アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

コクヨS&T デミクーパー 99Kメ-P100

 前回記事に取りこぼしがあった。美崎栄一郎によればコンビニ専売とのことだが販路は広がっているようだ。188円税別。日本製。
74mm×110, 5mm方眼罫、80枚、約50g、約8mm厚
ロディアより薄く少し軽い。製本は極東ノートE58に似て、台紙と裏表紙が接着され針二本綴じ。
 ミシン目はロディア並みに細かく、一見どこにあるかわからないくらいで、紙が薄いためロディア以上に切り離しやすい。
ページは中央から上下に分割でき、切り離すと74×(47+47)。メモを保存する場合、上下が別れないように注意。

 紙質はモレスキン用紙を上質にしたといえば伝わるだろう。
紙の色は生成り、書き味すべらかでマルマンニーモシネに迫り、滲みはパイロットブルーブラックがペン先から溢れそうなときに僅かに発生する。裏ぬけはあるが、この種の剥ぎ取り式メモパッドでそれを気にするのは考えてみればアホらしいことだ。
水色罫線は表のみ。耐水性の無い万年筆用インクを弾く傾向がある。

 解せないのは、綴じ代がロディアより2mm長く、全長では5mm長いこと。つまり転用できないロディアカバーがある。
それでもロディアとニーモシネN189にとって手強い競合品であろう。

  1. 2010/05/25(火) 06:30:00|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ステッドラー408スプリント | ホーム | A7ブロックメモ─ロディア#11とその類似品>>

コメント

閲覧頂き感謝です!

魚眼さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。
コクヨチビットの情報を探してたら、先般の記事を発見しました!
類似のシリーズがこんなにあるとはびっくりです。
・・勉強になりました。
また、ちょこちょこお邪魔します!
  1. 2010/05/25(火) 23:41:26 |
  2. URL |
  3. ぶんぶろぐ #C39lYnW.
  4. [ 編集]

 こちらこそ閲覧いただきありがとうございます。またお出でください。
チビットはなんに使うんだろう? と初めこそ思いましたが、余白がもったいないと思ってしまう貧乏性には高い利便性をもたらしてくれました。
  1. 2010/05/29(土) 00:24:50 |
  2. URL |
  3. 魚眼 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/164-7511be61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)