アフィリエイトの文具評論家ブログ実装版The Critique of the Stationeries with an Affiliate blog

ロットリング R505 250旧型

 ステッドラー502よりやや細身な、ダーレ301と同大の小型卓上2mm芯研器。製造元はおそらくダーレ、ドイツ製、2000年頃廃番、1200円。
 操作法は502と同一、内部のやすりの質や芯出し調節孔の深さも同じ、芯クリーナーも共用。旧502と同じく心棒が金属製。切削角度約16°40′。

 カタログ上は適合ペン軸径8.4mmまでとなっており、入手前は502同等品であると同時に502代用品でしかないように思えたが、実際には差込口径が9mmあってカランダッシュ フィクスペンシルやステッドラー925 25-20,35N-20を削れるという、思わぬ長所があった。
 同名別ブログでも取り上げた現行品(ドイツ製)はさらに拡張され四口径の差込口を具えてφ8.2mmからφ10(最大φ13.2)まで対応し、北星大人の鉛筆、koh-i-noor5205/5905、ロットリング アートペンシルを研ぐことができ、さらにはkoh-i-noor5208Sをなんとか、そして三菱アーティスをも(芯を長めに出せば)どうにか削れる。
心棒は樹脂製だが旧型よりブレず折損にも耐えている。
但しやすりの目が旧型や502より粗く、また差込口内奥の形状がステッドラー925 25-20と合わず芯を削れない。差込口内奥を拡張すれば解決できよう。
 新旧で同品番、現行品には当初その末尾にN(おそらくNeuを示す)が付き、またrotringロゴが印刷されていた。
ちょいとロディアに独り言... デルフォニクス・表参道ヒルズ店戦利品 詳細
ここでは区別のため現在もNを付す。また同型がアルヴァンからも発売されている。
Alvin ALP44|leadholder.com/

 ロットリングのバケツには新旧共に「左回転で削ると太目に、右回転で削ると細目に削れます。」と説明されるが、知ってのとおり回転方向ではなく挿入深度で尖度調節する。この一文は1992カタログp16から掲載された。
こちらが現行品。ともに同商品なのだが商品説明は二行目のリンク先がまともだ。
ロットリング芯研器505250N:Amazon
ロットリング ホルダー用芯研器 505250N 2mm芯用:Amazon

2015年1月18日追記 おそらく製造元であるメビウス+ルパート芯研器。

【M+R/Mobius+Ruppert】芯研器(2mm芯用)

ブンドキ.com Yahoo!店
  1. 2012/03/28(水) 06:30:00|
  2. ┣芯ホルダLeadholder
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロットリング アートペンシル 250 300 | ホーム | ダーレ 301芯削器>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schreibzeugkritiker.blog105.fc2.com/tb.php/204-c2a5b454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)