アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

パイロット クーペBCP-1SR第二回


 みみぶろのみみどん氏から教えていただいたのだが、クーペには二種の替芯が適合する。
意図的な設計か他製品と部品を共用したための余禄かは不明だが、そして喜ぶのは好事家だけかもしれないが、良い機能だ。
JIS S6054 B準拠レフィル(水性B型φ6.2×87mm,ペン先径2.3mm)
パイロットBRFN,BRF-20,同25,LNシン-25
LNのみ水性。装填するにはばね換装必須。
JIS S6039 B準拠レフィル(油性B型φ3×98.2mm,ペン先径2.3mm)
パイロットBSRF,BKRF、OHTO No.997NP、サクラR-NOB、シヤチハタNP-RF、ゼブラK芯,UK芯、セーラー替芯0060、トンボBR-BS,BR-BSL、プラチナ萬年筆BSP-60、ぺんてるBKS7H,BGRN、三菱S-7L,SXR-89,UMR-109
ばね留め突起がない場合、それを付ける。
ここでは外径5mm、内径3mm、65.5mm長の管を替芯に被せてその代用とした。これを応用してJIS油性B短芯(同社ハイテックCコレト用や三菱ジェットストリーム多色用)が装填可能。
日本筆記具工業会|ボールペン中しん互換表.xlsも参照。
 JIS S6054 B型(JIS水性B型)は、JIS水性A型を短くしたもので、その水性A型はJIS S6061 K型(JISゲルK型)の原型。ゲルJ型も近い。
パイロットを除く各社ノック式ゲル替芯はJISゲルJ,K型であり、これらは「首」の長さが20-22mm、ペン先径2.3mmという共通点がある。
この型を24.5mm短くすれば本品に合う。但しばね換装やインクを減らしておく必要がある。

ジェットストリーム用もJIS K準拠形状で、後端25mmを細くして13mm切り詰めれば装填可能。アクロボール用なら22mm前後切る。
改造については例のごとく成功を保証しない。

 ところで本品の純正替芯が原型とする型は水性ボールペン用規格。パイロットのローリートLNシン-25EFがそれで、筆線は濃く書き味良好なノック式用水性替芯であった。
しかし後年VボールRTを日本初のノック式水性ボールペンといって売り出したところを見るに、LNシンはスプリングティップ等機械的なカラクリを持たず、「乾燥しにくいインキ」に依存した替芯と考えられる。
このLNシンを改良し油性互換水性替芯とすれば、同社製高級ボールペンは特性を一ツ獲得するのだが、パイロットはそれをしないだろう。
 一方パーカーは油性/ゲル両用となった。しかしパーカージェルリフィルは内外価格差約3倍。

 記事を一通り書いたあと、替芯共用はクーペのみならず以前からパイロット中級品の特長だったらしいことを知る。共用性は広く知られて然るべきと思うもパイロットにとっては不都合あるのだろうか。
  1. 2009/12/05(土) 18:00:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<モレスキン ノートブックポケット リポーターポケット | ホーム | オート 木軸ニードル NBP-15RW-T ツイスト>>

コメント

おっとびっくり

ご紹介いただきまして光栄です。(リンク外してますけど... (^^;)

クーペと同じように、Dr.グリップGスペックや、ジャストミートの太グリップのが、2種類のリフィル対応になってたと思います。
で、見回すと同じような構造のボールペンもけっこうあるのですが、問題は穴の深さが他規格に一致する値であるかどうか、です。パイロットのこれらの製品は、Aインキと、標準的なリフィルとの、2つに合わせて作ってある貴重な製品、と言えると思います。

あと、せっかくなのでリンク張らせていただいていいですか?
  1. 2009/12/06(日) 00:19:26 |
  2. URL |
  3. みみどん #96lDoCEY
  4. [ 編集]

 すみません、リンク外れていました……。
こちらこそリンクをお願いします。

 コストダウンに汲々としているはずの日本で、同社製の安物でもノック部品に互換性がないことが多いのは不可解ですね。
パイロットだったらGノック、ハイテックCノック、VボールRTいずれも替芯は互換するのにノック周りの部品が互換しません。消費者にとってはどうでもいいことですが、工場としてはいいのかな?

