アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

デザインフィル ミドリカンパニー MDノート



 紗と帯が巻かれた0.5mm厚の表紙はオフホワイト、中紙も同色で上品なノートだ。糸かがり製本で栞紐がつく。日本製。版型等は公式HPを。画像はA6版、5mm方眼罫。
 書き心地等については検索エンジンを介して他を参照頂くとして、ここでは方々で評判が悪いMD方眼罫に言及しよう。
 見ればなるほどその理由がわかる。この版下を組んだ人間は、方眼罫を原稿用紙のように一マスに一文字書いていくものと捉えたのだろう。しかしそんな器用さを獲得していたら私は5mm方眼罫を選ばない。これは原稿用紙の代用ではなく無地の代用だ。
 文章は直列にならざるをえないため、横か縦罫で事足りると考えがちだが、事物は重層的であり整列された状態で現れてくれるわけではなく、私は本質を喝破できる眼力を持ち合わせてもいない。
だから散文的な羅列や項目ごとの相関図にして一望化しようと試みるのであり、それには無地がいいがあちらは自由すぎて、書き込む位置を決めやすい方眼をその代用に私は選ぶ。
 5mm方眼がせせこましく見えることを解消したかったなら、交点を並べたドット方眼か、十字を連ねた方眼にすれば良かったのではないか。
また、せせこましい小さな版型に方眼罫を採用すれば縦横自在になり面積を活用もできる。せせこましさがせせこましさを緩和する。
 裏抜け(裏うつり)しやすいプラチナプレピー蛍光マーカーが、本品でも抜けるものの他に比すれば抜けにくく、また天然ゴム系や合成ゴム系消しゴムとも相性が良い。変わった罫といって打ち棄ててしまうようなものでもない。
  1. 2009/05/15(金) 06:30:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三菱鉛筆 ジェットストリームSXN-250 | ホーム | カランダッシュ 0453.000>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/130-360c3b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)