アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

モンブラン ノブレス

 モンブラン#1120と対になるボールペンと思われるが品番不明。
φ8.5×132mm,17.5g。前軸:樹脂、後軸:真鍮。
前後の軸をつなぐねじは三角ねじで異素材の組合せ、耐久性は低いだろう。重心は後ろ寄り(軸長比64%)だが書きにくいとは感じず、ノブレスにしては気取ったところがない。
 70年代ノブレスのクリップはノック機構と連動した可動式だが、これは固定されている。ノックはカランダッシュエクリドールと同程度の感触ででき、同じようにノックボタンは引っ込んだままになる。

 1978年発売らしく国名はGERMANYのみ。1980年代にはW.GERMANYが導入されるが明確な時期は不明。他のノブレス同様、ボールペンの社名刻印は万年筆と揃っていない。
 入手したのは2000年前後、替芯は90年代ものに交換されていたのか快調。その替芯は尾軸つき、ペン先(チップ)は金色。現行は尾軸が無くペン先が銀色になっている。

モンブランボールペン替芯;Amazon検索
  1. 2009/11/15(日) 06:30:30|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オート 木軸ニードル NBP-15RW-T ツイスト | ホーム | モンブラン ノブレス1120>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/151-f0281b81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)