アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ロットリング RT-531 100 ビームコンパス


 通例、コンパスは二本の脚から成るが、ビームコンパスは一本の棒(棹、梁beam)から成り、棒の一端に針を、他方に鉛筆を取り付け、滑動させて作図半径を変える。
これは大円向けで、アルミ棒を連結すればさらに作図半径を伸ばすことができ、画像のロットリングRT-531 100では640mmまで伸長できる。製図ペン用アタッチメント(コンパスリング)533 335及びカラス口538 081、コンパス用0.5シャーペン538 235付き。
本品には樹脂製ねじが用いられているため力加減には注意。
 両脚型コンパスは作図中、不安定になりがちだが、ビームコンパスは針も鉛筆部もその直上を押さえられるため取り扱いが容易。
 CADの登場によりほぼ無限の作図半径を実現できる今日、ビームコンパスは文字通り無用の長物となった。

Amazon.co.jp取扱品は他社製でロットリングより高価。

ビームコンパス;Amazon.co.jp検索

ドラパス 中心器 03-052
  1. 2007/08/30(木) 22:40:14|
  2. 画材製図用品Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ファーバーカステル TK9500 | ホーム | ロットリングRS-530 122とRP-532 116ドロップコンパス>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/17-276da679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)