アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

パイロット H-563

 1980-90年代の製図用。カタログ上はHHP-50Rホルダー。φ8.9×144mm,4mmスリーヴ、芯硬度表示4H-2B(F含む)、10g,重心位置軸長比48%,クリップ脱着可、五芯径。芯繰出量0.3mm/ノック。消しゴムは同社現行製図用シャーペンSシリーズと同一、ノックボタンは交換可能。
価格500円だから500番台、2ケタめの6は不明(開発番号?)、下1ケタは芯径を表し、563は.3mm。

 本品は鋭角的且つ長い口金のおかげで芯先も見やすく、堅牢であれば単純な軸形でかまわない製図用らしい軸といえよう。
 同社Sシリーズに見られる、長い握把というコンセプトは本品で既に示されており、その長さは全長の53%に及ぶ。
シャーペンを直立させて線を引くとき、軸を短く持てば芯先が見づらくなり、脇から覗きこむか軸を傾けて線を引くことになる。しかし軸を長く持てば(軸中央を握れば)、直立させたまま線を引けて芯折れを防ぐことができ、線を引きながらシャーペンを回す芸当もやりやすい。
 同社Dr.Gripの登場(1991)以来、すらりとしたクセのない軸はずいぶん減ってしまったが、高筆圧が多く筆記用途が優先される状況ではそれが当然なのだろう。
  1. 2010/07/05(月) 06:30:00|
  2. ┣シャープペンシルMechanical pencil
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<マルゼン オリオン ステープラNo.10 | ホーム | ゼブラ スラリ BN11>>

コメント

謎と疑問と少々の愚痴

H-58X は持っていませんが、中央の H-109X は愛用品で相当数所有しています。
パイロットの H シリーズは 手元にいつの間にか増殖しています。

確かに下から2桁目の数字は謎ですね。

>高筆圧が多く筆記用途が優先される状況では・・・
高筆圧(というか握りが非常に強いのか?)を 筆記具が受けとめてくれる限り、ますます高筆圧者が増加するのでしょうね。
ウチの若手には筆圧どころか【ありえない】持ち方をする者が出現しています。

あれらの柔らかグリップは 本当に人に優しいのか 疑問です。(必要なケースも認めます。)

人に優しい のは,人には優しくないかも です。

こういった 骨のあるグリップで指が痛くなる → 筆圧が下がる。のような気もします。
  1. 2010/07/07(水) 12:38:50 |
  2. URL |
  3. Hagy #-
  4. [ 編集]

 この種の製品が少なくなったのはさびしいものです。
べたつくゴムグリップが苦手というだけだったりもしますけど。縁あって革巻きをいただきましたが、革のほうがよろしい感じです。

 パイロットの製図用に話を戻すと、長めにペン軸を握れば必然筆圧が下がって疲れにくくなり、グリップが堅ければおっしゃる通りなので、長いグリップを持つこれら製図用はやはり傑作に思います。Sシリーズにはゴムグリップつきもありますけどね。
  1. 2010/07/14(水) 01:32:42 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

あはは~

グローブレザー巻き作りますか?
やっぱりクーペが、ただでさえ太いクーペが、
それこそ極太になりますが、
コツンと重い太革巻きということでは
クーペの右に出るものはないです。
26グラムくらいあったかな~
もしよろしければ作りますよ。

革がもう少し薄ければジャストミートや
ピュアモルトの革巻きも好きなんですが、
こちらはクリップも自作して、
全身革巻きがオススメです。
木の適度な質量も革との相性が良いようです。
  1. 2010/07/24(土) 21:57:30 |
  2. URL |
  3. みみどん #96lDoCEY
  4. [ 編集]

 お返事遅れてすみません。
クーペはそのまんま使い続けようと思います。

 革巻きですが、木材と革は手入れの面でも相性良さそうですね。
 ゴムグリップがついている製品なら、そのゴムを剥がして革へ置換したいと思うことがあります。
ゴムグリップは新品時はべたつかなくても、使うにつれ汚れが蓄積していくようで、少々ベタついてきます。これでひと商売できるくらい潜在需要があるんじゃないかと思ってます。
  1. 2010/08/04(水) 21:32:06 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

こちらこそ気付きませんで

ゴムをはがして革巻きにしたこともありますが軸に接着してるタイプが多く、
それを削ってはがすと必ず凸凹ができるので、
削ったり埋めたりして巻くのは労多くて益少ない気がします。
かといってゴムがつるんと取れるタイプだと、
ゴム部分が短くて僕にはイマイチのことが多いですね。
なので現存するのはエアーフィット500とコクヨナイスフィットの革巻きだけですが、
コクヨのほうはゴムの代わりにシリコンゴム?のパイプを装着して、
その上に巻いた気がするので意味がないです。

とはいえ、もしゴム着脱式のBPでゴムがダメになったのをお持ちでしたら改造しますよ。
  1. 2010/09/03(金) 02:18:11 |
  2. URL |
  3. みみどん #tYaq9VZE
  4. [ 編集]

 8月4日のコメントがなぜか承認待ちになっていて、気づかれないのも無理ないことでした。すみません。

 ジェットストリーム4&1のゴムグリップを同径でなんとかできないかと。最近はゴムグリップにもあまり抵抗を感じなくなってきましたが……
  1. 2010/09/05(日) 10:21:15 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

多色系、多機能系は興味なかったんですが、
金属にゴムがついてるので改造はそんなに難しくなさそうに見えます。
ゴムを剥がしてみないと何とも言えないのと、たぶん多少太くはなるでしょう。
こんど店頭で見てみます。
  1. 2010/09/06(月) 01:53:54 |
  2. URL |
  3. みみどん #tYaq9VZE
  4. [ 編集]

4&1見てきました

あの太さと重量とバランスはなんか良さそうですね。
ゴムは金属軸に接着のようですが分解できるので
ゴムを削り取ってしまえば革への換装は可能でしょう。
ゴムがダメになったのお持ちでしたら改造しますよ。
  1. 2010/09/07(火) 03:13:47 |
  2. URL |
  3. みみどん #oEM/izxQ
  4. [ 編集]

 ゴムグリップがはがれるまで使い込んだものはないので、ご依頼するとしたらたぶん新品だと思いますけれども、そのときにはよろしくお願いします。
  1. 2010/09/08(水) 23:10:37 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/11/29(月) 13:14:09 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

非公開コメントさん、もう不要かもしれませんが、Dr.グリップ4+1の消しゴムはシャープゴムNS HERFNS-10です。
パイロットに注文したらよろしいかと存じます。
  1. 2010/12/28(火) 11:24:55 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/136-f8086e10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)