アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ダーレ 301芯削器


DAHLE/ダーレー 芯削器ミニ 1-823-0006(グレー)

ブンドキ.com Yahoo!店

 内田洋行が輸入するDAHLE301はステッドラー502よりやや細身な小型卓上2mm芯研器、ドイツ製。予備芯クリーナー(502共用)4コつき。1960年代から存在→leadholder.com/point-dahle.html
 操作法は502と同一。内部のやすりも同質。現行502と同じく心棒がABS樹脂(以前は金属製だったと思われる)で、これと黒蓋が枢結。私有品は心棒端面や黒蓋底部(やすり接触面)等作動部にバリがあり少々削って整えた。
差込口径8.6mm(適合ペン軸径8.5mm)。
良質なやすりのおかげでよく削れるが、回転が少々ブレるため少々斜めに研ぎあがる。筆記にはさして支障ない。
切削角度約18°-19°。koh-i-noor5216の口金と同程度。

 502と異なるのは切削角度と芯出し調節孔の深さで0.8mmほど深く、そのぶん芯先が鋭く尖るわけだが、切削角度が違う結果やや鈍く見える。それでも0.3mm芯より鋭い芯先となる。
 当然ウチダドローイングホルダーD型を芯研可能、また差込口内奥の径が僅かに広く、ロットリング800を純正現行品より502より軽く回して削れるという、800/2mm最適芯研器でもあった。
 前掲の差違があるとはいえ本品はやはり502代用品でしかなく、入手性でステッドラーが選ばれてしまう弱点があるが、アフィリエイトブログには好都合なロングテール商品でもある、かもしれない。→ロングテールなんて大嘘だ---突如巻き起こったマーケティング論争│MediaSabor
ちなみに当ブログでは記事数に準じてラミーよりステッドラー、ステッドラーよりロットリングが売れる。自身、三社のうちロットリング製品を多く所有するが、アフィリエイトに好適な品は少なく困ったものだ。
ウチダKENT芯研器フタ付1-824-0001 日本製
こちらは芯の側面をやすり面(暗灰色部)にあてて研ぐ形式。
芯径や軸径に左右されることなく、平研ぎでき、粗砥と仕上砥双方を具えている。
回転式の使用法は直感的にわかるがこれはわからなかった。

その廉価版。

迂闊にもS型を持っていないため適合を未確認。たぶん合う。
ウチダ ドローイングホルダー ノックS型 1-848-5002
  1. 2012/03/21(水) 06:30:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロットリング R505 250旧型 | ホーム | ステッドラー マルスミニテクニコ502芯研器第一回 Staedtler Mars 502 Lead pointer tub part 1>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/203-b9d1a61e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)