アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

パイロット BRFN-10レフィル

※2010年か11年にAインキが廃止され、型番そのままにアクロインキへ変わった。まったく嘆かわしいことだ。
パイロット A-ink油性ボールペン替芯 細字黒×10 BRFN-10F-B:Amazon.co.jp
パイロット BRFN-10:Amazon.co.jp検索
パイロット BRFN-30:Amazon.co.jp検索

 三菱ジェットストリームが先頭を走る低粘度油性ボールペンで二番手三番手に位置する製品がある。といっても低品質なわけでなくジェットストリームが異常なだけである。
 ぺんてるローリーやパイロットアクロボール及びAインキがそれであり、今回のパイロットBRFN-10は同社の高級ボールペン用金属製BRFN-30を樹脂製にした普及品で新油性(発表時)Aインキ採用。※樹脂製が先発で金属製が後発だった。
低価格帯に太芯を投入する日本企業は珍しい。
 字幅はF(0.7mm)のみ、色は黒赤青、筆記距離を問い合わせたところ10F:1200m,20F:3400m,30F:2200m。ペン先はハイテックCと違いマルテンサイト系ステンレスのようだ。A-inkはパーカーと同じく多孔質ボールなのか、書き味軽いながら程良い筆記抵抗がある。
BRFN-10は従来の油性BRF-20とほぼ同型だが完全互換ではない。私有のBRF-20M(当時Bシン-20M)は1990年4月製で尾栓から油が漏れているが筆記可能。
 ジェットストリームによって法人顧客を奪われまいとアクロボールを急遽投入したパイロットであるが、それがなければパーカーのように、単色油性ボールペンを大容量替芯一種に統一していたのだろうか。
 BRFNはJIS水性B型に近いφ6×86.5mmで適合品が少ないように見えるが、φ6×24.5mm丸棒を継ぎ足せばJISゲルK型(φ6×111mm)適合軸へ転用できることが知られている。→日記移転先(゜▽゜) という名前の適当な日記ブログ
そしてモンブランへ移植しやすい替芯でもある。替芯全長を合わせればばね交換で換装でき、SXRのように削りこんで改造することもない。
 本品はモンブラン互換ボールペンリフィルとは言えないものの、不可逆的改造の必要なく、共用性を損なうことなく転用できる。但し(ばねを換え11.5mm~25mm延長するだけとはいえ)成功を保証しない。
 クリップリリース/ウィップクリップのノブレスで動作確認しようと取り出してきたら、ノック機構が壊れていたため未確認。他社製替芯に換えて壊れたならまだしも、保管していただけで壊れるなど信じられん。しかし奇妙なことに、購入時は涸れていた付属替芯(70年代製造品)が回復して書けるようになっていた。信じられん……。
手持ちのは1970-80年代ばかりなので現行についてはわからん。

  1. 2009/05/30(土) 06:30:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<ゼブラ ミニライトライト | ホーム | セイカ デザイナーズステーショナリー大河原コレクション コンパスCN-2140424>>

コメント

相互リンク

突然のコメント、失礼いたします。
オンラインゲームをやっているきみきといいます。
色々なサイトをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
よろしくお願いします^^
  1. 2009/05/30(土) 06:30:31 |
  2. URL |
  3. きみき #EBUSheBA
  4. [ 編集]

 コメントが突然になってしまうのは仕方ないことと思います。
 きみきさんはとてもリンク熱心な方ですね。私はオンラインゲームのことをとんと知らないのですが、きみきさんはどんなボールペン替芯でオンラインゲームをなさってるんですか?
  1. 2009/06/04(木) 01:06:44 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

これは酷い相互リンク
返しが秀逸。
  1. 2010/12/25(土) 00:55:13 |
  2. URL |
  3. タイムライン #-
  4. [ 編集]

最高のレス芸を見た
  1. 2014/06/12(木) 14:39:49 |
  2. URL |
  3. 私も文具評論家です #-
  4. [ 編集]

大人げなかったと、反省しております。
  1. 2014/06/16(月) 21:33:05 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/141-36858cf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)