-9603.htmlの影響下にあると思われる。
残念ながらTK9603が手元に無く比較できないが、軸中央が膨らんでいないモノホルダーは尾軸が似ているだけで使い心地は似ていないかもしれん。
 私有品にはクリップが無いが、クリップつきが存在したことをwww.leadholder.com/lh-draft-tombow.htmlで確認できる。
  1. 2010/01/15(金) 06:30:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トンボ鉛筆 モノテック | ホーム | パイロット ローリート ルアーノLC-300R>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/129-3d2d742b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)