アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ゼブラ プチ☆ノックスターBN7S

 女学生向けの油性ボールペン。小さな星型クリップ兼チャームがつき、シャーペンならハート型がつく。ペン本体のクリップは可動式。2005年の限定品で半額処分されていた。日本製?

 軸長はA7版長辺より少し短く102mm、ゴムグリップはなく、軸径は10mmちょっとで細くもなくて、小さく短いわりには使いづらくない。しかしその軸径が徒になってダブルリングノートのリングに挿せない。
 本品の面白い点は、軸長と替芯長に4mmしか差がないこと。商品イメージに反して冗長さがなく、替芯を抜き出すとその対比に驚く。
替芯はK-0.7芯(φ2.95×98mm、直線筆記距離800m、JIS油性B型)、細字嗜好が高まる若年層には0.5のほうが歓迎されたのではないか。
 書き味は日本製らしく軽く滑らか、困るくらいの滑らかさでゲルインク並みの筆圧で書ける。冬だったらもう少し重くなるだろうか。※あまり変わらんかった。優秀だ。
三菱スタイルフィット用UMR-109(φ3×98.5mm)やスリッチーズ用BGRN(φ3×98.5、尾栓を外す)でゲル化可能。
 この種の筆記具は机上用に対し傍流であるものの、パイロットDr.グリッププチモ、ゼブラミニライトライト同ペンポッド、トンボPフィット、同XPA、時代はズレるが同626bc等、携帯に特化した筆記具を各社売り出そうとしていたことがわかる。電子文書化や服のポケット形式の変化に合わせて小さな筆記具は需要が持続すると私は主張しているが、本品が限定に終わったところをみるとこの見方は外れていたようだ。立位筆記は電子ガジェットに移っていくのだろう。
 唯一トンボPフィットが各デザイン賞を受賞している。そして、先頃サンスター文具がバインダーボールを発売した。筆記具単体ではなく、メモ帳と一体化できるコンセプトが要なのか。

ゼブラ替芯は以下の四種が適合。

  1. 2009/06/15(月) 06:30:30|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<パイロット アクロボールBAB-15 | ホーム | ゼブラ ミニライトライト>>

コメント

相互リンクのご依頼

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
n6iQqVIJ
  1. 2009/06/15(月) 07:49:59 |
  2. URL |
  3. hikaku #cJuqLt0I
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/140-6ad786ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)