アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

フィッシャー ブレットEF-400とマグナムブレット2010 Fisher Bullet EF-400 and Space pen 2010 "Magnum Bullet"

fisher space-pen bullet:Amazon.co.jp検索
フィッシャー ボールペン替芯:Amazon.co.jp検索
替芯に付属する白いPOM部品は、パーカーペン軸に換装するためのアダプタ。フィッシャーPR芯はパーカー芯(JIS油性G2型)代用品だったのである。一方通行なのでパーカー互換ではない。


 MOMA永久収蔵品でもある"ブレット"(画像上)はNASA制式採用品として名高い加圧式替芯PR4Fを装備し、名前通り弾丸形状の鞘式油性ボールペン。
真鍮にクロームを鍍金し、キズに強く何度か落としたが剥がれず現役。鞘は金属板プレス品で変形しやすそうなため扱いには注意。
This capped ballpoint pen (above) is installed a pressurized refill "PR" which famous as NASA adoption. And it's the MOMA permanent collection which is formed according to the name, "Bullet".
A cap made of chrome-plated-brass which scratch-proof. In fact, this is on active despite I had some dropped it on the asphalt pavement. Only that it be care to a cap which thin pressed-part may deform.
 1996年に発売された"マグナムブレット2010"は同じくクローム鍍金された鞘式油性ボールペン。使い捨てながら直線筆記距離56,328m(35マイル)と驚異的なインク容量を持ち、2010年までに使い切ったら新品と交換すると保証、通常なら80年はもつとフィッシャーが豪語する限定品。
字幅は太字のみ。量産品よりインクが薄く筆跡が掠れやすい。
It is a capped and chrome-plated ballpoint pen the Space pen 2010 "Magnum Bullet" that was limited model and was produced in 1996. The pen has huge ink reservoir that has marvelous writing distance 35 miles (or 56,328 m) despite a disposable. The company boast that you keep writing by 80 years usually, and they guaranteed that will exchange a brandnew Space pen 2010 if you write out before the 2010.
A ink colour is black only, and a tip size is bold only, a fine tip size seems to couldn't resists to very long distance writing probably. It has a tint of the ink is paler than PR refill, and the writing line isn't so clear.

マグナムブレット前部円錐部にヒビが入るため本品は一度回収されたという。気づいてみればこれにもヒビがあるが使用上問題ない。このヒビは量産ブレットの前軸にも現れた。
マグナムブレットはその後ミレニアム、マーズ等と名を変え再発売されたが、この問題が解決されたか不明。ミレニアムを見る限り変わったようには見えない。
According to so-and-so, the company recalled the Space pen 2010 once due to crack on the nose. Although I aware to crack on a my 2010 also, there is practically trouble-less.
It's obscureness whether this problem was solved, though the company had reproduced the 2010 that renamed to the "Millenium" or the "Mars" after.

フィッシャー加圧式替芯は低温でも水中でも書ける。ただ、それは他の油性ボールペンでも同じことだった。
他社製品とともに両ブレットを冷凍庫に二時間弱入れてみたがいずれも問題なく書け、また紙面を水に濡らしてもこれまた書けた。但し水濡れではボールペンより先に紙がよれて書けなくなる。

 マグナムブレットの試みは面白く、好き嫌いで言えば好きな部類に入るものの、総合的に見て量産型に分がある。
It can writing underwater and low temparature with PR refill of Fisher, however it another ballpoint pens was also.
Both Bullets and others could write without obstacle after had been into a freezer for about 2 hrs. And also, it can write on wet paper with these pens, though it can't write since a wet paper becomes shabby soon.

I have well estimated a significant/advanced experience which the Space pen 2010 by Fisher, but I generally measure to advantages in mass-production model that as to refillable, colour-inks, over and above Japanese prefer the fine tip for Chinese-characters (as Kanji漢字) which complicated characters.
Both pens are so well practical in the hot summer, due to carry in a trouser pocket when wearing a T-shirt (that is pocket-less).

関連記事related posts
→オキナ 耐水メモ
→トンボXPA
→三菱パワータンクスマートハイグレード
→三菱GL100スペースラブ
フィッシャーは実物薬莢を使った酔狂なブレットボールペンも売り出している。

映画「2010年」で使われたのはフィッシャーAG-7(NASA納入品)だったと思う。たぶん「アポロ13」でも使われている。
  1. 2007/09/23(日) 15:47:02|
  2. ボールペンBallpoint pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モンブラン クラシック221,320第一回 | ホーム | ファーバーカステル TK9500>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/20-d338ae66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)