アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ステッドラー 502 RS10芯クリーナー

【STAEDTLER】ミニテクニコ用 芯クリーナー Ref.502 RS10:Amazon.co.jp
ダーレが廉いが品切れ。
ウチダ 芯削器 ダーレーミニ用 ダストパット 1-823-0104:Amazon.co.jp

 今月は2mm芯用回転式芯研器を三種、ステッドラー502、ダーレ301、ロットリングR505 250旧型、それにステッドラー502 RS10芯クリーナーの記事四本をupする。

 バケツ型芯研器で芯を研ぐと、やすりで削るためか削り粉が芯先につく。これを取り除くのが芯研器上面に設けられた白い芯クリーナー。
MADE IN GERMANYのみ印刷されたパラフィン紙のような袋に10コ入。同社502には予備4コつきだったが現在廃止。


黒蓋底面から楊枝等で押し出して交換。
 本品には新旧あり、紙を圧縮したものからポリエステル綿を透明フィルムで包んだものへ変わった。新型は芯先を奥まで差し込みづらくなったが取り沙汰するほどでない。
もちろん同寸法で新旧の別なく、またダーレ301、ロットリング旧型と共用(互換)可能。タバコのフィルターでも代用できるらしい。因みにステッドラー公式では白いフィルターとも言う。→芯研器502の使用方法.pdf
ダーレ輸入元の内田洋行はダストパットと呼んでいる。
 芯研器側の孔の寸法を記す。
ステッドラー502、ダーレ301、ロットリング旧型
φ6mm×10mm
ファーバーカステルNr.52-40(184000)
φ7×13.5
ロットリングR505 250N現行
φ8×15
*孔はテーパあり、底部でφ0.1mmほど狭まる。

 芯研器は芯ホルダに必須とはいえ一コ、多くても回転式と卵型の二種あれば十分、また芯を研がずに使う連中もいれば市販のやすりで芯を研いだっていい。ここらへんの単純さが芯ホルダの身上だ。
  1. 2012/03/07(水) 06:30:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ステッドラー マルスミニテクニコ502芯研器第一回 Staedtler Mars 502 Lead pointer tub part 1 | ホーム | 三菱鉛筆 パワータンクスマートハイグレードモデル SS-1001PT>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/201-40e71d92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)