アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ロットリング アートペングラフ 第二回


別添取説ナシ、アートペンシリーズで取説が添えられたのは万年筆のみ。
箱裏説明(独英仏西四ヶ国語のうち英文)
The ArtPen Graph was designed
for especially fine writing, drawing,
and sketching. We recommend
rotring ArtPen Ink or rotring Brillant
in cartridges for best results.

To clean, unscrew the cone with
the cone wrench.
カートリッジ使用が推奨されている。

同社カタログ1991p45説明文
ペンを傾けて持っても、流れるような書き味。
美しい細線を生み出す製図ペンと取扱いの簡単な万年筆の利点を結合させて開発した筆記具。ペン先にアールを付けていますので、傾けて書いても流れるようなスムーズな書き味。特に帳簿類への細かい書込みや、小さい文字の印刷物への書込みにぴったりです。
流れるような書き味、は誇張に思うがティンテンクリ細字や同線幅の製図ペンより書き易いのは確か。
 '91カタログでは前半が製図用品、後半がそれ以外で、アートペンシリーズは後半のアート&グラフィック製品に分類され、万年筆より先にアートペングラフとアートペンシルが掲載された。

p44ラピッドライナー→p45アートペングラフ/アートペンシル→p46アートペン→p47アーティストカラー(顔料系カラーインク)

1994年には逆転、'95-'96カタログでは製図ペンと共に製図・デザイン筆記具へ分類されてカタログ前半に掲載、再編が始まっていたことを窺わせる。
1993
紙箱から缶入りへ
アートペングラフSF,EF廃番
インクロゴ変更、アートペンインクに赤が加わり4色になるが、当年でセピアとブルー廃番、2色へ
1994
アートペンステーション廃番
ブリリアントインクが4色から10色に
1996
アートペンシル廃番
1997
アートペンロゴ変更
1999
アートペングラフF廃番
出典ロットリング日本カタログ
  1. 2012/04/12(木) 06:30:30|
  2. 万年筆Fountain pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウィンザー&ニュートン カリグラフィインク | ホーム | ロットリング アートペングラフ 第一回>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/200-825ea6ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)