 古いパイロットの1000円のボールペンを見かけましたが、それも替芯を共用できるものでした。
それはパイプがBRF-10(当時はBシン10?)を押し、そのパイプにJIS油性Bがはまりこむものです。替芯共用は数十年前からのパイロットのコンセプトだったようです。
これはおそらく同社製品だけなので、利点として宣伝しても差し支えないと思うんですが、たんに私が知らなかっただけでしょうか。
  1. 2009/12/06(日) 23:54:10 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

早速リンク張りました

快諾いただきありがとうございます。

違うサイズのリフィルが使える、なんて誰も知らないと思います。でも例えば社内配給の軸が嫌で私費購入のAインキのボールペンを使っていて、消耗品となるAインキリフィルはダメでも、JIS油性Bは配給されて使えるなら助かる人も多いと思います。
書き心地にこだわるならダメですけど。

話が変わりますが、再びラミーのサファリBPをジェットストリーム化して記事にしてきました。またお暇なときにでも覗いてやって下さい。
  1. 2009/12/08(火) 04:25:09 |
  2. URL |
  3. みみどん #96lDoCEY
  4. [ 編集]

 こちらこそお誘いいただきありがとうございます。

 ラミーサファリの記事を読ませていただきました。
ラミーM16と三菱鉛筆SXRを並べてみると、段差の位置など似てはいますがけっこう違うシロモノですよね。
軸のほうが口金改造とばね交換で済むなら、改造キットも造れそうです。


 パイロットの替芯共用についてはなるほど、事務用ボールペンを大量納入するついでに中級ボールペンも売り込む際、「替芯は高級品用も会社の支給品も使えますよ」と、購入を決めかねている相手にパイロット営業が囁いていたりするのかもしれません。
  1. 2009/12/08(火) 23:55:17 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

今思ったんですが

ラミーのリフィルはペン先の口金(プラ製でも「口金」)との接触面積が長くできてるので、ジェスト化するときこの部分を短く整形してしまうと口金の寿命にかかわる問題となるかもしれません。交換用の口金なんてないでしょうし。
それにしても国内産普及型BPはペン先チップの長さをケチったツケを口金との接触面積を狭くすることで逃げてますね。金属リフィルの良さを唱うメーカーがないのはそういった理由ですかね?
  1. 2009/12/11(金) 05:13:20 |
  2. URL |
  3. みみどん #96lDoCEY
  4. [ 編集]

 ラミーだったら口金(口プラという言葉もあります)は供給されていますよ。修理扱いによる部品交換になるか口金単品を買えるのかはわかりませんけど、カタログ等には首軸として載っています。

 ペン先の接触面積が少ない割にはノックストロークが長かったりします。ノックボタンを押す指の力が口金に直接かからないようにするためと思われますが、奥まで押し込んでしまうので感触が悪くなりがちですね。

 樹脂製細芯が主流なのは日本のボールペンが低価格帯を主力としているからですけど、樹脂製にするとインク残量が見えるとか、同寸の金属芯に比べて外壁が厚くなるためインク量が少なくなって消費を促せるとかあるのかもしれません。
 低価格帯を主力にしたのは、労働力と為替レートが安かった時代にそう位置づけられたこともあるんでしょうが、先進工業国になったからといっていきおい高級品市場に移行できるわけもなく、ボールペンに低価格が望まれていることもあって、そうならざるをえないところもあるんでしょうね。
  1. 2009/12/12(土) 21:49:04 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

はじめまして。

coupeを丁度持っているので、LNシン-25EFを入れてみました。
水性顔料インクでこんなに優秀なリフィルがあるとは、正直思ってなかったです。
個人的にはこのリフィルは鉄板です。買いだめしてます・・・。

自分はバネに無印良品選べるリフィルペンのバネ(無加工)を使って入れました。
コツは、元に戻すためにペン先を回しますが、2~3回まわしたところで一度ノックし、
ボールペンの先を出した状態にします。その状態でさらにペン先を回して元に戻せば完了。

ためになる情報をご提供いただいて、ありがとうございました。
  1. 2010/11/28(日) 00:55:07 |
  2. URL |
  3. nao #DvI991tw
  4. [ 編集]

 naoさん、ずいぶん間が空いてしまいましたが、コメントありがとうございます。お役にたてて幸いです。
ばねを見つけるのに手間取りますが、いい替芯だと賛同します。

 その後、昔は各社から同型替芯が売られていたことを知りました。
残念ながらいまだ実見していないのですが、セーラー万年筆は現在もローリング替芯(83-0250)の名で黒赤青3色を発売しています。
  1. 2010/12/28(火) 11:14:24 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

魚眼さん、こちらこそご教示いただき、ありがとうございます。
セーラーからも出ているという事で、探してみたいと思います。
かなり入手するのに手強そうですね。
  1. 2011/01/16(日) 23:42:28 |
  2. URL |
  3. nao #DvI991tw
  4. [ 編集]

naoさん。

ネット検索すると楽天に取扱店があります。
いつの日にか取り寄せようと思うのですが、いつになるか……
  1. 2011/01/20(木) 07:12:22 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/159-e6f54c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)