アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

プラチナ萬年筆 ダブルミニ3アクション BWBM-1000, MWBM-1500A

これの青軸は褪せたブルーブラックインクのような色をしている。
プラチナ BSP-100S:Amazon検索
ゼブラ JSB芯:Amazon検索
ゼブラ ESB芯:Amazon検索

 BWBM-1000は全長約5インチ、アルミ軸の3色ボールペン。振り子式、サイドボタン解除、軸色全4色、日本製?
 アルマイトで光沢仕上げされた直筒軸には、滑り止め溝が多面カットされ控えめながらミラーボールよろしくキラキラ輝く。好悪が別れるところだが滑り止め効果は良い。
が、そのような見た目に反して知名度低く地味な製品だ。
 色選択は振り子式。内蔵振り子が中心に寄らないようペンを斜めに持ち、軸後端のBLACK▲等の標示を天に向けてノックすると、標示に合う替芯を振り子が押し出す。ノック負荷は200gと軽い。
芯収納はノックボタン再押下に非ず、クリップ横のボタンを押す。
分解して振子式の構造を説明できないのが非常に残念だ。
 外見上すっきりしているものの摺動式に比べ色の切り替えに一手間多いのが欠点。
替芯BSP-100S(JIS油性D型、φ2.3mm×67、0.7mmボール、筆記距離700m、黒赤青3色)。書き味は大してよくないが書き出し擦れもダマも少ない。
替芯交換は、口金を外してノック、古い替芯を前進させて引き抜き、ノック解除して新たな替芯を挿し込む。
振子式は替芯をまっすぐ脱着しないと不調を来す場合がある。ゼブラ4C及びJSB対応。

 MWBM-1500Aは全長5インチ強の2色+0.5シャーペン。前掲品と同材同機構、軸色全4色、日本製?
 これまたアルマイト仕上げの軸色が発色明るく、ボールクリップもこの小ささに合うかわいらしさで重厚感などない。黒軸のみラッカー塗装のような仕上げ。筆記時の全長はカランダッシュ849とほぼ同長
軸形状は先太り、軸を短く握って手帳に書きつけるのに都合が良いのだが、滑り止めは効果が今一つで前掲品の幅広溝には劣る。
替芯は同型。ペン先の識別色が省略された。
ノック300g強、シャーペンは1.1kg弱。重いがこの種の負荷としては標準的。
 シャーペン芯補充は、後部消しゴム側ではなく、内部のシャーペン機構部を引き抜いたのち、取付部に芯を入れる。常識的には3本まで、だがこれには4本入っていた。作動不良は起きていない。
 ステッドラーアヴァンギャルドライトが本品によく似ており、併せて入手、並べて記事にしようとしたのだがなぜかBWBM1000を買ってしまった。
 いずれもゴム握把が無く、手帳に載筆するにも多機能(複合)ペンを予備的存在と考える者にも都合がよい軽便さ。割安感も割高感もなく自然な工業製品である。「自然な工業製品」は自然な表現ではないが……。

 品名にミニを頂くとはいえ軸長130mm前後はさほど小さくない。だがノックすればさらに6mm短くなる。そこは逆に伸びるほうがいいと思う者もいるだろう。というわけで次回は伸縮式ダブル3アクションポケット
  1. 2011/04/05(火) 06:30:00|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プラチナ萬年筆 ダブル3アクションポケット MWBP-3000 | ホーム | パイロット萬年筆 FZ53R>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/172-c50e9a1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)