アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ダーレ 53482 芯研器


 ダーレの2mm/3.15mm用芯研器。製造年代不明、MADE IN W-GERMANY表記を見ると'70年代末から'80年代か。金属部はつや消し仕上げ。削り粉を拭き取るスポンジつき。
蓋付きといえども挿入口には蓋が無いため削りかすは漏れ、特段使い易いわけではないが、重く平底で安定し、傍らに置いても転がり落ちにくい。そして3.15mm用は少ないのでやはり重宝する。刃は他社の現行品、例えばステッドラー513 85DSBK等と交換可能。※訂正:交換できず。ステッドラー513 81平型と互換
 上下の部品が同形状に見えて厚さが違うなど、合理化が徹底されていないのが何か奇妙だ。
 2mm芯のちょっとした優位性は、芯を尖らせやすい点にあり回転式芯研器(バケツ)ならよく尖る。本品は回転式でないにしてはステッドラー502並みに鋭角に削れる。

関連記事
カランダッシュ ノックボタン
ファーバーカステル50/65
ファーバーカステル18 66 00
  1. 2011/06/01(水) 18:00:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エヌティー A-300R | ホーム | 北星鉛筆 大人の鉛筆 OTP-680NST>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/179-aaae5db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)