アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

A7ブロックメモ─ロディア#11とその類似品

 ロディア#11(A7判、74mm×105)メモパッドとその類似品を並べた。価格は税別。
ページの切り離し方は、めくらずに引っ張って切り離した。

1.ロディア#11
5mm方眼罫、80枚、約55g、約9.3mm厚、180円
ワイシャツのポケットに入る大きさのメモパッドで、撥水加工された表紙を折り返し、ページを露出させておける。ミシン目は細かく、切り離すと74×約91mm。
罫線の色が目に障るが褪色しやすく、やがて気にならなくなる。フランス製。
2.サンノートA7方眼メモ
5mm方眼罫、80枚、約50g、約8.5mm厚、100円
150の数字が見えるが百円ショップで売られ、やはり百円。正寸より僅かに小さく72×104。
綴じ針やミシン目の細かさ等で最も低劣なるも紙質は良い。但し薄いため蛍光マーカー等は裏ぬけする。日本製。

3.極東ノートF.O.B.COOP E58SV
5mm方眼罫、80枚、約57.5g、約9.7mm厚、150円
黒表紙E58Kは6mm横罫。
針二本綴じ。ミシン目はロディアほどではない。台紙と裏表紙は接着されているので適合しないカバーがあるかもしれん。日本製。
4.マルマンニーモシネN189
5mm方眼罫、70枚、約50g、約9.4mm厚、300円
罫線は表のみ。ミシン目はロディア並み。高価なぶん紙質は最良。黄色い内表紙は切り離せる。日本製。
5.コクヨチビット メ-F12B
A7変形(70×110)、5mm方眼罫、80枚、約45g、約8.5mm厚、300円
白表紙メ-F11Wは6mm横罫
異色はチビット。判型も異なるが罫線をミシン目で入れている。このミシン目はロディアほど細かくなく、そしてここからインクが下へ抜ける。表紙裏にポケットあり。台紙は薄い。日本製。
裏ぬけの様子
前掲画像とほぼ同じ並び。右下はオキナPMM。

 偽物は本物にはなれない、本物以下か以上のどちらか、と言われるが、今回入手できた製品はいずれも、最も低劣なサンノート製ですらページを切り離すのに問題なく基本性能を外してはいない。そのサンノート製も見目悪いとはいえ粗悪品ではない。
但し撥水加工表紙はロディアのみ。

  1. 2010/05/05(水) 06:30:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コクヨS&T デミクーパー 99Kメ-P100 | ホーム | ライオン事務器 ER-3K>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/160-b13278aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)