アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

トンボ鉛筆 モノテック


 同名製図用シャーペンを2mm芯ホルダ化した四角軸。シャーペンと同じクロム鍍金(500円)に加え黒染め(700円)がある。
φ8(先軸径)×148mm、14g、簡易芯研器、芯硬度表示(4H-2B)あり。適合芯研器:ステッドラー502等。付属芯は同社モノ芯。脱落防止管つき。トンボに生産期間を問い合わせたところ不明との回答。1980年代から90年代か。
 特徴的な四角い後軸は中央が膨らみ、意外に扱いやすい。後軸が細く逓減するのはシェイクハンドグリップのためでありモノホルダーの後継だからだろう。見た目は離れたが、こちらのほうがTK9603に近いと思うがどうか。
 中央の芯硬度表示ダイヤルは指に触れやすく、不意に動いてしまうことがある。
 中身はロットリング300と交換可。600不可。
  1. 2010/01/15(金) 06:30:30|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<トンボ鉛筆 H-450 | ホーム | トンボ鉛筆 モノホルダー>>

コメント

記事違いで申し訳ありません。質問です。
ロットリングのバリアントを知り合いから頂いたのですが、ニブが使い物になりません。
手頃(でなくても)良いのですが、バリアントに使えるニブを教えていただけませんか?よろしくお願いいたします。
  1. 2010/01/23(土) 23:39:30 |
  2. URL |
  3. ひつじ #rzVhfMJo
  4. [ 編集]

 バリアントのことでしたら該当記事へコメントしてくださって結構ですよ。

 ご質問の件ですが、ステッドラーマルスマティック700用で代用できます。
  1. 2010/01/24(日) 15:51:19 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

これ好きだったんです。

待ってました。って感じです。
芯硬度表示ダイヤルが動いちゃうんですよ。コイツがいただけない。
結局いちいち確認するハメに。(ロットリング300も結構動いちゃってたりしますがね。)
でも四角い軸は意外に扱いやすかったですね。
樹脂の質感もなかなか上質でした。この時代のこのあたりは日本製品の独壇場でしょうか。
軸のバランスも好みでした。
廃盤品とはいえ・・・最近は見かけないですね。

ロットリング300と互換性があったのですね。確かに非常に酷似していますね。
軸しっかりは 中身クラッチ以外はPVCのパイプ
軸強度の高くないものは 中身が金属製パイプ のロットリング300と600の関係にも似て。(←意味が伝わっているのか?)
という事はこれはロットリング600のちょい下のニッチを狙ったプロダクトでしょうか。

既に手元には無く、一度見かけたのですがスルーした事を後悔しています。パッと見より なかなかの良品でした。チャームポイントであったハズの芯硬度表示ダイヤル以外は。
もうふた周り程 φを小さくしておけば良かったのではないでしょうか。

魚眼さんに取り上げてもらって モノテックも成仏した事でしょう。
  1. 2010/02/11(木) 14:17:51 |
  2. URL |
  3. Hagy #-
  4. [ 編集]

>軸しっかりは 中身クラッチ以外はPVCのパイプ
>軸強度の高くないものは 中身が金属製パイプ のロットリング300と600の関係にも似て。

ロットリングが300と600芯ホルダで中軸を共用しないのが不可解でしたが、軸材によって強度と肉厚が変わるため、中軸の厚さも変えたわけですね。なるほど!

 モノテックはトンボ最後の芯ホルダだったかな?
線香くらいにはなったでしょうか。
  1. 2010/02/15(月) 20:16:27 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/131-b4594a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)